サッカーこそ我が命

終わりにして始まりの地~ドーハから

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドーハの国際空港から街中に向かうタクシーの中、10分ほどで運転手が「ほら、あそこ」とスタジアムの概観を指さして教えてくれた。 Al ‐Ahli Stadium、正確にはHamad bin Khalifa Stadium。12000人収容。 アルアリスタジアム

地元では、アルアリクラブの本拠地として有名だが、日本人には「ドーハの悲劇」の舞台となったスタジアムといったほうがわかるかもしれない。

1993年10月28日、勝てば翌年アメリカで開催されるW杯に史上初めて参加できる最終予選のイラク戦。2-1でリードして、アディショナルタイムに入った残り17秒に予想外の結末が待ち受けていた。イラクにまさかの同点弾を被弾。崩れ落ちる中山、茫然自失のラモス、カズ、号泣したままスタッフに支えられてピッチを去る柱谷。 日本中がこの悲劇的な結末に泣いた。以来、人はこの試合のことを「ドーハの悲劇」と呼ぶようになる。

2017年6月。 タクシーが最初に着いたゲートで入り口の職員に聞くと、ゲート1の警備員に聞いてくれと軽くあしらわれる。今度は指示通りゲート1に回って、応対した若い黒人の警備員に「日本から来た旅行者だけど、どうしてもスタジアムの写真を撮らせてほしい」と英語で言うと「こんにちわ」と日本語で返事が返ってきた。聞けば、先日も初老の日本人が来て同じリクエストをしたとか。

ライトの落ちたスタジアムへ案内される途中で「ここは、日本のサッカー代表にとってW杯本選出場を逃した忘れられない場所なんだ」と警備員に話すと、「へえー、いつの話だっけ?」と聞き返してきた。「1993年10月の対イラクとの試合だよ」と私。 「そうか、知らなった。まだ、自分は生まれていなかったからね」と警備員。 あれから24年も経ち、私やくだんの老人を除き、ドーハの悲劇が風化されてゆくのは致し方がないのか。一抹の寂しさを覚えた。

24年前。 イラクのショートコーナー、カズのタックルがかわされ、ゴール前にクロスがあがる。中央で競り勝ったオムラムのヘッドから放たれたボールが放物線を描いて日本ゴールへ。GK松永が動けない。イラクの2点目が決まってしまった。 この時、自宅の近所からは多くの悲鳴に似た声が外に響いた。と同時に自分の頭は真っ白になったことを覚えている。

2017年6月 ピッチでコーナー付近の芝生に触った瞬間、24年前の光景がフラッシュバックのように頭をよぎった。立ちすくみ、涙がこぼれそうになった私を、警備員が怪訝そうな顔で見ていた。

ゲートに戻る途中、その試合のことは日本で「tragedy of DOHA」と呼ばれていると説明したら、警備員は苦笑していた。

完成後67年も経ち老朽化したために現在はスタジアムが改装されており、当時の面影は残っていない。しかし、日本サッカーの歴史すべてが一旦この地で終わり、そして新しい歴史が始まった事実に変わりはない。

終わりにして始まりの地、ドーハにて。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

U-20W杯/守備面改善されるもGOALを奪えずヴェネズエラに延長戦の末惜敗!【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

欧州遠征。開花せよ、なでしこ。【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

選手短評。Uー20W杯2017【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconwcup2002

赤い彗星
  • 昨日のページビュー:31
  • 累計のページビュー:68551

(07月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. さて、問題はハリルの通訳をどうするかだ。
  2. つまらなかったEURO2016
  3. CL戴冠バルサのサッカーは先祖帰りか?
  4. これはGKの未来形なのか?〜EURO2016
  5. Gracias Papa~シメオネの情
  6. クライフが死んじまった
  7. サッカー選手のみなさん、入れ墨をやめてください〜PTA代表より
  8. なでしこリーグから感じる不安
  9. ヤヌザイと宇佐美
  10. 何とかならないか。サッカー中継の実況

月別アーカイブ

2017
06
03
2016
07
04
03
2015
10
06
05
04
03
01
2014
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss