街場のマリノス論

第27節レッズ戦を終えて-河合の選択-

このエントリーをはてなブックマークに追加

レッズ戦。

注目すべきは、2点目のきっかけとなった河合のプレー。
アーリアとのワンツーからエリア内に侵入した河合。
鈴木啓太に体を入れられボールを奪われるも、アーリアが再度奪取し、千真のゴールにつながった。
このゴールが決勝点となり、マリノスは今季2度目の連勝を飾ることができた。

河合のプレーまでは、アタッキングサードまでボールを運べたものの、相手DFにブロックを形成されてしまったため、なかなか穴をつけない状態だった。
同時に、マリノスのほとんどの選手が前線にいたため、ボールを奪われればカウンターに直結する危険性も十二分にあった。
誰もがそのリスクを感じていたはずであり、それゆえ勝負を仕掛けられずにいたのだろう。
横パスを選択せざるを得ない状況だったのである。
意図の見えないパスをつなぐ、マリノスの悪い癖が出てしまうと思われた。
その状況を打開したのが河合だった。
勇気を出してリスクを冒し、縦への突破を図ったのである。
確かに、あの場面でボールを奪われ失点してしまえば、河合は戦犯扱いになっていたかもしれない。
だが、あの場面で横パスをつなげていただけでは、得点にはつながらなかったはずである。
誰かが勝負をしなければならなかった。
そして、河合は勝負を選択し、見事にゴールを奪ってみせたのである。
当然ながら、アシストはアーリア、ゴールは千真と、河合の文字が記録に残ることはない。
それでも、あのプレーは記録に残る以上の何かを心に刻んでくれた。
いまのマリノスにとって、どのようなプレーが必要なのかを示してくれた。

勇気あるプレーに対して、最大級の賛辞を送りたいと思う。


          ↓↓クリックに値する記事でしたら「ポチッ」とお願いします↓↓
welledge-114113.gif




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合感想
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ナビスコカップ 準決勝 第1試合 川崎vs横浜【urotas55 スタジアム観戦記】

国体少年男子(U-16) 1回戦【北の蒼きフットボーラー】

U-20W杯開幕・・・・、10年前は【北の蒼きフットボーラー】

ブロガープロフィール

profile-iconwelledge

頭の運動
well_edge*yahoo.co.jp
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:29273

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 鹿島戦を終えて-小椋祥平の存在-
  2. 中澤はどこを目指せばよいのか。
  3. 希望を見出せたCK
  4. 代表の中澤、マリノスの中澤
  5. 天皇杯の意義-カテゴリーを異にするとき-
  6. 第27節浦和レッズ戦展望-松田・河合に期待すること-
  7. 第25節サンフレッチェ広島戦-測りの機会-
  8. 第26節鹿島アントラーズ戦-モチベーションはどこに行った-
  9. 監督の資質-課題を認識させることの重要性-
  10. 第27節レッズ戦を終えて-河合の選択-

月別アーカイブ

2009
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss