24時間蹴球宣言

最後に魅せたカーン、そして大会はファイナルへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 この人の登場を待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。そう、ドイツのGKオリバー・カーンが、ポルトガルとの3位決定戦で、ついに今大会初めてピッチに立ちました。これまでずっと控えに甘んじていたカーンですが、それでも腐ることなくベンチからチームを鼓舞し続けてきました。こうした彼の献身的な姿勢に対し、クリンスマン監督は最後に見せ場を用意したのです。

 カーンは、パウレタやデコの強烈なシュートを相次いでセーブするなど、何度もピンチを救いました。スタジアムは「オリバー・カーン」コールの大合唱。試合終了間際に1点を失ったものの、それ以外は堅実なセービングや適切な判断でゴールを守り切り、ドイツの勝利に大きく貢献しました。試合後、彼は先頭を切って場内を一周し、サポーターに別れを告げました。

「これが最後の国際試合だ。代表で過ごした時期は、素晴らしいものだった。だが、終止符を打つべき時が来たことを理解しなければならない」
 これがドイツ代表の一時代を築いたカーンの、代表選手としての最後の言葉でした。あなたはこの試合で何を感じましたか?

 さて、これまでたくさんの歓喜や悲しみを創出してきた今回のワールドカップも、いよいよファイナルを迎えようとしています。
“カテナチオ”(かんぬき)と呼ばれる強固なディフェンスと、トッティやデルピエロら多彩な攻撃陣を擁するイタリアが24年ぶりに優勝トロフィーを手にするのか。
 それとも、同じく堅実な守備が持ち味で、1つに結束したフランスが、ジダンの“ラストダンス”を8年ぶり2度目の優勝という最高の形で締めくくるのか。
 そして今大会のMVPに選ばれるのは誰なのか? 皆さんの予想もこれがファイナルです。世界中が注目する決勝戦は、日本時間の10日午前3時キックオフです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
決勝トーナメント
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconwcup_2006

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1472792

(01月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本は敗戦から何を学び取るか
  2. 中田英寿、現役引退を発表
  3. 世界一のストライカーは誰?
  4. 日本代表監督にふさわしい人物とは?
  5. 日本に残された可能性は?
  6. 審判にとってのW杯
  7. 最後に魅せたカーン、そして大会はファイナルへ
  8. もう1つの“死のグループ”は? そして日本が登場!
  9. あなたの“大会ベストゴール”は?
  10. 頂上決戦はイタリア対フランス

月別アーカイブ

2006
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss