24時間蹴球宣言

日本に残された可能性は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 もう一つの死のグループE組(イタリア、チェコ、アメリカ、ガーナ)では、チェコとイタリアが順当勝ち。
 チェコのロシツキーと、イタリアのピルロのミドルシュートには、まさに目が覚めました。

 そして、われらが日本代表です。1-0から、残り10分間でまさかの逆転負け。それも3失点。オーストラリアのパワープレーを何とかしのいでいた日本守備陣ですが、最後は押し切られてしまいました。普段は静かな夜の編集部ですが、このときばかりは怒号と悲鳴が渦巻いていました。

 今日は、グループGの韓国対トーゴ、フランス対スイスが行われます。有終の美に燃えるジダン率いるフランスが、難敵スイスを相手にどんな戦いを見せるか。そして、韓国は今大会のアジア勢初勝利を飾ることができるのか。見どころは尽きません。

 そして最後の1試合は、われわれ日本人にとってが然、注目度が高くなったグループFのブラジル対クロアチア戦です。厳しくなってしまった日本のグループリーグ突破ですが、この試合の結果次第では、十分に可能性が出てきます。
 例えば、日本が残り2連勝すると仮定すると、どんなシナリオが考えられるでしょうか? 日本の1勝1分けだと? あー、ごちゃごちゃしてよく分かりませんね。そんなときは、報道サイトの本家スポーツナビ自慢の「勝ち点シミュレーター」で、日本の決勝トーナメント進出の可能性を探ってみましょう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
グループリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconwcup_2006

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1472668

(09月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中田英寿、現役引退を発表
  2. 世界一のストライカーは誰?
  3. 日本は敗戦から何を学び取るか
  4. 日本代表監督にふさわしい人物とは?
  5. 日本に残された可能性は?
  6. あなたの“大会ベストゴール”は?
  7. 審判にとってのW杯
  8. 最後に魅せたカーン、そして大会はファイナルへ
  9. あなたは、決勝戦をどこで見ましたか?
  10. もう1つの“死のグループ”は? そして日本が登場!

月別アーカイブ

2006
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss