Woman's SHAPE official blog

【岡部友 筋膜リリースセルフストレッチで一生使える筋肉を目指す。】

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Woman's SHAPE & Sports vol.06」の内容をちょっとだけご紹介!!


w-shape-365456.jpg



「筋膜リリース?」 
聞き慣れない言葉ですが、
怪我を防ぎ、健康的な日々の生活に欠かせないのは筋肉のケア。
トレーニング時はしっかり収縮し、
リラックス時は柔軟性のある、
良質な筋肉づくりには欠かせません。



取材・文_吉川明子   撮影_寺澤有雅
text=Akiko Yoshikawa  photo=Ariga Terasawa


w-shape-365457.jpg




できていますか?
筋肉の正しいお手入れ

――日常生活などで、凝りや痛みなどの悩みを持つ人が多いですよね?

岡部 体はパソコン作業などのクセのある日常動作や、
同じ姿勢を長時間続けていると、少しずつ姿勢が乱れ、
凝りや痛みの原因になります。
実はトレーニングも同じ。
メンテナンス不足だと、長時間同じ姿勢を続けた時と同様に、
筋肉の収縮状態が続いてしまいます。
すると、筋肉周りの酸素や栄養不足を招き、
疲れが取れなくなったり、可動域が狭くなり、
怪我をしやすくなってしまうのです。

――そこで必要なことは何ですか?

岡部 何と言っても、しっかりしたケア! 
もちろん筋トレは大切ですが、
十分なケアがなければ筋肉が常に緊張状態になってしまい、
腰痛に悩まされたり、可動域が狭くなってしまいます。
ケアなしでは知らず知らずのうちに硬くなり、
気づいたときには痛みとして表れます。
みなさんも腰が引っ張られる痛さや、
肩甲骨の間が凝り固まったという経験はありませんか? 
筋肉の柔軟性に欠けると、怪我もしやすく、
体も変わりにくくなります。
いい筋肉とは、トレーニング時はしっかり収縮でき、
リラックスしている時は柔らかい状態になるもの。
闇雲に筋トレするのではなく、
柔軟性に富み、質のいい筋肉を維持することで、
ワンランク上のキレイを目指していくべきです。

――岡部さんが推奨する筋膜リリースですが、どういうものですか?

岡部 硬くなった筋肉を柔らかくしようとして、
無理に強い力で揉んだり押しても、
気持ちの上では満足感を得られても、
むしろ筋肉は収縮してしまいます。
筋肉には、反射的に縮もうとする性質があるからです。
また、時間をかけてストレッチをしても、
硬い筋肉をうまく伸ばせなかったり、
筋肉の周りにある筋膜や腱、靭帯や関節に阻まれ、
効果が充分に得られないことがあります。
さらには筋肉や筋膜の癒着が起こり、
筋肉の収縮自体がうまくいかなくなってしまうのです。
筋肉は筋膜という膜に包まれています。
筋膜自体を緩め、ゆがみやねじれを直すことで、
筋肉のよりよい伸縮を促します。

――通常のストレッチとの違いは?

岡部 一般的なストレッチは、筋肉を一時的に伸ばしているだけ。
もし急に引き延ばすと、筋肉は反射的に縮む力が働き、
結果的にさらに筋肉が縮んでしまうのです。
一方、筋膜リリースですと、筋肉全体の緊張を緩め、癒着を改善できます。
通常のストレッチと組み合わせることで、
さらなる効果が期待できます。

――具体的にはどうやるのですか?

岡部 硬くなった筋肉の中心部に、ストレッチポールなどの器具を当て、
痛みを感じる「トリガーポイント」に、垂直に圧をかけます。
これは、筋繊維内に埋め込まれた塊のように感じられる部分のことです。
ここに対して、最初はゆっくりと表層部分に働きかけ、
その後、適度な持続圧で少しずつ圧を与えながら、
深部まで緩めていきます。
本当に凝っていると、少しの圧で激痛を感じることもあります。
そこは時間をかけて重点的にやるポイント。
徐々に体重をかければ確実に緩みますし、
毛細血管やリンパ腺へのダメージを防げます。

――ケアの重要性とは?

岡部 せっかく頑張って筋力トレーニングを
ライフスタイルに取り入れようとしても、
怪我をすれば一時中断せざるを得ません。
それがきっかけでやめてしまうこともあります。
キレイな身体を目指してトレーニングしているみなさんはとてもステキで、
そのモチベーションだけでも素晴しいのに、
筋肉の凝りや痛みのために止めてしまうのはもったいないです!
普段からトレーニングと同じくらい
筋肉ケアをしておくことが大切です。
お風呂上がりにローションを塗って、お肌のお手入れをするのと同じ。
少し手をかけるだけで、
フィットネスをずっと続けていける状態を維持できるのです。

――トレーニングのための日々のケアなんて、奥が深いですね。

岡部 日々のケアは良質のトレーニングにもつながり、
身体も変わりやすくなります。
見た目だけでなく、質のいい筋肉を目指して、
より美しいカラダを目指しましょう。
また、歩く、座る、動くといった日常的な動作も
楽になっていくはずですよ。



Tomo Okabe
1985 年12月6日、神奈川県出身。
パーソナルトレーナー。
高校卒業後アメリカへ。
フロリダ大学運動生理学部解剖学専攻。
在学中、NSCA-CSCS、ACSM-CPTなど
アメリカスポーツ医学公認のパーソナルトレーナー資格を取得。
帰国後は女性専用のボディメイクトレーナーとして、
女性の体作りからライフスタイルをサポート。
雑誌監修、フィットネスモデルも行なう。
現在も最新のトレーニングを学びに、定期的に渡米している。
【オフィシャルサイト】 
【オフィシャルブログ】 



w-shape-363692.jpg


詳しい筋膜リリース方法は 『Woman's SHAPE & Sports vol.06』 をご覧ください!!




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
新刊情報
タグ:
岡部友
筋膜リリース
セルフストレッチ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconw-shape

  • 昨日のページビュー:112
  • 累計のページビュー:843765

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【議員秘書とボディビルの両立 水間詠子☆後編☆】
  2. 【岡部友 筋膜リリースセルフストレッチで一生使える筋肉を目指す。】
  3. オールジャパンフィットネスビキニ
  4. オールジャパンボディフィットネスレポート
  5. 引退も覚悟した大ケガからの復帰「栗原恵」の決意
  6. 【編集日記】 ボルダリング日本代表・野口啓代さんと大澤直子さんを取材しました!
  7. 【大会結果】関西ミスボディフィットネス&ミス健康美関西
  8. 田代誠選手の食事を試してみました
  9. 初心者のためのマシントレーニング入門~外転筋群&内転筋群~
  10. 【あやまん監督が、「格闘技をやって本当に良かった」と言う理由】 ※記事追加あり

月別アーカイブ

2017
01
2016
12
09
06
05
03
01
2015
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss