辛口G党の戯れ言

巨人軍低迷の原因~セリーグ2強にならないための方策~

このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人が広島に勝てない。なぜだろう。 巨人が弱くなって広島が強くなった。それが理由だ。当たり前~♪当たり前~♪当たり前体操♪ 古い!!(笑)

広島が強くなったことについてはこれまでも記事で書いてきたので割愛する。 巨人が弱くなったことについては多少重複するが改めて列挙しておく。 ・FAでのポリシーのない乱獲 補強ポイントに則してない選手を場当たり的に獲得して「選手の危機感を不毛に刺激しただけ」で逆効果になった。 例えばFA不作と言われた2013年。大竹は絶対に欲しいほどのエース格ではなかったが涌井がロッテに流れたため、何の思慮もなく獲得。 これにより若手の一岡が流出。さらに片岡を西武から獲得したがケガが多い選手。このとき中井大介が成長期でレギュラーを獲得しかけていたが 大遅刻による懲罰的2軍降格。育てるという前に「中井がダメだからFA」という発想で片岡を獲得した。また、これにより脇谷が西武に流出。 その脇谷が高橋監督を慕ってFA宣言、そのままダブってしまうポジションを承知の上で獲得。あくまでうわさだが片岡と脇谷の関係は未だにギクシャクしていると聞く。 ・ドラフト戦略の見誤り 高齢化する野手の第二世代の育成を放置して、投手に偏重した獲得になった。 野手も俊足巧打の小兵ばかりを取って一発長打の魅力のある選手を避けてきた。 一昨年のドラフトでは、中央球界では十分な活躍の無い桜井投手を「ごく最近の戦績だけを見て上り調子」と判断。他球団ではリストの上位にもなっていない投手を1位で獲る暴挙。 ・世代交代の先送り 若手にチャンスを与える機会が他球団に比べて致命的に少ない。また与えたチャンスは極端に少なくそのわずかな機会で一発回答を求める。これでは若手が育つはずがない。 さらに2軍3軍に内田、田代と小谷と名コーチがいながら、育成方法が不明確なため、選手自体にも戸惑いがあるのではないか。 ・原体制から由伸色を出そうとして失敗 極端に失敗を恐れる高橋采配。盗塁の少なさもそうだがそもそも冒険を嫌う。 それが全面に出るから選手も失敗できないプレッシャーが出て大胆なプレーもできなくなる。 スター監督に意見具申できない無能なコーチ陣 高橋由伸はスターだけに、村田ヘッドを筆頭に自分の意見が言えない。ずっと年上のコーチがほとんどなのにヘタに言うと フロントからたしなめられそうな空気がある。これでは言えるわけがない。 すると「ワンマン体質」になるのは必然なのだ。 そもそも巨人軍は監督がほとんどスター級なのでワンマン体質になってしまう。 近年の巨人軍監督で唯一ワンマンにならなかったのは藤田元司監督の頃のトロイカ体制(王助監督・牧野ヘッドコーチ)くらいである。 思い出してほしい。藤田元司政権の頃の野球。今のカープに似てないだろうか?(お金のかけ方はこの際言わないで・・・) また原政権の頃、(ただし保身に走った最終年以外)若手を昇格させたとき、その場ですぐに使っていた。失敗を恐れず果敢に盗塁やエンドランを企画した。 これにより打つだけの野球ではなく機動力を駆使して相手が嫌がる野球ができていた。

巨人と広島。ここまで8試合で1勝7敗。残り17試合もあるのだ。 しかしサインが盗まれているのか、配球パターンが読まれているのか。とにかくよく打たれる。 今季の広島打線。 打率は・・・vsヤクルト.233、vsDeNA.276、vs中日.301、vs阪神.291、そして巨人戦では.295だ。 投手陣の整備ができていない中日は仕方ないにしても巨人戦の3割近い数字は異常だ。 さらに得点圏打率を見ると巨人戦は.413で2位の中日戦の.338から大きく引き離している。 また打率では巨人戦と大差のない阪神戦だが得点圏打率では.234と極端に打てていない。 ヒットは許すが得点は許さない阪神とは大違いで巨人戦ではガンガン打ってジャンジャン点が入る状態。 広島の選手が巨人戦に限っては「ストレス発散の場所」にさえなっているのだ。 仮面ライダーで言えば、広島がライダーだとすると巨人の選手はショッカーの戦闘員であってメインの怪人ではない。 「イ~!」と出てきてはちょっとかすったくらいの当たりで「イ~・・・ウグッ」とあっさり死んでしまう「ザコキャラ」なのだ。 だ、大丈夫かなぁ、ここまで言ったら炎上するかなぁ。(笑)💦

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
移動日
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

巨人軍低迷の原因~セリーグ2強にならないための方策~

radioさん、コメントありがとうございます。
桜井に関してそういう背景があったんですね。情報ありがとうございました。

巨人軍低迷の原因~セリーグ2強にならないための方策~

遅れてのコメント失礼致します

御指摘されていることの殆どは同意なのですが、ドラフトに関連して桜井投手に関してはあれこれ言っても仕方ないかと思うんですがねぇ
記憶に新しい通りあの時の球団は無法者3人が起こした賭博騒動真っ只中で揺れに揺れており、ドラフトに本当に参加していいものかどうかバッシングされる中、何とか頭下げて参加させてもらい
有力選手から事前にお断りされるようなこともあったかも知れない中、直前の好投だけで評価を挙げてたにしろ、一応他球団も2位リストまでには入れてた(これは当時のドラフト戦線追ってたから確かです)“安牌”の桜井を繰り上げも同然の形で指名という流れだったはずですが……
まぁ開幕直後に怪我する等の不運があったにしろ彼がここまで目立った成績残せてないのはスカウトの見る目がなかったということなのは確かなんでしょうが、その指名自体に関してはあの異常な状況下ということを考慮して私は仕方のないことだとは思ってますし
怪我するという不運があったからこそ、東大に滅多打ち喰らおうと余計にあんまり桜井自身を必要以上に責めることは出来なかったりします。

今日の公示見てたらその桜井が昇格したようなので、チャンスを与えない首脳陣がどう彼を扱うか、静かに見守ることにします(笑)
長文失礼致しました。

巨人軍低迷の原因~セリーグ2強にならないための方策~

pajaさん、コメントありがとうございます。
池田に関しては同感です。
村田もこのままじゃダメになるでしょうね。
昨日のショートゴロだって全力疾走してませんでした。
もうモチベーションボロボロみたい・・・。

巨人軍低迷の原因~セリーグ2強にならないための方策~

シーズン前はてっきり、アベさんとマギーと村田先生を
使いまわす感じの起用になるもんだと思っていたのですが
そうではなかったようですね
アベさんは出ずっぱりで夏場にパンク、村田先生は試合勘が
戻らず低空飛行、マギーも研究されてサッパリ、えぇ~?今年も
坂本しかいないの?みたいな最悪のシナリオにならないことを
願っていますが

あ、別に現時点で村田が阿部、マギーより期待できる、とか
そんなことはもちろん思ってはないですよ
ただ、起用法が偏ってしまえば戦力が「層」にならないですよね

そして監督さん、ビハインドゲームのワンポイント継投が
お好きなのは重々承知していますが、そろそろ考え直してみませんか?
あと池田のムダ使いも止めましょうよ
勝ち試合の8回に投げさせた投手を7点ビハインドで使うって・・・・・

今年いっぱいで責任を取るのか来季まで契約を満了するのかは
分かりませんが、彼らのプロ野球人生はあなたがいなくなった
その後の方が長いのですから・・・・・

こんな記事も読みたい

17.5.14 90番台の活躍【巨人を見る】

1番セカンド上本、2番ショート大和を見てみたい【妻を虎党にさせる-おっさんのブログ】

器用貧乏の矜持【週刊オリスポ!】

石川慎吾は貫き通すことが出来るだろうか【NO NAME】

【2017 広島vs巨人 第8回戦】今年はウサギがコイのエサになる!?ジャイアンツ、どうする?広島に歯が立たない!!【孤独のプロ野球】

弱者の兵法【For the glory】

同じ試合を見せられてる【巨人応援隊】

阪神・広島、セリーグは2強へ・・・。力の差がはっきり見えた試合。【辛口G党の戯れ言】

ブロガープロフィール

profile-iconwakeupgiants

地方在住の巨人ファンです。東京五輪の昭和39年生まれ。スポーツはもっぱらプロ野球でMLBもたまに観ます。サッカーは国際試合に限って観るニワカでしかありません。パソコンは初心者に近いですができるだけいっぱい投稿したいと思います。ネタがないときはしょーもない記事になるかもしれませんがよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1492906

(05月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金本采配との差をこれでもかと見せつけられた屈辱的な試合。
  2. 【開幕前企画】12球団FA事情
  3. 巨人軍低迷の原因~セリーグ2強にならないための方策~
  4. 菊池にやられましたが、勝敗を分けたのはバント。
  5. 巨人は足し算野球。広島は掛け算野球。これじゃ勝てっこない(;^_^A
  6. 広島と巨人の決定的な違いはコレだ!
  7. 巨人の「開幕25人」を予想する。
  8. 阪神・広島、セリーグは2強へ・・・。力の差がはっきり見えた試合。
  9. 果たして今回の補強は正解だったのか。
  10. 長野を2軍に降格できるか?由伸監督の舵取りや如何に。

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss