スポーツ情報は足で集めてきます

世界フィギュアスケート選手権大会2007東京の公開練習

このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月20日から開幕する《世界フィギュアスケート選手権大会2007東京》の公開練習を観に行ってきました。
 
 この日は、午前6時から女子の練習が始まる予定になっていました。
 私は10分前ぐらいに会場の東京体育館に着いたのですが、平日の月曜日にも拘わらず、すでに列になっていて100人ぐらいの様々な年齢層の方々が並んでいました。

 この大会の注目度、そして人気は、やはり凄いのだなと改めて実感しました。

 公開練習は、予定通り、午前6時から始まりました。
公開練習は、男女7グループ、そしてペアは6グループに分かれて練習が行われていました。
 各グループ、6人から7人のグループで、ペアは3組から4組で一つのグループになっていました。
 練習時間は、35分間です。その間に、まずはフリーでリンクを滑って選手達は体を温めてその後、順番に各選手のSPかFSの曲が流れて練習していくことになります。
 選手達は、他の選手の曲が掛っていても、リンクを離れる訳ではなく、邪魔にならないように同じリンクで練習を続けています。

 自分の曲が流れている選手は、曲に合わせて振り付けの確認などをしている選手がほとんどで、ジャンプの大技などは、曲の流れの中では行わずに、曲が流れていない時に、それだけに重点を置いて練習している選手がほとんどでした。
 
 そんな状況の中で、全てをみたいと思うのは、目が慣れなくて最初は大変でした。
 曲に合わせて踊っている選手ばかりに注目していると、別の離れたところで、別の選手が大技の練習をしていたりするので、どっちを観ようかと思っている間に、一瞬で終わってしまうジャンプ練習を見逃したり・・・。
 しかし、時間が経つにつれて慣れてきました。

 今日の練習で、女子は、日本の浅田真央選手、安藤美姫選手、中野友加里選手が同じグループで滑走しました。
 浅田選手が振り付けを確認して優雅な演技を披露しているすぐ側で、安藤選手がジャンプの練習に挑んでいたり、中野選手がスピンの練習をしていたり、 本番では絶対に見られない光景がありとても楽しめました。
 素人目に観ても、浅田選手は優雅な滑りで、ジャンプの練習でもステップを刻むトリプルアクセルにも挑戦して決めていたので、本番が本当に楽しみです。
 今日の浅田選手は、いつもの真央ちゃんという感じではなく、戦う前の気合の入ったような表情をしていました。
 安藤選手は、4回転は転倒もしていましたが、バランスを崩しながらも転倒せずに立てた事が1度ありました。ジャンプの練習以外でも、躍動感に溢れている感じでした。
 中野選手は、曲が流れると、一つ一つの振り付けを確認しながら、丁寧に演技しているように見えました。得意のスピンもとても綺麗でした。ジャンプは曲の流れの中でも飛んでいて、失敗もありましが、ジャンプ練習ではトリプルアクセルを決めていました。
 女子シングルは、SPが23日FSが24日に行われます。

 男子は、高橋大輔選手と織田信成選手が、やはり同じグループで一緒に練習を行いました。
 高橋選手は、グループの中で第一滑走者でしたが堂々としていて、風格が漂っている感じでした。
 織田選手は、コミカルな振り付けの演技で、場内を沸かせていました。二人ともジャンプは安定していて、場内の皆さんも安心して見ていました。
 そして、優勝候補の筆頭とも言われているライバルでスイスのステファン・ランビエール選手は、氷上に現れた時から、存在感が抜群でした。スピンやジャンプもすべて軽く決めているように見えました。
 本番の演技が凄く楽しみになりました。
 男子シングルは、SPが21日FSが22日です。

 そして、初日は、アイスダンスが行われます。日本の渡辺心・木戸章之選手は、アマチュアとしての最後の舞台になるそうです。最高の演技をしてもらいたいですね。私も思いっきり応援します!

 日本で行われる、《世界フィギュアスケート選手権大会2007東京》いよいよ開幕ですね。本当に楽しみです!
フィギュア




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Re:世界フィギュアスケート選手権大会2007東京の公開練習

>GO!ALL JAPANさん
熱いコメありがとうございました_(._.)_
今日の高橋選手の銀メダルは素晴らしかったですね!
観客の応援が力になったって何度もインタビューで言っていましたね。
織田選手は、ミスもありましたが7位まで巻き返したのは本当に凄かったですね。
今回の好成績のおかげで来年の世界フィギュアは男子も3人出られるんですね。
そしていよいよ明日から女子ですね。
安藤選手も練習で4回転を成功させていたり、良いニュースも入ってきたので楽しみです。

Re:世界フィギュアスケート選手権大会2007東京の公開練習

いや~いよいよ開幕いたしました。
どなたが歴史に名を刻むのか楽しみです。
会場も東京は、外国の方も入りやすそうですし、特に昨日の歓声、雰囲気は、グローバルで実にいい感じです。今日は日本人の応援色が強そうですが、盛り上がりを見せていますね。「会場にいる方!イイですよ!」日本で、なかなか あの雰囲気は味わえないと思います。僕は今回TV観戦となりますが。そこで一言・・近頃のTV演出ですが過剰ではありませんか?
いつか柔道の体重別選手権だったか?
選手入場口に炎の演出です。あれはエンターテイメントです。緊張感のない映像にガッカリでした。柔道の歴史が軽くなる。
フィギュアスケートに関しても人気選手のプロモーション映像が多すぎではないかと思います。
この映像、以前にも見た事あるぞ。といった映像をCM明ける度には要りません。その分より多くの選手の演技が観たいのです。これは、選手権なのです。試合、大会の全容が観たいのです。スケートファンは、それを望んでいる。
他国の出場選手も自分の戦いぶりを紹介される事は喜ばしい事ではないのではないかと思う。
僕は、伊藤みどりさん世代ですが、TBS時代の番組構成も、今と成っては時代遅れかもしれないですがシンプルで緊張感のある、とても良い時代であり、そして映像でもありました。
そして、会場の大会モニュメントですが、画像で見る限りですが結構デカそうですな。確かに盛り上がりますが、十数年前は海外開催地でも見た事はなかった。
大会終了後は勿論、フジTVさんリサイクルお願いします。
「ハイ 廃棄処分」では海外メディアにも笑われてしまいますよ。メディアも金メダルを獲れるよう皆さん、頑張っていただきたいです。
日本の選手は皆、若いです。そして皆さん表彰台のチャンスがあります。まず出場選手が個々に満足、納得の演技・試合をしてほしいと願うばかりです。
歴代のチャンピオンは皆さん素晴らしい方たちです。そして今、若い5人の日本選手の皆さん方に言いたい。「これからもっと自分を磨いて磨いて世界のスケート史に名の残せる本当のスケーター、本物のゴールド・メダリストに自分自身が、つくっていくんだよ。君たちなら出来る。頑張れ!」
その時の、君たちの姿を見たい・・・
今、織田君の演技が終わった。僕は今シーズン練習に甘えがあったと涙した君、泣いてばかりの君
が嫌だった。そんな涙は見せるなと、君の後輩にそれを伝えてくれといった僕だったが、君のスケートは今日、観ていていても素晴らしいよ。一生懸命、演技したのだから涙を我慢せず、感情を出しても良かったかもしれない。そんな今日だった。明日もその頑張りを見たい、明日の演技に君が納得、出来る事を願って応援する。頑張れALL JAPAN!そして世界のスケーターたち!さぁ次は高橋君、頑張れ!燃えろ!この場を借りて色々申しまして、申し訳ありません。圭那子さん、今後も仕事を楽しみ、良い記事を書いてください。ありがとうございました。大会の成功を心よりお祈りいたします。

Re:世界フィギュアスケート選手権大会2007東京の公開練習

>沢村大和さん
コメントとTBありがとうございます_(._.)_

本当に今回のメンバーは女子も男子もレベル高いですよね!

昨日は、TVのお仕事で本田武史さんが会場にいらっしゃいましたが、本田さんも日本の男子フィギュアスケート界を一人で背負っていましたよね。
そう、考えると男子も高橋選手と織田選手が高いレベルで切磋琢磨して向上している感じがするし、女子も今回出られない選手も含めて本当にたくさんの実力者がいるのでファンとしては、これからも本当に楽しみですね。

Re:世界フィギュアスケート選手権大会2007東京の公開練習を観てきました

渡部絵美さん、伊藤みどりさん、八木沼純子さんなど、一人で日本を背負っていたような時代と比べると、3人全員がメダル圏内にある現在の日本女子は、人気だけでなく実力においても本当に素晴らしいですね。
男子も含めて、是非100%のパフォーマンスをしてもらいたいと期待しています。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconwatakana56

渡辺圭那子(WatanabeKanako)
スポーツ関連を中心にライター・MCなどの仕事をさせて頂いています。
・ライター業
白夜書房《ラグビー魂》《中学野球小僧》《ラグビー黄金時代大辞典》≪ラグビー世界選手名鑑≫メイツ出版《試合で大活躍できる!ラグビー必勝のコツ50 》などに執筆させて頂いています。
・MC、リポーター業
陸上他、各種スポーツ中継リポーターやアスリートトークイベントのMCなどをさせて頂いています。

今後もスポーツライター・リポーター・MCとして活躍の場を広げるために、日々現場に足を運びスポーツの素晴らしさを伝えていきたいです。

日体大ラグビー部を応援しています!!!
よく「日体大のOGですか?」と聞かれます。残念ながら、そんなに運動能力は高くないので・・・OGではありません。
現在細々とライター業をさせて頂いていますが、そのきっかになったのがNumberの「スポーツライター新人賞」で一次選考の8編に残ったことでした。
その時に、私事の素人の応募作品のために取材にご協力してくださったのが、日体大ラグビー部さんです。
せめてもの恩返しとして、ずっと応援させて頂こうと思いました。
しかし、現場に行かせて頂くとチームの関係者の皆様をはじめ、選手のご父兄の皆様にもとてもよくして頂いて、恩返しどころか、さらにお世話になってしまっています(^^;
一生恩返しはできないのかも知れませんが・・・大好きなチームをずっと応援していきたいと思っています!!!
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:342854

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 関東大学ラグビー対抗戦2015 日本体育大学の5戦目 対早稲田大学戦
  2. 関東大学ラグビー対抗戦2015 日本体育大学の3戦目 対帝京大学戦
  3. 関東大学ラグビー対抗戦2015 日本体育大学の4戦目 対明治大学戦とキャプテンインタビュー
  4. 関東大学ラグビー対抗戦A・B入替戦 日本体育大学の戦い
  5. 関東大学ラグビー対抗戦2015 入替戦 日本体育大学対明治学院大学戦
  6. 関東大学ラグビー対抗戦2016 日本体育大学の初戦 対明治大学戦
  7. 関東大学ラグビー対抗戦Bグループ 日本体育大学の開幕戦
  8. 関東大学ラグビー対抗戦2015 日本体育大学の2戦目 対慶應義塾大学戦
  9. 関東大学ラグビー対抗戦2016 日本体育大学の2戦目 対帝京大学戦
  10. 関東大学ラグビー対抗戦2016 日本体育大学の3戦目 対慶應義塾大学戦

月別アーカイブ

2016
10
09
2015
12
11
10
09
2014
12
09
2010
06
2009
10
09
08
06
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss