山本尚子のスポーツ・ウォッチング

月別アーカイブ :2013年09月

ネーベルンホルン杯のおさらい

フィギュアスケートファンであれば、いろいろと気をもんだであろうネーベルホルン杯が終了しました。 ソチオリンピックの出場権のかかったこの大会、どの選手もシーズンのこのはじめにコンディションをピークに持っていくのは非常に困難だったことでしょう。 ペアは、2戦目となる高橋成美・木原龍一ペアが出場しました。 個人戦の出場権のないカップルの上位4チームまでがオリンピック出場権を得られます。 成......続きを読む»

成龍ペア、ロンバルディア杯デビュー

2月3日のブログで、私は日本に新たなペアが誕生した喜びを記しました。 高橋成美&木原龍一ペア、あれからわずか7カ月で、本格的に試合デビュー! ロンバルディア・トロフィーが、9月21日から25日まで行われました。 成龍ペアのSPの結果はこちら。 SPプロトコルはこちら。 フリーの結果はこちら。 フリーのプロトコルはこちら。 トータルの結果はこちら。 2人は、オリ......続きを読む»

Jr.グランプリシリーズ第4戦の結果

フィギュアスケートのジュニアグランプリシリーズ第4戦、男女シングルの結果です。 川原星選手(高3)と、中村優選手(高2)が出場した男子シングルの結果はこちら。 中村選手が6位、川原選手が9位でした。 二人ともSPでミスをしたものの、フリーで順位を上げました。 川原選手は果敢にトリプルアクセルに挑戦し、中村選手は華麗に演技をまとめました。 優勝はロシアのピトキエフ選手(15歳)。......続きを読む»

Jr.グランプリシリーズ第3戦の結果

ジュニアグランプリシリーズ第3戦は、9/12~15まで、スロベキアで開催されました。 男子シングルは、田中刑事選手(大1)が初優勝! 4回転トーループに失敗し転倒。 痛みはあったはずで、そのあとトリプルアクセルが2本ともダブルアクセルになりながらの初優勝です。 それだけトータルで認められているということにもなりますね。 山隈太一朗選手(中1)は9位。 山本草太選手同様、ジュニアグ......続きを読む»

Jr.グランプリシリーズ第2戦の結果

ジュニアグランプリシリーズ第2戦は、9/4~7まで、メキシコ・シティで開催されました。 男子シングルは、日野龍樹選手(大1)が2位と踏ん張りました。 川原星選手(高3)は7位。 ジュニア最終年の日野選手、シニアへの大きな足がかりをつかんでほしいですが。。。 4回転トーループには失敗したものの、ジャンプの確実性は増してTESは間違いなくトップクラスなのに、やっぱりPCSがもらえないのが......続きを読む»

ジュニアグランプリシリーズ第1戦の結果

今シーズン、出遅れてしまいましたが、ジュニアグランプリシリーズの日本人選手の結果を載せておきます。 第1戦は、8/28~31にラトビアのリガで開催されました。 男子シングルは、宇野昌磨選手(高1)が3位。 初出場の山本草太選手(中1)は11位と健闘しています。 宇野選手は、フリーでトリプルアクセルに挑戦していますね。 「待ってました!」と言いたいところですが、回転不足で転倒して......続きを読む»

「スポーツ歴史の検証」第17回は川淵三郎さん

スポーツ系ライターのy山本尚子です。 先達のお話を通して、スポーツの力とレガシーを考える「スポーツ歴史の検証」、今回のゲストは日本サッカー協会サッカー顧問を務める川淵三郎さんです。 川淵さんはご存じ、Jリーグの初代チェアマンです。 1993年5月15日午後7時。 Jリーグ開幕セレモニーで行われた川淵さんの開会宣言は、歴史的名場面として、今なお多くのサッカーファンに語り継がれています。......続きを読む»

『スポーツ歴史の検証Vol.1』発刊されました!

スポーツ系ライターであり、日本オリンピック・アカデミー(JOA)理事の山本尚子です。 9月7日午前5時20分、アルゼンチンはブエノスアイエスのIOC総会。 ジャック・ロゲIOC会長の口から発せられた言葉は、「TOKYO!」 お陰さまで、悲願がかない、2020年夏季オリンピック競技大会は東京で開催されることが決定しました。 スポーツ界のみならず、オール・ジャパン体制で獲得した東京オリンピッ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconwellness-life

山本尚子/Naoko Yamamoto 
スポーツビジネス・シンクタンク勤務を経て、スポーツ系ライター&テープリライター&パソコン要約筆記者(要約筆記とは、聴覚障害者の方に文字によってその場の情報を伝えるいわば同時通訳的役割)。
東京生まれの札幌、仙台育ち。スポーツを「わかりやすく伝えたい」がモットーです。
パーソナルコーチでもあり、「コーチング」の視点からスポーツやアスリートを見つめると、また新たな発見があります。
2010年2月、バンクーバー冬季オリンピック大会では、日本代表選手団の本部員として派遣されるという機会を得ました。バンクーバーの選手村で選手たちとともに過ごし、ともに戦った3週間強という日々は、ハードワークながらも、非常に貴重で充実した毎日でした。その経験を、今後のライター生活に活かしていくと同時に、微力ながらも、オリンピック・ムーブメント、スポーツ・ムーブメントに貢献できるよう努めていきます。
 
好きなもの:人物取材 
個人的には北海道日本ハムファイターズ、鹿島アントラーズ、浅田真央ちゃんのファンです。
 

・NPO法人日本オリンピック・アカデミー理事
・NPO法人日本スポーツ芸術協会会員
・財団法人生涯学習開発財団認定コーチ
・社団法人日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:1249963

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 全日本フィギュア2日目 男子フリー
  2. 全日本フィギュア2日目:男子フリー
  3. 全日本フィギュアスケートジュニア選手権 女子フリー
  4. 全日本フィギュア2日目 女子SP
  5. 全日本選手権3日目 代表選手発表など
  6. NHK杯に行ってきました
  7. グランプリファイナルin福岡 男女SP
  8. 全日本フィギュア第1日
  9. ドリーム・オン・アイス2012
  10. 全日本フィギュアスケート選手権:男子SP

月別アーカイブ

2014
10
06
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
2010
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2009
12
10
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss