サッカーこそ我が命

2016/17 UEFA CL決勝にみる両チームの差

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦前の予想に反して1-4と大差がついたCL決勝。 Cardiffから戻ってしばらく考えていた。 前半は1ー1、まさに白熱の好ゲーム。 しかし、後半半ばまでに3ー1と一挙にブローアウト。要因は一体何のか。

決勝までには十分な調整時間があったことからフィジカルコンディションではないはず。 試合のVを見直してふと気づいた。 両チームの中盤の差ではなかったかと。 ユーベは3-4-1-2のフォーメーションで2枚の中央MF(ピヤニッチ・ケディラ)を配置。一方、レアルは4-3-1-2で、中央MFは3枚(カゼミーロ・モドリッチ・クロース)だが、イスコがFWから落ちてきて実質4枚になる。守備専任のカゼミーロ、豊富な運動量のモドリッチ、展開力のクロースと役者も揃っている。 これに対して、ユーベのトップ下ディバラはこの試合殆ど消えていたように中央MFの支援には加わらなかった。ディバラがベンチに下がってからTVカメラが彼を長くとらえていたのは、そういう面を指摘したかったのだろう。ケディラとピヤニッチの2枚対レアルの中盤4枚。 このギャップをレアルは的確に突いた。MF選手間の距離を短くして、ショートパスを同サイドでダイレクトかワンタッチ数本つないでから逆に大きく展開した。このため、ユーベはボールの後追いばかりで、相手をフリーにさせてしまう。後半の極端なペースダウンはこれで説明がつく。

一方、ユーベの攻撃はボールを取ると縦に急ぎすぎるために味方のサポートが遅れ選手間の距離が遠くなっていた。従って、攻撃が単発になり、サポートが間に合わずボールロストが増えていく必然の流れ。ユーベの選手たちの気持ちが折れていくのが手に取るようにわかった。

そして、FWの決定力の差。CR7の1点目などは、ここしか空いていないというコースにノールックでボールを流し込んだ。スタンドからは、まるで、京都三十三間堂の射矢のように見えた。 同じく3点目はCR7のいわゆるゴーストプレー。一旦、DFの視界から消えてニアのゴール前に飛び出して決める。CR7の動きを予測したモドリッチのラストパスもよかったが、かつての力みや独りよがりのプレーが消えてCR7は異次元レベルに到達したのではないか。

観客の1人としては、もっと接戦を期待したのだが、円熟味を増したレアルが強すぎた。 それに尽きる。

Congratulations! Duo decima.



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ついに前線補強に成功?【G&AC】

ワルネル・ハーンがsc ヘーレンフェーンへ移籍【我がフェイエノールト】

ビデオ審判元年を終えて。ビデオ・アシスタント・レフェリー制度の現状と今後【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconwcup2002

赤い彗星
  • 昨日のページビュー:33
  • 累計のページビュー:68521

(07月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さて、問題はハリルの通訳をどうするかだ。
  2. つまらなかったEURO2016
  3. CL戴冠バルサのサッカーは先祖帰りか?
  4. これはGKの未来形なのか?〜EURO2016
  5. Gracias Papa~シメオネの情
  6. クライフが死んじまった
  7. サッカー選手のみなさん、入れ墨をやめてください〜PTA代表より
  8. なでしこリーグから感じる不安
  9. ヤヌザイと宇佐美
  10. 何とかならないか。サッカー中継の実況

月別アーカイブ

2017
06
03
2016
07
04
03
2015
10
06
05
04
03
01
2014
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss