山本尚子のスポーツ・ウォッチング

グランプリファイナル3日目前半

このエントリーをはてなブックマークに追加

グランプリファイナルの3日目の感想をつらつらと書いたものをアップするのを、すっかり失念しておりました。。。

今さらですが、アップさせていただきます。

<ジュニア・ショートダンス>
1.パーソンズ組(米国):16歳と18歳。ツイズルで男性がよろめいて転倒。46.11
2.アレクサンドラ・ナザロワ/マキシム・ニキーチン組(ウクライナ):この大会唯一のウクライナからの出場。17歳と19歳。女性が170センチと長身で、グラスグリーンの衣装が映える。51.32。
3.ベチナ・ポポワ/ユーリ・ヴラシェンコ組(ロシア):17歳と19歳。ジャンピングジャック。佳菜子ちゃんのプログラムのイメージがあるせいか、曲の軽やかさに今ひとつ乗れていないような。52.50。
4,ロレーン・マクナマラ/クイン・カーペンター(米国):14歳と17歳。女性はダンス出場者中最年少だが、身のこなしはとても洗練されて見えた。55.14。最終3位。
5.ケイトリン・ハワイエク/ジャンルック・ベイカー(米国):17歳と20歳。160センチと170センチのカップルということだが、氷上では二人の身長差がほとんどないように見えた。いろいろ難しさがあるだろうな。むしろ逆手にとるようなプログラムができれば面白いのか。58.05。最終2位。
6.アンナ・ヤノフスカヤ/セルゲイ・モズゴフ(ロシア):17歳と18歳。姿勢がいいな。63.72、SBで優勝。みごとに出てきた順にきれいに順位を積み上げた。

ジュニアSDの結果はこちら。



<ペア・フリー>
1.カースティン・ムーアタワー/ディラン・モスコヴィッチ組(カナダ):女性をリフトしながら、男性も片足を上げてスケーティングするところがスリリング。120.34。189.11。
2.チェン・パン/ハオ・ジャン組(中国):ツイストリフト高いな。ジャンプのサイド・バイ・サイドも決まる。スロウジャンプは男性は非常に力強く放り投げているのに、女性はふわっと下りてくる。128.50、SB。297.37。
3.メーガン・デュハメル/エリック・ラドフォード組(カナダ):ワインレッドというよりはグレープ色のコスチュームがきれい。しかし中国ペアのあとに見てしまうと、女性がやや重そうで、ジャンプで苦戦。最後のポーズも決まらず。120.31。193.38。
4.ティン・パン/ジェン・トン組(中国):婚約中の幸せいっぱいのベテランペア。レ・ミゼラブルの調べに乗って、「信頼感」が目に見えてくるよう。138.58、SB。213.98で3位。
5.サヴチェンコ/ゾルコヴィー組(ドイツ):最近はボロ・トラ組に押されているイメージだったが、あらためて演技を見ると、スピンまでぴたっと合っていて美しい。147.57で227.03。SBを出して笑顔のキスクラが続くと、観戦しているこちらもうれしい。優勝。
6.タチアナ・ヴォロソジャー/マキシム・トランコフ組(ロシア):無敗の王者も、前2組の好パフォーマンスにプレッシャーがかかったか。開始早々、女性がジャンプを珍しくミス。そのあと盛り返したが、演技後、女性の表情は悲しげだった。そんな彼女を大きく包み込むように慰めていたトランコフさん、素敵でした。また会場からも男性のパンツの色に合わせているのか、黄色いフラッグを振って励ましている人が多数いた。141.18。223.83でまさかの2位。

アイスダンスの結果はこちら。

このあと、女子フリーに続きます。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギュアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

高橋大輔「欠場」で感じた寂しさ【銀盤の舞—フィギュアスケートエトセトラ—】

フィギュア・ゴールデンスピン:キム・ヨナのフリー演技をプロトコルで確認する【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

浅田の不可思議なプログラム変更【気ままにスポーツ観戦】

ブロガープロフィール

profile-iconwellness-life

山本尚子/Naoko Yamamoto 
スポーツビジネス・シンクタンク勤務を経て、スポーツ系ライター&テープリライター&パソコン要約筆記者(要約筆記とは、聴覚障害者の方に文字によってその場の情報を伝えるいわば同時通訳的役割)。
東京生まれの札幌、仙台育ち。スポーツを「わかりやすく伝えたい」がモットーです。
パーソナルコーチでもあり、「コーチング」の視点からスポーツやアスリートを見つめると、また新たな発見があります。
2010年2月、バンクーバー冬季オリンピック大会では、日本代表選手団の本部員として派遣されるという機会を得ました。バンクーバーの選手村で選手たちとともに過ごし、ともに戦った3週間強という日々は、ハードワークながらも、非常に貴重で充実した毎日でした。その経験を、今後のライター生活に活かしていくと同時に、微力ながらも、オリンピック・ムーブメント、スポーツ・ムーブメントに貢献できるよう努めていきます。
 
好きなもの:人物取材 
個人的には北海道日本ハムファイターズ、鹿島アントラーズ、浅田真央ちゃんのファンです。
 

・NPO法人日本オリンピック・アカデミー理事
・NPO法人日本スポーツ芸術協会会員
・財団法人生涯学習開発財団認定コーチ
・社団法人日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:1249963

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 全日本フィギュア2日目 男子フリー
  2. 全日本フィギュア2日目:男子フリー
  3. 全日本フィギュアスケートジュニア選手権 女子フリー
  4. 全日本フィギュア2日目 女子SP
  5. 全日本選手権3日目 代表選手発表など
  6. NHK杯に行ってきました
  7. グランプリファイナルin福岡 男女SP
  8. 全日本フィギュア第1日
  9. ドリーム・オン・アイス2012
  10. 全日本フィギュアスケート選手権:男子SP

月別アーカイブ

2014
10
06
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
2010
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2009
12
10
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss