辛口G党の巨人軍改革委員会

いざ、LA決戦へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近、自分の休みの日には野球がなく、出勤の日には野球がある、そんな最悪なパターンが続いている。 今回のような日本vsキューバの大一番なんかはズル休みでもしたくなった・・・・。 自分のことをつくづく野球バカだなぁと思ってしまう、情けない💦

ということで今回もこんな時間に投稿することになりました。 録画を見ながら深夜に一喜一憂。

山田の目の覚めるような一発で幸先良いスタートを切った日本。 菅野はいきなり初回に得点してくれるなんて、あまり無いことなので調子が狂ったんだろうか? 2回にツーランで逆転。それでも筒香がその裏、同点タイムリー。 これでスイッチが入るはずだが今日の菅野は別人だった。 あまりにも球数を考えすぎたのだろうか、早いカウントでウイニングショットを投げてもことごとくファールされて、苛立ちを隠せないようだった。 4回の一死満塁で三振に取ったまではよかったがその直後2点タイムリーをくらってしまう。 しかし、ここで出たのが小林のファインプレーだ。 一塁走者を三塁で封殺したのは本当に大きかった。プレーそのものは普通の送球。しかし少しでも慌てると球が手につかず暴投となりさらに1点追加ということがよくある。よく冷静に投げられたものだ。菅野の精神状態、あと数球で80球、それらを考えるとイニング途中でリリーフを出さねばならなかった。ところが小林のプレーは日本のピンチの脱出ばかりでなく、キューバの勢いまで止めるビッグプレーだったのだ。 また、スタンバイしていた平野ら投手陣もずいぶん助けた大殊勲だ。

小林のナイスプレーはまだ続く。 同点で迎えた6回増井がつかまり1点勝ち越されるがその裏、一死一塁二塁から初球を同点タイムリー。三遊間が大きく空いていることをよく頭に入っていた。

さて今回のキューバはやはり弱体化していたと言わざるを得ない。 とにかく記録に現れないミスが多すぎる。 6回裏、捕手アラルコンが2つもミス。松田の振り逃げを許す後逸、さらにパスボール。 また、小林のレフト前タイムリーも肩が弱すぎるデスパイネだったからこその1点。

そして決勝点となった8回の攻撃。 松田のショートゴロをファースト・サーベドラが落球。これを契機に一死一塁三塁。代打・内川の犠牲フライが飛び出すがライトのメサはファールエリアに入ったがそのまま捕球して松田を生還させた。(このプレイは仕方ないかもしれないが・・・) また、気落ちしたときのナインをまとめる人間がいない。 これは第1ラウンドでも見られた光景。

さらに、どう考えてもおかしいのは3番のセペダ。 かつての英雄であるからこそ「3番」の打順ではあるが巨人時代とほとんど変わらない「安全牌」で、今大会でもヒットはわずか1本。 1割にも満たない6分7厘。 そんな「お荷物」的打者を3番という重要な位置に置き、さらに指名打者だからデスパイネも守備につかねばならない。 デスパイネ、グラシアルがそのまま3番4番に繰り上げてセペダを代打に回す、これが普通の采配なのだ。 かつての英雄が大会に出るということで「忖度(ソンタク)」したのだろうか。

日本で言えば、例えば松井秀喜が急に気が変わって「今回のWBCは出ますよ。」と言って、そのまま3番・指名打者として出場させるようなもの。するとDHがほかには使えないので山田がセカンドで菊池が出られない・・・と、こんな感じなのだ。 WBCに向けてすんごいトレーニングを積んだからと言って監督がそのまま3番で使うようなもの。

日本人だってそんな松井はもう見たくない。キューバ人だってかつての英雄が全然打てないのに見たいと思うだろうか。 どう考えてもキューバの監督の采配はおかしいのだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Fool-Count【野球の窓】
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【侍日本の風】連日の死闘と勝利! 唯一残念なのは、1万席もの空席…(キューバ戦 8-5)【サムライブルーの風】

【読売丸刈遊戯】小林誠司「ボウズ君の逆襲」【プロ野球死亡遊戯】

1ヶ月ぶりの更新【NY在住!!プロ野球好き】

ブロガープロフィール

profile-iconwakeupgiants

東京五輪の昭和39年生まれ。平成17年再上京。栄光の巨人軍の復活を夢見る親父です。CSは断固廃止、セリーグもDH制導入を提唱しています。記事はあくまでも私見による投稿ですのであしからずご了承ください。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3109348

(07月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 数年後菊池や鈴木誠也を獲りに行くようになるのなら、巨人はヤバいかもしれないと思えるデータが出た。
  2. BS日テレと広島テレビ、2画面同時視聴。そこに野球の「格の違い」を見た。早ければ7月中にも鯉のマジック点灯か?
  3. 金本采配との差をこれでもかと見せつけられた屈辱的な試合。
  4. 無策!無策!無策!高橋監督に忍び寄る凋落の危機。危険水域でBクラス目前。
  5. 【開幕前企画】12球団FA事情
  6. 連敗、連敗、また連敗。茂木を温存される屈辱。浮上のきっかけもつかめない巨人に未来はあるか。
  7. 広島が仮に残り試合を5割でいけば優勝ラインはどうなるか計算してみた。そして過去の広島戦を振り返る。
  8. ローテ編成ミスの影響でついに泥沼10連敗。西武戦から陽岱鋼緊急招集か?
  9. レオくんのバク転の回数は激励の喝。高橋監督が試合終了後に村田ヘッドに「あとは頼みます」って・・・・そんなの言って無いよね💦
  10. 13連敗!このままじゃ選手が壊れてしまう。高橋監督は自分の進退よりも来季以降への置き土産を考えてほしい。

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss