街場のマリノス論

welledge

頭の運動 well_edge*yahoo.co.jp
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:29320
  • (03月09日現在)

最新の記事

天皇杯の意義-カテゴリーを異にするとき-

試合チェックはこちらで行った。 結果は4-0の圧勝だが、エルゴラによると内容は伴っていなかったとのこと。 おそらく、カウンターから危険なシーンを作られたことがその判断材料となったのだろう。 相手は今季JFLに昇格したばかりのチームであり、攻撃はもちろん守備においても圧倒的な差を見せつけての勝利が求められていた。 カテゴリーが2つも違うのだから、当然の要求であろう。 しかし、相手がJ2や......続きを読む»

代表の中澤、マリノスの中澤

昨日の代表戦について。 実力通り、6-0の圧勝。 ただ、決定的なチャンスを何本も外していた点はいただけない。 相手が格下だけに気迫が感じられなかったのは仕方ないか。 それにしても、BSで放送したのは正解だった。オランダ・ガーナ戦の後だからこそ。 我らが中澤は完封に貢献。 とはいえ、相手のレベルを考えれば当然。 前半、左サイドをするすると上がった場面があったが、ああいうプレー......続きを読む»

第27節レッズ戦を終えて-河合の選択-

レッズ戦。 注目すべきは、2点目のきっかけとなった河合のプレー。 アーリアとのワンツーからエリア内に侵入した河合。 鈴木啓太に体を入れられボールを奪われるも、アーリアが再度奪取し、千真のゴールにつながった。 このゴールが決勝点となり、マリノスは今季2度目の連勝を飾ることができた。 河合のプレーまでは、アタッキングサードまでボールを運べたものの、相手DFにブロックを形成されてしまった......続きを読む»

第27節浦和レッズ戦展望-松田・河合に期待すること-

日曜のレッズ戦について。 小椋は累積警告、そして兵藤が肉離れでレッズ戦は欠場となる。 しかも、兵藤は全治2週間とのことなので、次節の川崎戦まで両者不在で戦うことになるかもしれない。(小椋は2度目の累積警告のため2試合欠場) よって、スタメンは松田・河合の2ボランチが予想される。 小椋に代わって河合が入るわけだが、攻撃・守備と総合的に見れば特に不安はない。 ただ、一つ気になることがあ......続きを読む»

鹿島戦を終えて-小椋祥平の存在-

鹿島戦の小椋について。 先制点は小椋のプレーから生まれた。 中盤まで下がった渡邉とワンツーで左サイドに侵入し、これ以上ない程の正確なクロス。 鹿島のお粗末な守備も相まって、坂田は合わせるだけだった。 小椋といえば「マムシ」「ナットゥーゾ」と呼ばれるように、その守備力には定評がある。 実際、相手選手を壊さんばかりのスライディングは、これまで多くのピンチを救ってきてくれた。 しかしそ......続きを読む»

第26節鹿島アントラーズ戦-モチベーションはどこに行った-

J’s Goalにこんなコメントがあった。 松田直樹 「モチベーションを保つことが、今の課題」 「相手が強いチームの時は、うちのモチベーションは高い。だから鹿島戦は心配いらない」 (http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00089477.html) モチベーションを上げること、モチベーションを保つこと、それはとても重要なことである。 その意味では、......続きを読む»

監督の資質-課題を認識させることの重要性-

まずは広島戦後の選手・監督のコメントを。 松田直樹 「陽太はよくやっていたと思う。失点はチーム全体の責任。みんなで切り替えてやっていく」 (nikkansports.comより引用 http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20090912-542965.html) 木村監督 「ただ、いつも言っているのだが、選手の最後ま......続きを読む»

第25節サンフレッチェ広島戦-測りの機会-

J1第25節。相手はサンフレッチェ広島。 現在の順位は「3位」と「13位」。 開幕戦の内容・結果がそのまま反映したかのような対照的な順位である。 チームづくりにおいても、両者は対照的だ。 広島は攻撃的サッカーを追及し、高い得点率を誇る。 さらに最近5試合で2失点と課題であった失点率の高さを確実に改善させている。 柏から李を獲得するなど戦力補強も欠かしていない。 内容に結果も伴ってお......続きを読む»

中澤はどこを目指せばよいのか。

ガーナ戦の中澤について少し。 ご承知の通り、とにかく身体能力が高かったガーナ。 Jではもちろん、アジアではまずお目にかかれない。 そんな身体能力に中澤も対応できなかった。 象徴は2失点目。 以下、本人談話。 ■中澤佑二(横浜F・マリノス) (2点目の失点シーンについて)あそこで1対1になること自体がね……。カバーとかコンビネーションとかで有利な状況を作れればいいけど、それが......続きを読む»

希望を見出せたCK

前回の続き。 本日のエルゴラにセットプレーについて書いてあったので、それについて。 マリノス担当記者・藤井雅彦氏 「それでもこの第2戦では今後につながる光明が見えた。正確にいえば、“準備段階を含めた一連の戦い”に、その価値を見いだすことができたのだ。(中略)第1戦翌日に松田の提案で選手だけのビデオミーティングを行っている。(中略)そして11本あったCKからのセットプレーの重要性を感......続きを読む»

悲劇的なCK

先日の敗戦前に木村監督はこんなことを言っていた。 「リスタートの練習はオレの本意ではないが、後がないから、ありかなと」 「本意ではない」をどのように解釈すればよいのだろうか。 おそらく “「流れの中でのゴール」を理想とするがゆえに、セットプレーの練習に時間を割くのはもったいない。だけど後がないからやらざるを得ない。本意ではないが。” と、このような解釈でだいたい合っているのではない......続きを読む»

犠牲者は誰か

ナビスコカップ2ndレグ 横浜F・マリノス-川崎フロンターレ 水曜日の1stレグ、0-2で負けたマリノス。 国立のピッチに立つためには最低でも2度、ゴールを割らなければならない状況。 リーグ・ナビスコ計33試合で46ゴールのマリノスが難題に挑戦した。 木村 浩吉 監督(横浜 F・マリノス) 「アウェイで0-2で負けているので攻撃的にいくしかしょうがなかった。中3日でミーティング......続きを読む»

このブログの記事ランキング

  1. 鹿島戦を終えて-小椋祥平の存在-
  2. 中澤はどこを目指せばよいのか。
  3. 代表の中澤、マリノスの中澤
  4. 希望を見出せたCK
  5. 天皇杯の意義-カテゴリーを異にするとき-
  6. 第27節浦和レッズ戦展望-松田・河合に期待すること-
  7. 監督の資質-課題を認識させることの重要性-
  8. 第25節サンフレッチェ広島戦-測りの機会-
  9. 第26節鹿島アントラーズ戦-モチベーションはどこに行った-
  10. 第27節レッズ戦を終えて-河合の選択-

このブログを検索

月別アーカイブ

2009
10
09

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss