山本尚子のスポーツ・ウォッチング

スポーツ系ライター山本尚子が「一スポーツファン」として綴るスポーツコラム

wellness-life

山本尚子/Naoko Yamamoto  スポーツビジネス・シンクタンク勤務を経て、スポーツ系ライター&テープリライター&パソコン要約筆記者(要約筆記とは、聴覚障害者の方に文字によってその場の情報を伝えるいわば同時通訳的役割)。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:3
  • 累計のページビュー:1249943
  • (11月18日現在)

最新の記事

鹿島、上々の滑り出し

Jリーグが開幕しました。 鹿島アントラーズは強豪の浦和レッズに2-0と快勝。 あまり相性のよくない相手なので引き分けでもいいかなと思っていましたが、攻守がうまくかみ合い、うれしいことがいろいろあった開幕戦でした。 好調・野沢が先制ゴール。 昨年の得点王マルキーニョスが貴重な追加点。 そして、5カ月半ぶりに小笠原が戦列に復帰したー。 しかも、岩政がキャプテンマークを渡すという心憎い......続きを読む»

WBC中国戦

第2回WBCがいよいよ開幕しました。 日本は、4-0で中国に幸先のよい勝利です。 ただ課題もまだまだ山積。 勝ちはしたものの、「中国ってこんなに強くなってたんだ」と感じさせられる結果に。。。 投手陣はダルビッシュをはじめ、無難に投げましたが、打線がつながりませんね。 ワンアウトランナー3塁のチャンスが何度もありながら、なかなか返せないもどかしさ。。。 ...続きを読む»

女性の健康週間です

3月3日はひなまつり。 それと関連があるのかどうか、3月1日(日)から8日(日)まで、「女性の健康週間」だそうです。 私はいま、日本の過去のオリンピック・メダリストについていろいろ調べています。 体操、レスリング、ウエイトリフティング等々。 割と最近なのに、あまりデータのない方も意外といらっしゃいます。 そこで調べものをしに、日本体育協会の資料室に行ってきました。 帰宅してからは......続きを読む»

金1、銅1でノルディック世界選手権が閉幕

ノルディックの世界選手権が閉幕しました。 バンクーバー冬季オリンピックの前哨戦となるこの大会で、日本は金1・銅1の成果を残しました。 驚いたのは、ノルディック複合団体です。 湊、加藤、渡部、小林の4選手で組んだ日本チームが金メダルという快挙。 個人戦で小林が5位、湊が6位に入り、もしかしたらとは思っていました。 ジャンプが終わった時点で5位だったので、がんばれば銅メダルぐらいは......続きを読む»

侍JAPANが大敗

昨日のWBCに向けての強化試合、侍JAPANは西武ライオンズと対戦し、結果は2-7と大敗でした。 強打の合間にスクイズをしかけてきたり、西武はたしかにソツがなく強いのだけれど、日本代表はもったいない走塁が目立ちます。 初回の青木のホームタッチアウトとか。 1点を返したときの小笠原の3塁タッチアウトとか。。。 この前の試合でも、長打を放った青木が3塁でアウトになっていたし。 果敢な走......続きを読む»

球春到来!

2月最後の日、プロ野球ではオープン戦が始まり、Jリーグはリーグ戦開幕に先立ってゼロックススーパーカップが開催されました。 ...続きを読む»

残念だった世界ジュニア

世界ジュニアフィギュアスケート選手権が終わりました。 日本からはアイスダンスを除く3種目に出場。 ペアは、高橋成美&マーヴィン・トラン組が大健闘といっていい7位。 これで来季の出場枠が2に増えましたが、ほかにペアがいない現状でどうするでしょうか。。。 昨年の結果から1枠に減っていた男子は、14歳の中学生羽生結弦(ゆづる)選手が12位に。 来季の2枠獲得はなりませんでしたが、これもよ......続きを読む»

ユニバーシアード

ハルビンで開かれているユニバーシアードのフィギュアスケートが終わりました。 男子シングルの結果 町田樹選手が5位、大神選手が8位に入りましたが、南里選手はケガの具合がかなり悪いのでしょうか、心配です。 女子シングルの結果 中野友加里選手が4位からの逆転優勝。 武田奈也選手とワン・ツーフィニッシュとなりました。 ...続きを読む»

四大陸選手権

四大陸選手権が終わった。 女子の結果はこちら。 女子フリーでは、浅田真央ちゃんはなんとか3アクセルを決め、また今シーズン認定されていない3-3のコンビネーションを回避して手堅く3-2にしてまとめ、3位に浮上した。 キム・ヨナは優勝はしたものの、フリーは3位と不本意な出来。 プロトコルを見ると、3回転ジャンプのDGとエッジのアテンションを珍しくきちんと取られていた。 ...続きを読む»

坂井保之さんと新年会

『現代用語の基礎知識』でお世話になっている編集長さんと、プロ野球経営評論家の坂井保之さんと、丸の内の天ぷら屋さんでかなり遅い2009年版の打ち上げと新年会をしました。 熱いプロ野球談義で時が経つのも忘れて、あっという間に4時間半が経過していました。 日本のプロ野球が抱える問題・将来像、そしてWBCの優勝チーム予想まで話題は及びました。 また野球だけでなく、東京が招致活動を繰......続きを読む»

HAPPY BIRTHDAY!

実は本日1月22日は、私の誕生日です。 この日お誕生日のスポーツ関連の方を探してみると、中田英寿氏(1977年)、星野仙一氏(1947年)、松平康隆氏(1930年)といった個性の強い顔ぶれが並んでいます。。。 中田氏といえば、今日、地方を活性化したいということで、財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」を設立するという記者会見をしていましたね。 引退後も常に注目される立......続きを読む»

北島党首活躍の巻

2016年の東京オリンピック招致にからむ最近の記事を、三つほどピックアップしておきます。 昨年の夏、私は北京オリンピックについてのコラムを8回にわたって連載させていただく機会がありました。 その中で、6月27日付けのコラムでは、「2016年オリンピック大会の招致活動が本格スタート」というテーマで書きました。 「夏季オリンピック競技大会開催地の第一次選考で、東京は高ポイントで、シカゴ......続きを読む»

東芝vs三洋電機

招待券をいただいたので、秩父宮ラグビー場にトップリーグのラグビーを見に行きました。 チケットが何枚かあった中で、この日の試合を選んだのは、友人が東芝府中のファンだったら。。。 たまたま選んだチケットが、まさか最終節の1位、2位対戦カードだったとは。。。 知らないとはおそろしいものです。。。(笑) 第一試合は、NECグリーンロケッツ-福岡サニックスブルース。 会場に着いたのは、後半が......続きを読む»

野球の国際化のために

今年10月2日、2016年夏季オリンピック大会の開催地が決まります。 開催地がどこになるのか、東京、マドリッド、シカゴ、リオデジャネイロの4都市の中から、「果たしてTOKYOの名前が読み上げられるのか?」ということも非常に興味があるのですが、もう一つ注目したいのはその直後の種目採択です。 2012年のロンドン大会でははずされた野球とソフトボールは復活なるのか。 もちろん、これは開催......続きを読む»

大社義規前オーナーが殿堂入り

私がファイターズファンになったのは、仕事がきっかけでした。 2006年のキャンプイン前からかかわるようになり、動向を気にしているうちに不思議な魅力にひかれてどっぷりと漬かってファンになったそのシーズン、苦戦をしのいでしのいで優勝してしまいました。 25年ぶりのリーグ優勝なうえに、44年ぶりの日本一! 30年にわたってオーナーを務め、名物オーナーといわれた大社義規氏が亡くなったのは、惜しくも......続きを読む»

大迫(勇)、最多得点新記録!

地元の成人式でパソコン要約筆記をしてきました。 全国の新成人の皆さん、おめでとうございます! そして、帰宅してすぐテレビをつけました。 第87回全国高校サッカー選手権、広島皆実(広島)vs鹿児島城西(鹿児島)の決勝戦です。 鹿島アントラーズファンの私は当然、大迫勇也選手のいる鹿児島城西を応援していましたが、結果は残念。。。 3-2で広島皆実が初優勝しました。 広島皆実の皆......続きを読む»

『JOA Review Online』アップしました!

昨日、岸体育会館で、JOA(NPO法人日本オリンピック・アカデミー)の今年最初の理事会がありました。 そのあと、渋谷で新年会。 新年ということで、ビールには「祝」の文字が。 私たちJOAは、オリンピック・ムーブメントの普及・振興を推進していくことを目的としている組織です。 日ごろから、なんらかのかたちでオリンピックにかかわっている人ばかりとあって、「オリンピズム」「クーベルタン」......続きを読む»

バンクーバーまであと400日!

昨晩、私は無病息災を願いながら、七草がゆをいただきました。 セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの七草に、勝手にニンジンを加えて八草がゆです。(笑) 皆さんも召し上がりましたか? さて、きょうでバンクーバー冬季オリンピック大会まであと400日となりました。 ...続きを読む»

全日本少年フットサル大会&スパサカ・エキシビションマッチ(注意:ネタバレあり!)

駒沢体育館で、1月4日から6日まで、「全日本少年フットサル大会(バーモントカップ)」が行われています。 各都道府県の代表チーム(U-12)が16グループに分かれてリーグ戦を繰り広げ、1位チームが決勝トーナメントに進みます。 私たちが着いてしばらくすると、大会は一段落して、ゲストチームと各チームとのエキシビションマッチが始まりました。 ゲストはマリーニョ氏、スーパーサッカーで......続きを読む»

青木選手と興梠選手が活躍!

昨夜は「最強の男は誰だ! 壮絶筋肉バトル!! スポーツマン№1決定戦XXXⅧ」を見ました。 サッカー界からは、鹿島アントラーズから、MFの青木剛選手とFWの興梠慎三選手が出場。 こういうバラエティー系の番組に、Jリーグを代表してアントラーズから選手が出るというのはかなり珍しいことなのではないかと思います。 今年は「Jリーグ連覇」という肩書きがあるのと、天皇杯で早々と敗退したお陰(?)かもし......続きを読む»

幻の区間賞。。。

3が日はテレビの前で駅伝三昧の方も多いことでしょう。 私もその一人です。 元日の実業団駅伝は、ゴール前のデッドヒートを制して富士通が優勝しました。 2日、3日の箱根駅伝では、出場回避の危機を乗り越えた東洋大学、初優勝おめでとうございます! しかし今年も残念ながら、タスキをつなぎきれなかった学校が出てしまいました。 城西大学の第8区。。。 ...続きを読む»

健やかな1年を!

明けましておめでとうございます! 今年も、コツコツとどうぞよろしくお願いいたします。 さて、アロエの花が咲きました~。 ...続きを読む»

全日本フィギュア、真央ちゃんはフリー2位

全日本フィギュア選手権が終わりました。 男子は織田信成選手が、ミスの出た小塚崇彦選手を抑えて悲願の初優勝を果たしました。 女子は浅田真央選手が3連覇を果たしました。 しかしフリーで1位になったのは村主章枝選手。 真央ちゃんは、2回もトリプルアクセルを着氷したのに、回転不足で2回転半ジャンプと判定され、フリー2位だったのでした。 これが新採点と、最近の傾向の罠ですね。。。 ...続きを読む»

第31回JOAセッション

冬至でいちばん夜が長く日が短いこの日、朝5時半起きでJOAセッションの会場となる国立スポーツ科学センターへ。 開催要項はこちら。 私は受付担当だったので午前中のセ・ミアン・ング氏の講演はほとんど聞くことができませんでした。 お昼は、隣棟のナショナルトレーニングセンターに場所を移して、昼食会を兼ねた「JOA創立30周年記念祝賀会」。 パーティーは通常、夜に行われることが多いのですが......続きを読む»

JOA(日本オリンピックアカデミー)セッションを開催します

私にとって三つ目のボランティア活動であるNPO法人日本オリンピック・アカデミー(JOA)では、12月21日、年に一度のセッションを開きます。 JOAとは、オリンピック・ムーブメントの普及・振興を図っている団体です。 当日の飛び込み参加も大歓迎ですので、興味のある方は是非お越しください。 (開催要項:人名敬称略) ...続きを読む»

日本陸連アスレティック・アワード

12月15日、日本陸上競技連盟がその年に活躍した選手たちを表彰する「日本陸連アスレティック・アワード」に行ってきました。 これは開幕直前の会場写真。 各種目の日本選手権優勝者が勢揃い。 当然、北京オリンピックに出場した選手たちもたくさんいます。 その中で、最優秀選手賞にあたる「アスリート・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたのは、あの400mリレーで感動の銅メダルを獲得した、塚原......続きを読む»

マンモグラフィー検査

乳がんは年々増加傾向にあるそうです。 それでも年に一度、マンモグラフィーによる乳がん検診を受けることで、早期発見でき、危険率はずいぶん下がります。 しかし、日本では欧米に比べ、マンモグラフィーの受診率が低いといいます。 欧米では50~70%も受診しているのに、日本では10~20%に過ぎないとか。 もっともっと普及していかないといけません。 私は、今年もマンモグラフィーとエコーの検査を受......続きを読む»

グランプリ・ファイナル!

グランプリ・ファイナルが終わりました。 キム・ヨナの地元韓国での開催でしたが、浅田真央選手はフリーで逆転! 小塚崇彦選手も2位に入りました! ...続きを読む»

東京オリンピック・パラリンピック招致サポーター大集合!

2016年東京オリンピックの招致イベント「東京オリンピック・パラリンピック招致サポーター大集合!」のイベントが、12月12日、代々木の第一体育館でありました。 イベントの詳細はこちらでご覧になれます。 動画もあるようです。 私はこのイベントにスポーツ・ボランティアとして参加。 受付で、エコバッグセットのお土産をお渡ししていました。 中身はこんな感じです。 ...続きを読む»

ジュニアグランプリファイナルの結果

韓国で行われたジュニアグランプリ・ファイナルの結果 日本からは、村上佳菜子(14歳)、藤沢亮子(ゆきこ)(13歳)の次代を担う2選手が出場! 層の厚さを誇る米国勢に混じって、藤沢選手はフリートップで2位に食い込み、村上選手も可憐な演技で4位に入りました! ...続きを読む»

1 2 3 4 5 6 7 8 10 12

このブログの記事ランキング

  1. 全日本フィギュア2日目 男子フリー
  2. 全日本フィギュア2日目:男子フリー
  3. 全日本フィギュアスケートジュニア選手権 女子フリー
  4. 全日本フィギュア2日目 女子SP
  5. 全日本選手権3日目 代表選手発表など
  6. NHK杯に行ってきました
  7. グランプリファイナルin福岡 男女SP
  8. 全日本フィギュア第1日
  9. ドリーム・オン・アイス2012
  10. 全日本フィギュアスケート選手権:男子SP

このブログを検索

月別アーカイブ

2014
10
06
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
2010
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2009
12
10
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss