辛口G党の戯れ言

稀勢の里に「漢(おとこ)」を見た。

このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりに大相撲を観ました。 稀勢の里対照ノ富士は結びの前の一番。 満員の会場は稀勢の里の男気に「たとえ負けても男らしい負けを観たい」と思っていたのではないだろうか。 相手の照ノ富士は今場所十番勝って大関復帰を狙う琴奨菊に対して、まさかの立ち合いの変化で絶望的な六敗目を食らわせる「暴挙」に出た。 琴奨菊の夢を絶つ悪役を買ってまで自分の初優勝をがむしゃらに狙った。

しかし結びの相手は手負いの虎。 周囲は完全にアウェイではあるが自分の夢はすぐ目の前だった。 本割の一番。立ち合いが合わず結局右腕一本で敗れた。 それでも決定戦では絶対有利。 双差しとなって90%確定、そのとき稀勢の里の執念が勝り、逆転負け。 照ノ富士はまるでモハメド・ラシュワンの心境だったのか?

それにしても結びの一番はまるで前頭クラスのつまらん一番だった。仮にも横綱同士なのに観客はほとんど歓声はなく、勝負も日馬富士が行事にぶつかってそのまま俵を割った、なんとも言えない、貫禄も何もなかった。

日馬富士も鶴竜もおおよそ横綱らしくない。横綱に限っては自らが引退しないかぎり誰も止められない。 しかしあれだけひ弱な横綱を誰が見たいと思うのだろう。

それに比べて稀勢の里。 この一番で本当に感動した。 もし安倍首相がいれば小泉さんの向こうを張って「痛みに耐えながら・・・・」のコメントを言えて目の前の支持率も上げることができただろうに。

また、琴奨菊も最後まで腐らずよく頑張りました。

モンゴル人でも白鵬や朝青龍くらいならリスペクトもするけど日馬富士も鶴竜も、昇格が早すぎたと思う。 また、もし照ノ富士が今日勝って優勝したとしても先場所はカド番。それでも2場所連続の考え方で行けば来場所が綱取り場所になっていたはず。 カド番あけくらいはその対象外にしてもいいと思うのは私だけだろうか。

稀勢の里は日本の誇り。 横綱推挙のときはザワついたけど、今日の一番でその「ザワザワ」を吹き飛ばしたに違いない。

来場所はじっくり休んでくれてもいいと思う。 その分、高安関、がんばりなさいよ!!(笑)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
たまにお相撲
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

稀勢の里に「漢(おとこ)」を見た。

すみません、多少モンゴル人横綱に偏見があるかもしれません。記事でも書いているように最近ほとんど相撲は観ていないんです。日馬富士に関しては体調がいい場所と全然ダメな場所で差がありすぎるように思うのです。やはり横綱はずっと勝っていてほしい、そういう希望が強いのです。鶴竜にいたってはまったく力強さも感じないし、どうも受け付けません。気に障ったらごめんなさい。

稀勢の里に「漢(おとこ)」を見た。

すいません。これだけ言わせてください。
日馬富士の昇進が早すぎた?この白鵬全盛の時代に全勝優勝2度で横綱昇進、それも含めて9度の優勝(うち全勝3回)のどこが早いのでしょうか。
昨年も年間勝利数2位ですのでちょっとそこだけ納得できませんでした。

こんな記事も読みたい

照ノ富士関の今後について【no title】

変化で照ノ富士が失ったものは、共感である。【幕下相撲の知られざる世界】

稀勢の里よ、見せてくれ。満身創痍で土俵に立つ意味を。【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-iconwakeupgiants

地方在住の巨人ファンです。東京五輪の昭和39年生まれ。スポーツはもっぱらプロ野球でMLBもたまに観ます。サッカーは国際試合に限って観るニワカでしかありません。パソコンは初心者に近いですができるだけいっぱい投稿したいと思います。ネタがないときはしょーもない記事になるかもしれませんがよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:3730
  • 累計のページビュー:1404126

(05月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金本采配との差をこれでもかと見せつけられた屈辱的な試合。
  2. 【開幕前企画】12球団FA事情
  3. 巨人軍低迷の原因~セリーグ2強にならないための方策~
  4. 菊池にやられましたが、勝敗を分けたのはバント。
  5. 巨人は足し算野球。広島は掛け算野球。これじゃ勝てっこない(;^_^A
  6. 広島と巨人の決定的な違いはコレだ!
  7. 巨人の「開幕25人」を予想する。
  8. 阪神・広島、セリーグは2強へ・・・。力の差がはっきり見えた試合。
  9. 果たして今回の補強は正解だったのか。
  10. 長野を2軍に降格できるか?由伸監督の舵取りや如何に。

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss