辛口G党の戯れ言

勝ったからって内容が悪ければ意味がない。負けても明日につながる内容なら評価したい。

wakeupgiants

地方在住の巨人ファンです。東京五輪の昭和39年生まれ。スポーツはもっぱらプロ野球でMLBもたまに観ます。サッカーは国際試合に限って観るニワカでしかありません。パソコンは初心者に近いですができるだけいっぱい投稿したいと思います。ネタ もっと見る
  • 昨日のページビュー:15823
  • 累計のページビュー:1432878
  • (05月26日現在)

最新の記事

最初から期待はしてなかったけど、良い負け方ってあるよね。今夜は最悪な負け方です。(# ゚Д゚)

メッセンジャーに大竹。相撲の番付で言えば大関と前頭5枚目ってところかな。 最初から期待はしてなかったし、3タテできるほどの勢いも感じなかったので木曜日の負けはさほど痛いわけではない。 でも負け方ってあるのよねぇ。 大竹は初回大不振の糸井がまさかの1番打者となり、自分が「寝た子を起こしてはいけない」というプレッシャーがかかった。 しかも昨日の最終打席の大飛球は何となく上向きの前兆に見えていたからなお......続きを読む»

2人の背番号7、スランプ脱出のGとどん底のT。それに比例して監督の采配ミスも入れ替わってきた甲子園の不思議な試合。

まずは鳥谷選手に謝らなければならない。顔面直撃のデッドボールで流血。 今季は調子が良かっただけに本当に申し訳ないです。・・・ 吉川光は久々の登板が雨の甲子園。緊張していただろうが先頭の高山が初球を簡単に打ってくれたおかげで落ち着いたようだ。 ほぼ真ん中の甘い球だっただけにこのミスショットは吉川を助けた。 雨で試合が5回で終わるコールドの場合もあり、阪神打線は何か早く決めようと焦ってファーストスト......続きを読む»

小林の決勝打はこうして生まれた。そして菅野と田口の防御率争いは「動」と「静」のコントラスト。いいねぇ♪

菅野がハーラートップの6勝目。 昨年と違い、着実に20勝への道のりを歩んでいる。 そして防御率も田口を抜いて1位に返り咲き。 実に気分が良い! 今日以降も菅野と田口のワンツーでしのぎを削っていけたら一気に優勝の目も見えてくる。 しかしそのためには打線の奮起が必要だ。 とは言え今日は秋山が素晴らしかった。 結局1対0で辛くも勝利。 実際、全体的に言えば秋山の方が内容は良かった。小さなコントロールミ......続きを読む»

田口麗斗は小さな巨人です。

その昔、オロナミンCのCMで毎年ジャイアンツの選手数人が起用されて「オロナミンCは小さな巨人です!」というフレーズで人気があった。 2001年まで起用されたので30代の人までうっすら覚えているかもしれない。 今、その小さな巨人の称号を与えられるとしたら田口くんくらいだろうか。 田口麗斗。身長171cm。実際は恐らく170も無い。しかしTV画面からはそのオーラで175cmくらいに見える。 広島予選で「......続きを読む»

1軍も2軍も同じような試合展開で同じようにDeNAに負けた超みじめな土曜日。

今日もベイ打線は筒香が欠場。マークするのはロペスくらいでプレッシャーの無い楽な投球ができる、投手にとってはおいしい展開。 そんな状況で内海はツーアウト後、3番の宮崎に追い込んでいながら四球。 今日の捕手は小林。実松を期待したが結局小林に逆戻り? 「四球の後の外国人に対する初球」これはもうリトルリーグでもわかってるレベルのイージー問題。 甘く入ると打たれるから二線級投手の場合は外角大きく外すか、もしく......続きを読む»

筒香不在のベイ打線に苦戦してる場合かよ。

すごいゲームでしたね。やりゃぁできるんじゃん(^^) マイコラスはひょっとしたら完全試合?ってペースで完璧だった。 ところが井納も2回長野の併殺で調子を取り戻し、両軍なかなか点が入らない重苦しい展開。 このままだとマイコラスが9回まで完全試合やったのに味方の援護無しで不成立・・・なんてことになったらどうしようとか思っていたら3番荒波のヒットでなんだかホッとした。 変な感じですごく早いペースで......続きを読む»

実は今日からの10日間が潮の変わり目ということをご存じだろうか?運命の10日間で勝ち越せるかがカギ!

今日からDeNA3連戦。最低レベルの3位争いの幕開けだ。 巨人は3連敗するとAクラスから陥落する。 先発は井納とマイコラス。 マイコラスはアウェーに強いが前回の荒れ方からすると横浜スタジアムでもヒートアップするかもしれない。 そこで実松捕手をしばらく起用することを提案する。 昨日の宮國だけでなくあの荒れ球カミネロでさえ、今季初めての1点差の三者凡退となったのだ。しかも打順はヤクルトの中軸だから価値が......続きを読む»

宮國たった3安打で負け投手。これじゃイジメじゃないか?2強はもう確定!セの3位争いは最低レベル。

また負けた。これで貯金ゼロ。 宮國登板の日は打線が沈黙。・・・・チームとして機能してない。 去年までの菅野の場合なら相手もエース格ってことで無援なのは理解できるが宮國の場合は気の毒で仕方がない。 同点になるチャンスはあった。4回裏、二死二塁三塁。当然のように実松敬遠で宮國勝負。 ここで江藤コーチが耳打ちする。たいていこういう場面で言うコーチの助言は「思い切って行け!」くらい。それじゃぁ並のコーチっ......続きを読む»

【THE復活】主役は由規と大松。脚本・演出は高橋由伸。

大竹が初回先頭の坂口が凡退した直後、江川氏が今日の大竹はあまり良くないと評した。 2番の藤井が2塁打、続く山田が技ありのタイムリーでいきなり1点を先制。さらに雄平も続き、由規にこれ以上ない大きなプレゼントとなった。 さすがプロの解説者である。 驚くべきことはTV局のブースの中から見ていてこれだけの分析ができるのだ。 ということは、このような人が巨人軍ベンチにいればどれだけ心強いかってことである。 今......続きを読む»

4点リードでも不安定なカミネロ。そろそろクルーズ昇格を検討させよ。

試合的には文句なしの内容だった。 エース菅野が投げ、4番阿部が先制2ラン。5回にもブキャナンを攻め3点を追加。菅野はバレンティンの一発のみに抑えて5勝目。 しかし、ちょっと寂しい試合でもあった。 8回を終わって91球。ヤクルトの早いカウントでの打撃にも助けられ、余裕で完投できる試合だったのになぜ9回をカミネロにしたのか。 裏事情を知らないので何とも言えないが、カミネロは調整登板だったのかもしれない。......続きを読む»

巨人軍低迷の原因~セリーグ2強にならないための方策~

巨人が広島に勝てない。なぜだろう。 巨人が弱くなって広島が強くなった。それが理由だ。当たり前~♪当たり前~♪当たり前体操♪ 古い!!(笑) 広島が強くなったことについてはこれまでも記事で書いてきたので割愛する。 巨人が弱くなったことについては多少重複するが改めて列挙しておく。 ・FAでのポリシーのない乱獲 補強ポイントに則してない選手を場当たり的に獲得して「選手の危機感を不毛に刺激しただけ」で逆効......続きを読む»

阪神・広島、セリーグは2強へ・・・。力の差がはっきり見えた試合。

ワイドなショーをよく見る。そこで熊本ヴォルターズのことをやっていた。 野球以外ほとんど興味のないおいらがルールも知らないバスケットボールで結構熱くなってしまった自分に驚いてしまった。 やはりスポーツっていいですね。 選手とファンの関係では「勇気の取引」って思うことがある。 選手の熱いプレーに勇気をもらい、ファンの熱い声援に勇気をもらう。 バスケットボールはアメリカではメジャーだが日本ではまだまだマイ......続きを読む»

去年は澤村、今年は長野と心中ですか?そして村田は途方に暮れる💦

マイコラスが立ち上がりいきなり3点を取られた。さらにエルドレッドに特大の一発。 ああ、今日もダメかとガッカリ。 相手は岡田。 あの歴史的な9点差をひっくり返された投手でもあり、それが現在の猛虎打線覚醒の引き金となった、ある意味虎の恋人。 ならば1点でも取ればあの悪いイメージがよみがえる。 そこで出た阿部の2ラン。 これにはマイコラスが勇気づけられ別人のようなコントロールがさえわたった。 ところが6回......続きを読む»

大田がんばれ!石川がんばれ!トレード万歳!

日本ハムに移籍した大田泰示が東京ドームでの凱旋試合でロッテを相手に2本をホームランを放った。 大田はロッテのエース涌井の2球目甘く入ったシュートをレフトスタンドへ放り込んだが、この一発で涌井が崩壊。 近藤がレアードが西川が・・・・次々にスタンドへ放り込む大花火状態。 6点を失いノックアウトかと思ったら5回も続いてマウンドへ上がり、大田に2本目を打たれてようやくお役御免。 大田は忘れられない1日になっ......続きを読む»

台湾で4割超えの23歳・王柏融を獲れ!そしてクルーズをロッテに返してあげなさい!

ナベツネが「新しく獲った3人がいねぇじゃないか!?」と言ったらしい。 相変わらずのナベツネ節が炸裂している。 陽岱鋼は4月11日のスポーツ報知の記事で「5月中には1軍に行きたい」と言ってたらしい。 何かひっかかる。この違和感は何だろう。 台湾出身なので微妙な日本語の使い方ができていないからだろうか。 「5月中には1軍に上げてもらえるような成績を残したい。」 これが理想の言い方じゃないか? 「1軍に......続きを読む»

5本も飛び出す空中戦も0発の猛虎打線に大苦戦。浮かれてる場合じゃないぞ。

昨年の巨人戦の防御率は0.58!こんな投手だったら金本監督は鉄板と考えていた試合。 岩貞は金本の期待をあっさり吹き飛ばした。 初回、四球とエラーで出した嫌な走者。その後二死二塁としたが阿部の「カッキーーーン」でG党はようやく留飲を下げた。 阿部がもしこの回凡退していたらいつもの岩貞に戻っていたはず。 そして大竹がボコられて絶望的な4.5となっていた。 この日の岩貞はまったくボールが制球できずにこと......続きを読む»

金本采配との差をこれでもかと見せつけられた屈辱的な試合。

嫌な予感がした。 先頭の高山にフルカウントから詰まったあたりの2塁打。いきなりのピンチに菅野の表情は冴えず、明らかに動揺していた。 2番の北條はどこかの2番打者と違って初球でバントを決めた。 一死三塁。ここまでは絶好調の菅野だったが、半世紀ぶりの記録がかかったこの試合。 巨人は前進守備を敷いた。おいらはこの時点でもうダメだと思った。 今広島の勢いを止め、乗りに乗ってる猛虎打線相手に初回から前進守備と......続きを読む»

vs阪神で連敗すれば黄信号。巨人は危機感を持て!

明日から首位阪神と2連戦。2連戦は連勝・連敗の可能性があり、2.5ゲーム差が0.5差になることも4.5差に広がることもある。 初戦は当然菅野となりそうだが阪神は秋山だろうか。2戦目が予想される大竹も一発病があり、高橋監督はどんなに大竹が好投してもいつ「一発病」が発症するか不安しかない。 だから何度も継投のタイミングを間違えてしまう。またリリーフ陣が「いつ行けばいいのかわからない」采配が続いているので......続きを読む»

随所に「意味がわからん!!!!」を散りばめた試合。

先日、ノムさんが今の巨人には連敗するイメージが無いと語った。確かに菅野、マイコラス、田口と粒ぞろいの先発投手陣がそれを証明している。 しかし、逆に連勝できる素材が無いとも言えるのではないか? 相変わらず坂本とマギーに「おんぶにだっこ」状態で4番は最近まったく仕事をしていないし、1番2番もイマイチ。 堀内氏が小林に「古田になる必要なんかない」という記事があったが、せめて古田のわずかでもいいから打撃の勉......続きを読む»

3勝目の田口が菅野に追いつくために必要なことは「江川式手抜きのすすめ」

中日が勝てない理由とは何だろう。 6回表、小林の打球は京田の左側を襲った当たりはわずかに取りきれずに外野に抜けた。 記録はヒットとなったが、マウンド上の大野は「あれぐらい捕れよ!」と言わんばかりのガッカリした態度をとった。 京田はまだ1年目。守備力の高い内野手として入団したルーキー。 大野は自ら開幕投手に立候補し、その前向きな姿勢を高く評価した森監督。 しかし開幕から1か月以上経過しても勝利はゼロ。......続きを読む»

中日に勝たせてもらった貧打戦。勝敗のポイントは8回と9回。小林のスクイズ大成功に今日は由伸を褒めるぞ!

何とも形容し難い試合だった。 中日バルデスはまったく打てない投手ではなく、特に右打者の被打率が良くない。そういうこともあって左は立岡と阿部のみ。 それで6番にはまたしても長野。スタメン見た瞬間ダメだと思った、ある意味おいらはG党失格なのかな?(笑) 第一打席、かなりいい当たりだったがセンターフライ。しかしこれは内容のある打撃。この時点で今日は行けるかも?とは思った。 で、第二打席ツーベースが出て調......続きを読む»

不調の長野の降格を薦めない評論家たちの真意

期待の宮國が東京ドームでどんな快刀乱麻のピッチングをしてくれるのかと思ったら2回から別人になった。 結局DeNAの一発攻勢など5失点でKOとなり次回の登板はわからなくなった。 で、試合が敗色濃厚となった9回裏でまたしても代打・長野・・・・。 ストライクを見逃し、ボールを続けて振って結局三球三振。 ここまでひどい状態の長野を今まで見たことがない。 また、ここまでひどい状態の選手を使い続ける巨人の監......続きを読む»

大竹スタミナ切れも辛くも勝利。 今日は日テレのカメラに物申す!

日本ハムに移籍した大田が初めてのサヨナラヒットを打った今日。 巨人時代はきれいな打撃にこだわりすぎて却ってフォームが小さくなってしまうクセがあった。 何としてもくらいつく泥臭さを感じるバッティングでチームに貢献したその姿勢が嬉しかった。 さて、ロペスの豪快なホームランで始まったこの試合。 国内最高の投手菅野の後だと大竹はイメージ的に与し易しという印象を持たれてしまう。 そういう意味では大竹がちょっ......続きを読む»

円熟期の菅野。今年は20勝だ!・・・でも7回代打亀井のコールにはガッカリ?

菅野が3試合連続完投シャットアウト。斎藤雅樹以来の28年ぶりの快挙である。 相手は打撃が上向きのDeNA打線だっただけに価値が高い。 DeNAは巨人の「初顔アレルギー」を狙って濱口を立ててきた。 とにかく投げっぷりがいい投手で巨人は苦戦が予想された。 菅野がテンポよく3人で打ち取った1回裏。 濱口も負けずに立岡、中井と退けた。 ここで坂本。おいらは坂本のIQの高さにびっくりした。 ルーキーでありなが......続きを読む»

フィクションゴシップ【高橋由伸解任のXデー】

ヤクルトに敗れて明日からドームでDeNA戦。菅野がDeNA打線をまたしても完封・・・するのを想像したいが味方の打線が援護無しって気もする。最近めっきりネガティブな考えしかできなくなってしまったが暇つぶしにこんなのを書いてみた。 5月下旬、男性週刊誌もしくはタブロイド紙等で記事として出そうなゴシップを想像したのだ。 ここから先はまったくのデタラメなフィクションとして決して本気にしないで軽い気持ちで......続きを読む»

競り合いに弱い巨人。今こそ一発長打の打てる外国人補強を目指せ!

またしても競り負けた。しかも最下位チームに。 内海はまずまずの内容ではあった。しかし中井のまずいプレイもあってやらなくてもいい失点となった。 もう試合の細かいミスとかは今回あえてしない。 そもそもなぜ競り合いになると勝てないのだろうか。 競り合いの場合、ミスが命取りになるとか継投ミスとかいろいろ言われる。 しかし競り合いに強いチームの共通点は大砲を持ってることだ。 守備のミスなんてプロ集団なんだか......続きを読む»

小川の好投に降参!ってわけで今日は2軍戦観戦記です。(^^)

今季巨人の投手陣はヤクルト相手に1点も取られていない。なら今日は1点取れば80%勝てる・・・そう思っていた。 すると小川が大好きでたまらない立岡がいきなり2塁打。でも結局後続打者が続かず0点。 いやな予感がした。 田口は毎回のようにランナーを出しながらもヤクルトの貧打に助けられた。裏を返せば田口が踏ん張った。さすがだね。 でもG打線はこれからゴールデンウイーク(GoldenWeek)というのにジャ......続きを読む»

巨人が優勝するための条件が見えたこの日。

G党の皆様おはようございます。夜勤から帰宅してビデオをチェック、その後記事を書いているうちに朝になってしまいました。 お待たせしました。巨人が優勝するに必要な条件を述べます。それは後半に書いています。 しばらくしょーもない記事につきあってくださいね。 広島戦で貧打ショーを見せたと思ったら翌日はヤクルトに快勝。 広島はDeNAに負けたため再び1.5差となった。 狭い狭い神宮で石川とマイコラスの投手......続きを読む»

貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打貧打

昨日に引き続き「貧打」で連敗。 まるでブルーハーツのメロディで「ヒンダヒンダ~」って聞こえてきそう。 今日は5点勝負と思っていただろう両チームのファン。ところが1対0という僅差。 勝ち投手の内容だった宮國が負けて、負け投手の内容だった大瀬良が勝った試合。 これは投手戦ではない。 原因は何度も言ってるがチーム力の差。 個人の力に依存する巨人とチーム全体で戦う集団のカープ。 その昔、「野球は一人でもでき......続きを読む»

今日の福井をKOできないG打線は期待薄💦

巨人をふった男・福井と広島を出た男・大竹のマッチアップとなったこの試合。 雨が心配されたが結局定刻通りプレイボール。 今日から1番に立岡、2番に中井と打順を入れ替えたところ、いきなり中井のソロが飛び出して幸先のいいスタート。 今日の大竹は気合十分だった。 しかし試合運びのまずさで大竹がおかしくなった。 2回にも2点を取り、3点リードとなったが塁上で疲れた?大竹がその裏たった3球(ツーベースとタイム......続きを読む»

1 3 4

このブログの記事ランキング

  1. 金本采配との差をこれでもかと見せつけられた屈辱的な試合。
  2. 【開幕前企画】12球団FA事情
  3. 巨人軍低迷の原因~セリーグ2強にならないための方策~
  4. 菊池にやられましたが、勝敗を分けたのはバント。
  5. 巨人は足し算野球。広島は掛け算野球。これじゃ勝てっこない(;^_^A
  6. 広島と巨人の決定的な違いはコレだ!
  7. 巨人の「開幕25人」を予想する。
  8. 阪神・広島、セリーグは2強へ・・・。力の差がはっきり見えた試合。
  9. 果たして今回の補強は正解だったのか。
  10. 長野を2軍に降格できるか?由伸監督の舵取りや如何に。

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss