山本尚子のスポーツ・ウォッチング

スポーツ系ライター山本尚子が「一スポーツファン」として綴るスポーツコラム

wellness-life

山本尚子/Naoko Yamamoto  スポーツビジネス・シンクタンク勤務を経て、スポーツ系ライター&テープリライター&パソコン要約筆記者(要約筆記とは、聴覚障害者の方に文字によってその場の情報を伝えるいわば同時通訳的役割)。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1249771
  • (09月25日現在)

最新の記事

ジュニアグランプリシリーズ第3戦(オーストリア大会)

遅くなりましたが、フィギュアスケートジュニアグランプリシリーズ第3戦の結果です。 女子の結果はコチラ。 日本からの出場選手は、ジュニア界のエース、庄司理紗選手(16歳)。 庄司選手のSP、あまりの点の低さにびっくりしました。 彼女の場合、一見ノーミスでも回転不足を取られて点が伸びないことがよくありますが、それにしても……。 動画を見るとややふっくらしたでしょうか。 キレのあるジャ......続きを読む»

SSF「スポーツ歴史の検証」シリーズがスタート!

「SSF(笹川スポーツ財団)スペシャルサイト『スポーツ歴史の検証』シリーズ」が、いよいよ始まりました! 毎回、日本のスポーツの歴史を築き上げてきた方々をゲストにお話を伺い、過去を振り返り、その意義を検証し、あるべきスポーツの未来について考えていきます。 聞き手は、元NHKエグゼクティブアナウンサー、解説委員として活躍され、そして現在はスポーツ評論家をなさっている西田善夫さんです。 ......続きを読む»

ジュニアグランプリシリーズ第2戦(レークプラシッド大会)

フィギュアスケートのジュニアグランプリシリーズ第2戦が終わりました。 日本からは、男子シングルに田中刑事選手、本田太一選手。 女子シングルに宮原知子選手、友滝佳子選手が出場しました。 男子シングルは、昨シーズン世界ジュニア2位のジョシュア・ファリス選手(17歳)が4回転も決め、圧倒的なハイスコアで優勝。 田中刑事選手(17歳)は2位でした。 ファリス選手は技術点のTESも圧倒的......続きを読む»

明治大学サッカー部の秘密

明治大学サッカー部にはスゴイ秘密がある。。。! それは「世界で戦える強い“個”を育てている」ということ。 杉山隆一さん、木村和司さん、最近では長友佑都選手。 そしてロンドンオリンピックで銀メダルを獲得したなでしこジャパンの監督、佐々木則夫さんなどなど、明大サッカー部はユニークで優秀な人材を輩出し続けています。 その秘密を取材して探りました。 現サッカー部の井澤千秋総監督、神川明彦監......続きを読む»

ジュニアグランプリシリーズ第1戦(クーシュベル大会)

まだまだ残暑厳しい日が続きます。 ロンドンオリンピックを戦い終えた選手たちは、すでに4年後を見据えてリスタートしています。 ウインタースポーツの選手たちのシーズンも、もう始動しているんですよ。 フィギュアスケートのジュニアグランプリシリーズの第1戦の結果です。 日本からは、女子シングル、男子シングルにエントリー。 女子は本郷理華選手(15歳)と松田悠良選手(14歳)が出場しました。......続きを読む»

『ロンドンオリンピック2012 日本代表選手栄光の軌跡』

ロンドンオリンピックの熱戦がつまった写真集がいろいろと発売されていますね。 私が少しお手伝いさせていただいた写真集は、コレです。 『ロンドンオリンピック2012 日本代表選手 栄光の軌跡 』 (写真:フォート・キシモト/八重洲出版) 選手たちの汗と涙と、充実した心技体と、歓喜と感動が「これでもかーっ」っていうぐらい詰まっています。 ぜひぜひ、書棚に1冊、よろしく......続きを読む»

支持率47%+30%へ

8月20日、ロンドンオリンピックのメダリストが銀座をパレードしました。 メダリスト76人のうち、71人が参加したそうです。 集まったファンは50万人とか。 盛り上がってよかったですね! 初めてのメダリスト・パレードをした背景には、2020年東京オリンピックの招致にあたり、気運を盛り上げたいというねらいもありました。 発表されているデータで、東京オリンピック開催の支持率は47%。......続きを読む»

APPLICANT CITYから、CANDIDATE CITYへ

8月14日のロンドンオリンピック日本代表選手団の解団式・記者会見が終わったあと、ホテルの外には出待ちの人たちがたくさんいて、帰宅の途につく選手たちが姿を現すたびに、「キャーッ!」という歓声が起きていました。 この人気や盛り上がりが、2020年の東京オリンピックの招致に結びつくといいと思います。 あの日、帰国した選手が多かったこともあり、式典に参加した選手はみな渡航用のグレーのストライプのジャ......続きを読む»

ロンドンオリンピック日本代表選手団解団式

食べても、食べても、メインディッシュが次々出てくるような、スポーツファンにとってはそんな贅沢すぎるロンドンオリンピックの日々が終わりました。 今回はテレビだけでなく、ライブストリーミングもあったので、滅多に見られないようなマイナーな種目もしっかり見ることができました。 毎日、たくさんの感動をもらいました。 オリンピックはメダルがすべてではありませんが、日本選手の活躍はやはりうれしいもの......続きを読む»

スポーツ選手活用体力向上事業報告書

今年のはじめごろ、私がやっていたオシゴトです。 日本体育協会では、毎年、「トップアスリート派遣指導事業」を行っています。 これは、各競技のトップアスリートを小学校や中学校に派遣し、授業を通じて、子どもたちと交流を深めながら、スポーツの楽しさを伝えていくというもの。 平成22年度は、19競技のトップアスリートが全国各地の796教室の指導を行いました。 私は、そのうち7人のトップ......続きを読む»

ドリーム・オン・アイス2012

フィギュアスケートのシーズンの締め括りと、新シーズンへの期待を運ぶ「ドリーム・オン・アイス」に行ってまいりました! 6月16日(土)夜の公演です。 昨シーズンのジュニア、シニアで活躍した選手たちのほとんどとゲストスケーターが出演。 こういうショーは、まずオープニングが楽しい。 テレビ中継ではあまり見られない部分ですもんね。 鈴木あっこちゃんは5連続ジャンプを見せてくれました。......続きを読む»

貞子in東京ドーム

4月25日、東京ドームで貞子さんに会ってきました。(笑) 北海道日本ハムファイターズvs千葉ロッテマリーンズ戦。 ファイターズの試合で貞子が始球式をするとは聞いていましたが、まさかこの日だったとは。。。(笑) 貞子の名前がアナウンスされて、球場はザワザワ。 当然のことながら、長い黒髪におおわれてその表情をうかがい知ることはできません。 前が見づらいと思いますが。。。 ピッチン......続きを読む»

国別対抗戦に行ってきました

もう10日も経ってしまいましたが、日本が初優勝を飾った「世界フィギュアスケートの国別対抗戦2012」の初日に行ってまいりました。 国別対抗戦では、男子シングル2、女子シングル2、アイスダンス、ペアはそれぞれ1カップルで1チームを構成します。 テレビであまり見られないのが、オープニング・セレモニー。 初日はペアはありませんでしたが、出場選手が全員登場してきて、かなりお得気分。 ......続きを読む»

リード姉弟、国別対抗で待ってるよ

ペア、男子シングル、女子シングルとフィギュアスケート世界選手権の感想を書いてきましたが、最後にアイスダンスについてです。 日本が3種目でメダルを獲得したなか、アイスダンスのリード姉弟はフリーに進むことができず、つらい世界選手権となりました。 それでも、クリスの故障の連鎖を乗り越えて、ここまで急ピッチで調整してきた二人に「ありがとう」と言いたいと思います。 クリスがケガをしたのは、札幌で......続きを読む»

浅田真央ソチバージョンを楽しみに

フィギュアスケートの世界選手権女子シングルで、鈴木明子選手がついに銅メダルを手にしました。 27歳になったばかりのあっこちゃん。 トリプルトーループ+トリプルトーループのコンビネーションジャンプもすっかり安定し、今もなお進化しているところがすごい! 鈴木選手とはバンクーバー冬季オリンピックのときに、選手村で同室だったので、あれからずっと気になる存在です。 おめでとうございます! 村......続きを読む»

羽生結弦選手おそるべし

あーあ-、きのうは1日に2回も快挙に涙することになるとは。。。! 高トラペアの銅メダルに続き、男子シングルでは高橋大輔選手が銀メダル。 それだけではなく、羽生結弦選手が銅メダル。 日本男子史上初の複数メダルが来ました! 羽生選手には期待はしていましたが、まさかメダルまで手が届くとは。。。 少し前ならプロ野球・メジャーリーガーの大魔神こと佐々木主浩投手。 フィギュアスケートのW解説をし......続きを読む»

高橋成美&マーヴィン・トラン組おめでとう!

こんにちは、山本尚子です。 朝5時過ぎにアラームをかけておいたら、とーってもいいことがありました! 世界フィギュアのペア・フリー。 高橋成美/マーヴィン・トラン組。 SP3位で迎えた「最終滑走」の重圧も感じさせることなく、堂々の演技でフリーも3位で、表彰台をゲットする歴史的瞬間を見ることができました! いつものようにコツンとこぶしとこぶしを合わせてスタート。 終盤にさしかかるにつれ......続きを読む»

最下位候補か優勝候補か

いよいよ、プロ野球ペナントレースが開幕しました! ダルビッシュ投手が抜けた北海道日本ハムファイターズは、圧倒的最下位候補なんでしょうね。。。 ファンの私もそう思います。 でも開幕戦、斎藤佑樹投手が完投勝利! 毎シーズン、スロースターターの日ハムなのに、打撃陣も効率よく援護して、投打のかみ合ったすばらしい勝利となりました。 斎藤投手の、「持っているのではなく背負っているという気持ちで......続きを読む»

『氷上より愛をこめて―愛・夢・スケーター』

『氷上より愛をこめて―愛・夢・スケーター』を読み終えました。 著者は、グランプリファイナルなどで軽妙な解説を聞かせてくれている佐野稔さんです。 古い本です。 1982年ですから30年も前ですか。 この本を出された当時、佐野さんはまだ26歳ですから、少しだけ肩に力が入って、「とんがってたんだなー」と思わされます。 世界フィギュアスケート選手権が開幕しましたが、シングルの男女ともに出場......続きを読む»

世界フィギュア、うう残念。。。

フィギュアスケートの世界選手権が開幕します。 が、しかし、もうあまりにショックがデカすぎる。。。 今年は、スカパーのJスポーツでのライブ中継がないんですね。。。 スケートアメリカや全米選手権や欧州選手権や4大陸選手権はやってくれたじゃないの!? なのに、なぜ。。。??? 一説によると、CSからBSに切り替えられたのに伴い、BSでの放映権は持っていなかったとかなんとか、と聞きました。......続きを読む»

東京2020オリンピック・パラリンピック招致ロゴ

東京2020オリンピック・パラリンピックの招致ロゴの入ったバッジをもらいました! 彩りも華やかでなかなか綺麗! このモチーフの意味合いはこちら。 よく見ると、「applicant city」と入っています。 現在の東京の立場は、立候補を申請している「申請都市」なのです。 2020年には東京のほか、バクー(アゼルバイジャン)、ドーハ(カタール)、イスタンブール(トルコ)、マド......続きを読む»

キャンプ映像垂れ流しの幸せ

プロ野球のキャンプが2月1日から始まっています。 巨人とか(たぶん)阪神は、毎年、スカパーのチャンネルで、キャンプ生中継をずーっとやっていたと思います。 北海道日本ハムファイターズは、ここ数年、GAORAで、よる1時間のキャンプ特集番組をやっていました。 (阪神と半分こなので、実質30分でしたが。。。) それが今年はついに、キャンプ生中継に「昇格」しました。 ほぼ毎日、あさ10時か......続きを読む»

第1回ユースオリンピック冬季競技大会の総集編

1月13日から22日まで、オーストリアのインスブルックで第1回ユースオリンピック冬季競技大会が開かれました。 期間中、テレビ中継は皆無でしたが、先日、NHKのBSで10日間の総集編をやっていましたね。 そこでようやく、日本代表選手団の活躍や、他国の選手たちとの交流などを見ることができました。 4歳から18歳までの選手が出場できるユースオリンピックは、教育プログラムを含め、通常のオリンピック......続きを読む»

睡眠不足ですね

フィギュアスケートファンにとってはたまらない週末が終わりましたねえ。 欧州選手権と全米選手権。 全日本選手権はライブじゃ絶対見られないのに、スカパーさんのお陰で、男女シングルをライブで見ることができました。 今朝まで、睡眠不足の人も多いことと思います。 いつも思うことですが、日本のフィギュアファンがこれだけ各国の選手権の結果を気にしているのと同様、外国のフィギュアファンも、全日本の結......続きを読む»

WOWOW

錦織圭選手の快進撃はすばらしい! ケガに苦しんできた錦織選手、からだづくりから見つめ直し、今が伸び盛り。 タケノコのように、ぐんぐんぐんと音を立てているかのように成長中のその様を目の当たりにできる私たちは幸せですね。 アカデミー賞が近いし、全豪オープンもあるし、と軽い気持ちでWOWOWを契約しましたが、大正解でした。 と言いつつも、肝心の錦織圭選手の試合は、仕事で外出してばかりで......続きを読む»

アルベールビル冬季オリンピックから20年

成人式に行ってきました! (お仕事です。) 新成人たちは、会場の至るところで、久々の再会に盛り上がっていましたよ。 そして、中学時代の恩師が、ハタチになった教え子に向けてのビデオメッセージも流されました。 先生がビデオで登場する都度、客席の新成人たちは盛り上がっていました。 お互い、懐かしさがにじみ出ているようでした。 しかしですよ、よく考えてみると、彼らが中学を卒業したの......続きを読む»

シード食い

なんとなく例年と異なり、年が明けてもあまり心が躍らない中、今年の箱根駅伝は久しぶりにおもしろかった。 東洋、駒大、早大の3強(実際は+明大)が強すぎたのと、新・山の神、柏原選手(彼は日ハムファンらしいです)擁する東洋が強すぎて、優勝争いは早々と決着がついた。 そうなると、見どころは1点に絞られる。 「シード権争い」だ。 ...続きを読む»

あんまり心躍らない。。。

明けましておめでとうございます! 昨年、おめでたいことがあった方も、まったくおめでたくなかった方も、今年はめでたいと笑顔で締めくくれる1年になりますように。。。! 新年になると、今シーズンのスポーツ界に思いをめぐらせて、なんとなくワクワクしてくる。 今年はロンドン・オリンピックの年。 ワクワクする要素はたくさんある。 ただ例年ほど心が躍らないのは、野球とサッカーのせいだ。。。 ......続きを読む»

各大会派遣選手発表

アイスダンスと女子の表彰式のあと、少し間があって、各大会の派遣選手が発表されました。 世界選手権、四大陸選手権、世界ジュニアの派遣選手は次のとおりです。 また既に発表されていましたが、1月に開催されるユースオリンピックの派遣選手は、次のとおりです。 ...続きを読む»

悲しみを乗り越え?

全日本フィギュアスケート選手権の女子の優勝は、ご存じのとおり、浅田真央選手でした。 今回、ちょっと怒りを覚えたのは真央ちゃんの演技前。。。 「天国からお母さんが見守っているよ!」 そう叫んだ男性がいました。。。 いちばん集中したいそのタイミングで、あの広いアリーナ中に響き渡るような大きな声で。。。 彼は本当に応援したかっただけかもしれません。。。 だけどあまりにも無......続きを読む»

1 2 4 6 7 8 9 10 11 12

このブログの記事ランキング

  1. 全日本フィギュア2日目 男子フリー
  2. 全日本フィギュア2日目:男子フリー
  3. 全日本フィギュアスケートジュニア選手権 女子フリー
  4. 全日本フィギュア2日目 女子SP
  5. 全日本選手権3日目 代表選手発表など
  6. NHK杯に行ってきました
  7. グランプリファイナルin福岡 男女SP
  8. 全日本フィギュア第1日
  9. ドリーム・オン・アイス2012
  10. 全日本フィギュアスケート選手権:男子SP

このブログを検索

月別アーカイブ

2014
10
06
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
2010
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2009
12
10
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss