山本尚子のスポーツ・ウォッチング

スポーツ系ライター山本尚子が「一スポーツファン」として綴るスポーツコラム

wellness-life

山本尚子/Naoko Yamamoto  スポーツビジネス・シンクタンク勤務を経て、スポーツ系ライター&テープリライター&パソコン要約筆記者(要約筆記とは、聴覚障害者の方に文字によってその場の情報を伝えるいわば同時通訳的役割)。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:1249963
  • (11月24日現在)

最新の記事

欧州選手権、全米選手権、冬季国体情報など

入稿を済ませ、束の間の安堵に浸っている山本尚子です。 昨日のフィギュアスケートインターハイ女子の結果はこちら。 今シーズン、大躍進中の本郷理華選手の圧勝でした。 あまり調子はよくないといわれる中でのハイスコア。 世界ジュニアが楽しみです。 2位は、昨年末の全日本で目をひいた中潮美悠選手。 3位は、さすがの安定感の友滝佳子選手でした。 おととしの全日本で輝いていた庄司理紗選手や佐藤未......続きを読む»

フィギュアスケートファン至福の週末

いったん原稿執筆モードに入ってしまうと、他のことが何もできなくなって滞ってしまうライターの山本尚子です。 現在、JOCの竹田恆和会長の原稿を書いています。 さて、欧州選手権と全米選手権が重なっているという、フィギュアスケートファンには至福の週末を迎えています。 おまけに、日本ではインターハイが行われていて、日曜からは冬季国民体育大会も始まります。 毎回ぼやいている気もしますが、日本で......続きを読む»

オリンピックムーブメント報道写真展

昨日、「オリンピックムーブメント報道写真展」に行ってきました。 場所は、東京駅丸ノ内側向かい、新丸ビル7階にある「丸ノ内ハウス」内のライブラリーです。 丸ノ内ハウスというのは、おそらく7Fフロア全体を指しているのでしょうね。 飲食のお店が並びますが、仕切りがそれほど明確ではないオープンフロア。 ボーダーレスといえばいいのでしょうか、「通路=どこかのお店の中」といった感じです。 ......続きを読む»

bjリーグ:東京サンレーヴスvs秋田ノーザンハピネッツ

プロバスケットボールbjリーグの観戦に行ってきました。 カードは、東京サンレーヴスvs秋田ノーザンハピネッツ。 東京ホームの試合ですが、私は以前、お仕事をさせていただいた関係で、秋田ノーザンハピネッツを応援しています。 場所は大田区総合体育館。 東京サンレーヴスのチームカラーの黄色と紫色で彩られていて、とても華やか。 秋田の応援団はおそろいの濃いピンクのTシャツを着ていますが、......続きを読む»

SSF「スポーツ歴史の検証」第8回 森田淳悟さん

笹川スポーツ財団(以下SSF)のスペシャルサイト「スポーツ 歴史の検証」が更新されました。 毎回1人のオリンピアンにスポットライトを当てる「オリンピアンかく語りき」の今年1回目として登場いただいたのは、男子バレーボールの名センター、森田淳悟さんです。 森田さんは、メキシコオリンピック銀メダル、ミュンヘンオリンピック金メダルという男子バレーボールの黄金を支えた名プレーヤーです。 「一人時......続きを読む»

2020年東京オリンピック招致活動はさあここから!

2020年東京オリンピック開催に向けて、いよいよ招致活動が本格的に動き出しました。 招致委員会のfacebookページはこちら。 1月7日、東京 2020 オリンピック・パラリンピック招致委員会と東京都は、大会の開催計画の詳細を記載した立候補ファイルを 、スイス・ローザンヌにあるIOC(国際オリンピック委員会)に提出。 メンバーは、水野さん(招致委員会副理事長/専務理事)、中森さん (招致......続きを読む»

石川洋アナウンサー

NHKの石川洋チーフアナウンサーが、1月6日、亡くなられたそうです。 石川アナは、オリンピックをはじめとするスポーツの実況中継で活躍されていました。 まだ53歳、早すぎます。 石川アナといえば、一度、言葉を交わしたことがありました。 バンクーバー冬季オリンピックのスピードスケート男子500メートルのときのことです。 日本選手のメダルが期待されるこの種目、私は日本代表選手団の鈴木惠一......続きを読む»

箱根駅伝中継を堪能したけれど。。。

休日ぐらい目覚ましをかけずに寝ていたい。。。 でも正月3が日は別。 駅伝があるから。。。 とくに2日、3日は箱根駅伝があるので、ふだんより早めの起床で、朝から日本テレビにかじりつく。 今回は、事前の優勝候補は駒澤大学に東洋大学。 早稲田、青山学院大、明大がそれを追うという予想が多かった。 それらの予想をすべて覆し、日本体育大学が優勝した。 全員が安定した力を発揮したすばらしい優勝だ......続きを読む»

全日本フィギュア:女子フリー

男子フリーでは、かつての「ビッグ3」である織田信成選手、小塚崇彦選手の二人が表彰台落ちという驚きの展開になりました。 女子は男子に比べて、シニアのトップ3人(浅田真央選手、鈴木明子選手、村上佳菜子選手)の力が少し抜けているので、男子のような波乱は起きないだろうと、むしろ4位以下の動向に興味を持っていらした方も多いと思います。 ところが、女子にも驚きがありました。 第1グループの1番滑走は、......続きを読む»

全日本フィギュア2日目:男子フリー

女子SPの熱気がおさまる間もなく、15分後、男子のフリースケーティングが始まりました。 第2グループの先陣を切ったのは、最近、いろんな意味で注目されることの多いジュニアの本田太一選手。 あるテレビ番組で「僕はだれだれのお兄ちゃんとしてではなく、本田太一として認められたい」と言っていましたが、そのとおりの演技となりました。 全日本ジュニアのときよりずっと素晴らしい出来。 ジュニアは、シニア......続きを読む»

全日本フィギュア2日目:女子SP

日本のフィギュアスケート界でいちばん熱い日。 それは全日本フィギュアスケート選手権の女子SPと男子フリーが行われる「今日」かもしれません。 まず女子SPから。 きょうも全日本ジュニアを勝ち抜いた若芽たちが輝きを放ちました。 出場権を得た6選手のうち、大庭雅選手以外は全員、3回転-3回転のコンビネーションジャンプを成功させました。 とくに3位に食い込んだ宮原知子選手は、3ルッツ-......続きを読む»

全日本フィギュアスケート選手権:男子SP

全日本フィギュアスケート選手権が行われている札幌に来ています。 札幌の人でも寒いと感じる毎日が続いているとのこと、しっかり防寒を施して飛行機を降りたってみれば、その寒さは想定内でした。 私は小学生、中学生時代を札幌で過ごしていて、雪道を歩くのも割と得意。 ですが、地元の友人に聞いてみると、「きょうはすんごく暖かいねー!」ということでした。。。 千歳から札幌に向かう途中の駅のポスターで、北......続きを読む»

SSF「スポーツ歴史の検証」第7回 君原健二さん

好評を博している笹川スポーツ財団の「スポーツ歴史の検証シリーズ」。 第7回の記事がアップされています。 毎回、私・山本尚子が執筆を担当させていただいています。 第7回のゲストは、マラソンの君原健二さん。 君原さんと元NHKの名アナウンサー西田善夫さんとの対談をお楽しみください。 ...続きを読む»

日本オリンピック・アカデミー(JOA)セッション報告

私が所属しているNPO法人日本オリンピック・アカデミーの大事なイベント「JOAセッション」が12月2日、開催されました。 詳細はこちら。 ...続きを読む»

NHK杯フィギュアスケート第2日&トイレ問題その後

NHK杯2日目。 ペアSPの結果。 アイスダンスのフリーダンスの結果。 アイスダンスの総合結果。 シブタニ兄妹は、日米の融合をねらっているのかもしれませんが、和の取り入れ方というか衣装とヘアスタイルが微妙だなと思うときがあります。。。 しかし彼らの演技は正確。 ルックス的には、どのカップルよりもオリエンタルで、マイアちゃんからはいつも「奥ゆかしさ」が伝わってくるんですよね。 な......続きを読む»

NHK杯フィギュアスケート第1日&トイレの問題

今さらですが、書きそびれていたNHK杯で感じたことなど。。。 会場の宮城セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)は、仙台市ではなく、宮城郡利府町にあるのでアクセスは不便といっていいでしょう。 仙台駅から会場までのシャトルバスが出ていますが、片道40分弱ほどで、値段は往復で2800円と高額。。。 しかも、事前予約が必要だったので、知らない人も多かったことでしょう。 そしてシャトル......続きを読む»

エリック・ボンバール杯(フランス杯)のおさらい

遅くなりましたが、フランスで行われたエリック・ボンバール杯のおさらいをしておきましょう。 女子シングル: 日本女子のエントリーはありませんでした。 安藤美姫選手がエントリーしていたのですね。 それでも、米国のワグナー、ガオ、ロシアはリプニツカヤ、トゥクタミシェワといったファイナル出場をねらう強力な選手たちがそろいました。 SPでは中国杯同様、リプニツカヤが柔軟性を見せつけて1位。......続きを読む»

SSF「スポーツ歴史の検証」第6回猪谷千春さん

9月から始まった「SSF(笹川スポーツ財団)スペシャルサイト『スポーツ歴史の検証』シリーズ 」。 このシリーズの趣旨は、毎回、日本のスポーツの歴史を築き上げてきた方々をゲストにお話を伺い、過去を振り返り、その意義を検証し、あるべきスポーツの未来について考えていこうというものです。 「第1シリーズ オリンピアンかく語りき」では、日本を代表するオリンピアンの方々にお話を伺っています。 11......続きを読む»

全日本フィギュアスケートジュニア選手権 女子フリー

全日本フィギュアスケートジュニア選手権の続きです。 ジュニアやノービスの場合、難度の高い技を持っている選手がSPの不安定さから、フリーに進めないという事態が往々にして起こる。 例えば女子の松野真矢子選手。 JGSにも出場していたのに残念だ。 庄子理沙選手は、友滝佳子選手もかな、ジュニア卒業なのか出場せず。 昨年、世界ジュニア代表となった佐藤未生選手は、なんと西日本ジュニアで失敗して......続きを読む»

全日本フィギュアスケートジュニア選手権 男子フリー

11月18日、全日本フィギュアスケートジュニア選手権、男女フリーに行ってきた。 朝8時まで仕事をしていたので出遅れてしまったが、なんとか男子フリーの第3グループの6分間練習に間に合った。 ジュニアだと、まだまだ名前と顔がつながらない選手が多い。 その分、先入観抜きで見られるから、楽しいとも言える。 この6分間練習では、青いコスチュームの細くて小柄な選手が目をひいた。 13番:山隈太......続きを読む»

ロステレコム杯のおさらい

フィギュアスケートグランプリシリーズ4戦目のロシアでのロステレコム杯が終わりました。 日本選手を中心としたおさらいです。 男子シングル:小塚崇彦選手と織田信成選手が出場。 二人ともグランプリファイナルのチャンスがありましたが、織田選手はトリプルアクセルのすっぽ抜けなどでSPで大きく出遅れました。 小塚選手はなんとかまとめて2位、町田樹選手に続いて、ファイナル出場を決めました。 しか......続きを読む»

SSF「スポーツ歴史の検証」第5回田中聰子さん

「SSF(笹川スポーツ財団)スペシャルサイト『スポーツ歴史の検証』シリーズ 」が9月から始まっています。 毎回、日本のスポーツの歴史を築き上げてきた方々をゲストにお話を伺い、過去を振り返り、その意義を検証し、あるべきスポーツの未来について考えていきます。 「第1シリーズ オリンピアンかく語りき」では、日本を代表するオリンピアンの方々にお話を伺っていきます。 聞き手は、元NHKエグゼクティブ......続きを読む»

グランプリシリーズ前半戦のおさらい

フィギュアスケートは、シニアのグランプリシリーズが10月19日から始まり、前半の3戦が終わりました。 そこで、日本人選手のおさらいです。 まず、GPS前に開催されたシニアの大会の結果から。 9/26~29 ネーベルンホルン杯 男子シングルで、膝の故障から復活した織田信成選手が優勝しました。 女子シングルは、オズモンド(カナダ)、ソトニコワ(ロシア)に次いで、今井遥選手がフリーで巻き返し......続きを読む»

君原健二さん

君原健二さんの取材をしました。 元NHKアナウンサー西田善夫さんとの対談です。 君原さんといえば、1968年メキシコオリンピック男子マラソンの銀メダリスト。 長いマラソン人生で、ただの一度も途中棄権したことがないのだそうです。 東京オリンピックでは8位だった君原さん、そのとき3位になったのが円谷幸吉選手でした。 対談を通して、君原さんの生真面目さ、木訥さが伝わってきました......続きを読む»

猪谷千春さん

猪谷千春さんの取材をしました。 猪谷さんといえば、1956年コルチナ・ダンペッツォ冬季オリンピック大会 男子回転の銀メダリスト。 1982年から、IOC(国際オリンピック委員会)委員に就任し、2005年には副会長に当選し、長きにわたり、IOCに貢献されました。 また、オリンピック・ムーブメントを推進するJOA(日本オリンピックアカデミー)の会長も長く務められ、2011年からは名誉会......続きを読む»

SSF「スポーツ歴史の検証」第4回三宅義信さん

「SSF(笹川スポーツ財団)スペシャルサイト『スポーツ歴史の検証』シリーズ」が9月から始まっています。 毎回、日本のスポーツの歴史を築き上げてきた方々をゲストにお話を伺い、過去を振り返り、その意義を検証し、あるべきスポーツの未来について考えていきます。 「第1シリーズ オリンピアンかく語りき」では、日本を代表するオリンピアンの方々にお話を伺っていきます。 聞き手は、元NHKエグゼク......続きを読む»

JGPシリーズのおさらい

フィギュアスケートのジュニアグランプリシリーズが終了していますので、第4戦以降の日本選手のおさらいをしておきます。 第4戦イスタンブール大会 男子シングルの結果はコチラ。 中村優選手(16歳)が6位、本田太一選手(14歳)が10位。 優勝したジェイソン・ブラウンは17歳ということもあり、一人だけシニアがいるような雰囲気です。 女子シングルの結果はコチラ。 宮原知子選手(14歳)が......続きを読む»

SSF「スポーツ歴史の検証」第3回上村春樹さん

「SSF(笹川スポーツ財団)スペシャルサイト『スポーツ歴史の検証』シリーズ」が9月から始まっています。 毎回、日本のスポーツの歴史を築き上げてきた方々をゲストにお話を伺い、過去を振り返り、その意義を検証し、あるべきスポーツの未来について考えていきます。 「第1シリーズ オリンピアンかく語りき」では、日本を代表するオリンピアンの方々にお話を伺っていきます。 聞き手は、元NHKエグゼク......続きを読む»

JOCオリンピックコンサート2012

10月4日、日本オリンピック委員会「感謝の集い」が開かれました。 だれに感謝するかというと、各スポンサーやメディア、各競技団体、関係者ですね。 私は裏方でごそごそとお手伝い。 レセプションの司会は、バドミントンの小椋久美子さんと、青島健太氏。 当日の小椋さんのブログはコチラ。 そのあと、東京国際フォーラムへ移動し、「JOCオリンピックコンサート2012」が開催されました。 詳細につい......続きを読む»

SSF「スポーツ歴史の検証」第2回岡野俊一郎さん

「SSF(笹川スポーツ財団)スペシャルサイト『スポーツ歴史の検証』シリーズ 」が9月から始まっています。 毎回、日本のスポーツの歴史を築き上げてきた方々をゲストにお話を伺い、過去を振り返り、その意義を検証し、あるべきスポーツの未来について考えていきます。 聞き手は、元NHKエグゼクティブアナウンサー、解説委員として活躍され、そして現在はスポーツ評論家をなさっている西田善夫さんです。 ......続きを読む»

1 3 5 6 7 8 9 10 11 12

このブログの記事ランキング

  1. 全日本フィギュア2日目 男子フリー
  2. 全日本フィギュア2日目:男子フリー
  3. 全日本フィギュアスケートジュニア選手権 女子フリー
  4. 全日本フィギュア2日目 女子SP
  5. 全日本選手権3日目 代表選手発表など
  6. NHK杯に行ってきました
  7. グランプリファイナルin福岡 男女SP
  8. 全日本フィギュア第1日
  9. ドリーム・オン・アイス2012
  10. 全日本フィギュアスケート選手権:男子SP

このブログを検索

月別アーカイブ

2014
10
06
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
2010
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2009
12
10
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss