バレーボールのデータを分析するブログ。

名前はまだ無い

vvvvolleyball

関連サイト:野球の分析

はじめまして  バレーボールのデータ分析をしていきます。  目標読者3人をめざして頑張ります。  コメント・トラックバックはご自由にお願いします。  ご意見ご感想等何かありましたら下記のアドレスまで  v もっと見る
  • 昨日のページビュー:49
  • 累計のページビュー:476274
  • (02月23日現在)

最新の記事

カテゴリ間の「連続性」について

はじめに  このブログでは主にVリーグのデータやワールドリーグ・グランプリといった、所謂トップカテゴリのデータを用いて分析しています。なぜトップカテゴリのデータなのかというと、記録が公開されていて使いやすいからです。  ところで、このブログで分析しているようなトップカテゴリでのデータ分析の結果は、他のカテゴリ、特に高校や中学校といった年齢的に下のカテゴリにおいてどの程度あてはまるのでしょうか? ......続きを読む»

「いろいろな考え方がある」その先に

はじめに  なんだか久しぶりの更新です。更新をさぼって何をしていたかというと、まぁ色々とやっていたのですが、ひとつイベントとして昨日開催された日本バレーボール学会に参加してきました。そこで、たまには感想文でも書いてみようかという気持ちになりました。  事前に大会のプログラムを読んだり、大会当日のお話を聞いていて思ったのが、「諸説ある」とか「いろいろな考え方があります」という言葉を聞いて、色々な説......続きを読む»

ミス・ミス・ミス

はじめに これはバレーボールに限ったことではないのですが、試合後のインタビュー、特に負けた試合の後では「あの時のミスが云々、次はミスをしないように」といった話になることが多いように思います。 ところで、ミスは無い方がよいのは疑いようもない事実ですが、バレーボールではどのくらいの頻度でミス無くゲームを終わることができるのでしょうか? 「ミス」と一言でいってもいろいろとあるわけですが、今回は「記......続きを読む»

レセプション成功率とアタック決定率 e-Volleypediaにて

はじめに  久しぶりの更新ですが、e-Volleypediaというところに記事を書いたことを紹介させてください。  e-Volleypediaとは何ぞやというと、読んで字の如くバレーボールの知識の集積を行うWeb上のサイトです。現在品薄で入手が難しくなっているバレーボール百科事典「バレーペディア」の内容もることができて便利なサイトなのですが、既存の知識だけではなく、新しいテーマについても議論し......続きを読む»

ブロックから見た「ハイブリッド6」

はじめに  今回は先日終了した世界選手権女子2014の考察、第3弾になります。何を突然第3弾かと思われるかもしれませんが、バレーボールワールドで既に第1弾としてアタックの配分データをアップしています。ちなみに、第2弾の原稿は2週間ほど前に送ったのですが、まだ掲載されてはいません。というわけで、一足先に第3弾をアップします。  今回のテーマはタイトルにもあるようにブロックから見た「ハイブリッド6」......続きを読む»

ライブスコアの分析始めました

はじめに  ご無沙汰しておりました。久しぶりの更新です。  コツコツ進めていた作業がひと段落ついたので、今回はその報告です。タイトルにもあるように、Vリーグのライブスコア(Vスコア)を分析データとして利用できるように作業していました。今回はこのデータの仕様について作業記録を残しておこうと思います。 ライブスコアとは  ライブスコアとは、Vリーグの公式サイトにおいて、試合中にリポートされる以......続きを読む»

ワールドリーグ2014 後半戦の対戦相手別の成績まとめ

はじめに  ワールドリーグ後半戦のデータをまとめましたが、後半の対戦相手、アルゼンチン・フランス・ドイツ別にデータをまとめると冗長になるので、対戦相手別の成績については、こちらにまとめておきたいと思います。  基本的なデータの見方は、後半戦のまとめと同じです。 アタック  まずはアタックのデータを以下の図1-1から図1-3に示します。  図はアルゼンチン・フランス・ドイツ戦の順......続きを読む»

ワールドリーグ2014 後半戦の成績まとめ

はじめに  2014年のワールドリーグの全日本チームの日程が終了しました。最後に1勝できて良かったと思います。しかし、兼ねてより「結果よりも内容」ということをここでは主張しているので、最後の1勝もあくまで結果の1つと割り切って、試合の内容としてデータを確認していきたいと思います。  というわけで、前回までにワールドリーグ前半6試合の結果をまとめたので、今回は後半6試合のデータをまとめます。例に......続きを読む»

ワールドリーグ2014 勝手に中間報告

はじめに  前回までは、ワールドリーグのデータを試合ごとに整理してきましたが、今ちょうど折り返しのところなので、ここまでの成績をまとめてみようと思います。 といっても、6試合分のデータを合計して前回までのデータベースに並べてもあまり面白くはないので、今回はアタックの配分について見ていきます。 アタックの配分データ  アタックの配分とは、チーム全体のアタックの打数に対する各選手の打数の割合で......続きを読む»

ワールドリーグ2014 日本-アルゼンチン戦の結果について

はじめに  今回はアルゼンチン戦のデータをまとめておきたいと思います。連日のアップは少々しんどいのですが、この手のデータは速報性が重要かと思いますので、昨日の今日でアップします。  試合の結果は以下の通りです。  結果としては例のごとくまた2連敗です。ところでJVAはこのアルゼンチン戦の前には、この2戦の結果次第ではまだ上位進出の可能性もある的なことを書いていました。確かに、希望を失って......続きを読む»

データを出せば良いってものではない

はじめに  今回は、JVAのFacebookよりアルゼンチン戦を控えた6月4日の記事です。Facebookなんですが読めるでしょうか?  内容はともかくとして、今回注目したいのは、 また、ここまで最多得点を挙げているのは、龍神NIPPONは清水邦広選手(53点)で、アルゼンチンは背番号7番のファクンド・コンテ選手(47点)です。  という一文です。選手の近況を報告したわけで、記事の趣......続きを読む»

ワールドリーグ2014 日本-フランス戦の結果について

はじめに  先日のドイツ戦に続き、今回はフランス戦のデータをまとめておきたいと思います。結果は以下の通りです。  たった何週間かで劇的に変わるわけがないので、今回の結果も想定の範囲内なのですが、やっぱり負けが込むと悔しいものですね。“目先の結果に左右されずにチームを評価する”というのは“負けが続いても歯を食いしばって我慢する”という意味でもあるわけです。  この我慢する力は、監督の人事を左......続きを読む»

ワールドリーグ2014 日本-ドイツ戦の結果について

はじめに  すったもんだの監督人事の末に、南部新監督となっての初めてのワールドリーグが始まりました。初戦となるドイツ戦は以下の表1に示すスコアで2連敗となったわけです。  まぁこれは想定の範囲内だと思います。現状、監督と選手を入れ替えたくらいで事態が簡単に好転するような状態ではないからです。目先の結果を求めて現場に責任を求め、安易な監督交代を繰り返しながら転落していく、というのは......続きを読む»

データから見るバレーボール 第8回

はじめに  今回は、新しいCoaching & Playing Volleyball(CPV)の92号のお知らせです。毎度毎度告知ばっかりで申し訳ないのですが、まとめてやってしまわないと忘れてしまうので連日の投稿お許しください。  今回の「データから見るバレーボール」のテーマはセッターのサーブです。前回のテーマはセッターの仕事は、サーブレシーブの良し悪しによって左右されるというも......続きを読む»

世界標準のバレーボール

はじめに  先日ジャパンライムという会社から発売された、 『 テンポ 』 を理解すれば 、 誰でも簡単に実践できる !! 世界標準のバレーボール  というDVDに、データ解析という形で参加しました。内容全体から見ればほんの少しだけではありますが、折角参加したことだし、リンクをつけておきましたので興味のある方は見ていただければと思います。DVDの内容としては、講義と実技からなり、この......続きを読む»

五輪に出場するレベル

はじめに  先日バレーボールワールドに「ゲーリー・サトウ氏インタビュー」が掲載されました。監督を退かれてから彼の言葉を聞きたいと思っていた人は多いと思うので(私もその中の1人)、とても良いインタビューだったと思います。  今回は、このインタビューより1文を引用して少々考えてみたいと思います。その1文とは、 “4位に終わったアジア選手権-イラン、韓国、中国、日本は、非常に僅差で別の順......続きを読む»

サーブレシーブ成功率とアタック決定率の関係

はじめに  今回のテーマはタイトルにもあるように、サーブレシーブ成功率とアタック決定率の関係について考えてみたいと思います。  考えてみたいといっても既にデータがあるのでまずはそれを確認したいと思います。以下の図1-1と図1-2にデータを示します。  これは、Vプレミアリーグ2006/07大会から2013/14大会までのレギュラーラウンドの試合結果より、男子852試......続きを読む»

セットカウントに見るリーグの“質”

はじめに  今回はVリーグの2013/14大会までのデータをまとめ終えたので、さらっと大会ごとのセットカウントの内訳をまとめてみたいと思います。  セットカウントには、3-0・3-1・3-2・2-3・1-3・0-3の6種類がありますが、チーム間の実力差が大きい場合にはセットカウント3-0・0-3であっさり決着がつくのに対して、実力が拮抗していれば3-2・2-3までもつれやすくなります。 ......続きを読む»

「高さ」で劣るから勝てないのか?

はじめに 「日本人は外国人と比べて高さが~云々……」  というセリフはもう耳タコでうんざりなんですが、一方で、  ・高さで優ることでどれくらい有利になるのか?  ・日本は高さに劣ることでどれくらいの不利を蒙っているのか?  という具体的な話をちゃんとしてくれる人はいません。ここでいう「高さ」というのは主に身長という意味で使われることが多いと思いますので、今回も身長という意味......続きを読む»

データから見るバレーボール 第7回

はじめに  今回は、新しいCoaching & Playing Volleyball(CPV)のお知らせです。前回は忙しくて紹介している暇がなかったので、今回はちゃんと紹介しておこうかと思います。  というわけで、今回の「データから見るバレーボール」はセッターの評価としてのRunning Setsです。Running Setsとは、ブロックが1枚、または0枚となったセットを記録し......続きを読む»

グラチャン2013“私的”スカウティングリポート Part.7

はじめに  今回はグラチャンのレポートです。前回のレポートではチームのブロックについて見てみましたので、今回は個人のブロック成績を見ていこうと思います。  というわけで、データを見ていきたいのですが、以前も指摘したように、ブロックの個人成績を評価することはなかなか難しい問題です。アタックやサーブだと、何本打って、得点は何点で失点は何点という記録があるのですが、ブロックにはそれがないからで......続きを読む»

続・アタック効果率について(2014/02)

はじめに  今回も前回に引き続きアタック効果率について、 バレーボールファンのひとりごとさんの記事に対する回答ということでまとめたいと思います。  前後関係については、申し訳ないのですが、前回の記事と、リンク先とのやり取りを見てもらわなければならないのですが、主となるテーマは、正確なアタック効果率を計算できないVリーグにおいて、  アタック効果率T=[得点-失点(被ブロッ......続きを読む»

アタック効果率について(2014/02)

はじめに  先日、縁がありまして「バレーボールファンのひとりごと」というサイトと相互リンクを結ぶことになりました。  このリンクを結ぶきっかけになったのが、Vリーグにおけるアタック効果率の計算についてなのですが、今回はこのアタック効果率について、思っていることを書いてみたいと思います。  アタック効果率とは、このブログでも度々取り上げてきましたが、アタックを得点からだけでなく失点も......続きを読む»

グラチャン2013“私的”スカウティングリポート Part.6

はじめに  久しぶりになりましたが、グラチャンのデータを分析していきます。前回に紹介したように、全日本チームのブロックに関するデータの報告はあるのですが、分析が稚拙過ぎて全く役に立つものではありませんので、自分で分析していこうと思います。  余談になりますが、データ分析の上達のコツとして「たくさん失敗すること」があります。言われたことを言われただけやるよりも、いろいろとやってみて、失敗し......続きを読む»

「EBV」のススメ データ分析 編

はじめに  今回は「EBV」の案内の3回目です。テーマは「データ分析」です。データ分析には数学的なスキルが必要となってくるわけですが、そんなになくてもできることはありますよ、ということを紹介していきたいと思います。 データ分析に必要なこと  当然ですが、データ分析をする上で数学・統計学のスキルはあったほうがいろいろと便利です。スキルのレベルは高ければ高いほどできることは......続きを読む»

「EBV」のススメ データ収集 編

はじめに  今回は「EBV」の案内の2回目です。今回のテーマは「データ収集」です。データがなくては何も始まらないので、「EBV」の土台ともいえる部分です。この分野では、「データバレー」というソフトが有名ですが、バレーボールのデータはそれだけではありません。  私たちのような一般のファンがデータを集めるようなことはなかなか難しいことではありますが、それでもできること、やっておくべき......続きを読む»

グラチャン2013“私的”スカウティングリポート Part.5

はじめに  前回までは、全日本女子の攻撃面について分析してきましたが、今回よりディフェンスの評価をやっていこうと考えています。MBを1人削って本職ではない迫田選手をここに当てているので、ブロックやディグに問題が生じたりはしていないかを確認していくことが目的です。 既に分析されてました ところで、この件については既に検証がなされています。以下のリンクより読めます。 新戦術「......続きを読む»

「EBV」のススメ 企画・発案 編

はじめに  先日、“これから「EBV」の話をしよう”という内容のエントリーを書きました。データをただ集めるだけではなく、きちんと利用できるように整理しようということなのですが、今後の発展のためには、競技人口を増やすことが重要となります。  しかし、「では皆さんもどうぞ」といわれても気後れされる方も多いのではないかと思います。データ・統計学・数学といわれても苦手に感じる人も多いでしょう。 ......続きを読む»

グラチャン2013“私的”スカウティングリポート Part.4

はじめに  今回前回分析した、MBへのアタックの配分とその他のデータの関連を分析してみたいと思います。  以下のデータが、全日本女子チームの試合別のMBへのアタックの配分率になります。アタックの全打数に対して何%打ったかを示しています。  たった5試合のデータしかないので、法則性を見つけるようなことはできませんが、細かくデータを見て、いろいろと議論するには最適なサンプル数か......続きを読む»

これから「EBV」の話をしよう

はじめに  個人的な話になりますが、このブログに加えてバレーボールワールドというサイトで、 Evidence-based Volleyball事始め  という連載をしています。今回のタイトルの「EBV」とはこのEvidence-based Volleyballの略称です。  しばらく前から連載しているのですが、そういえばここできちんと解説をしていなかったということで、改めて「......続きを読む»

1 3 4 5

このブログの記事ランキング

  1. “はやい”トスは決まりやすいか? -全日本女子 佐野優子選手のトスの“はやさ”について-
  2. アタック決定率と効果率のはなしをもう一度
  3. ミス・ミス・ミス
  4. 日本人選手の体格は外国人と比べてどれくらい劣っているのか
  5. 木村沙織選手のサーブレシーブ成功率と東レアローズの勝敗の関係について
  6. 素人の分析はバレーボールを変えるか?
  7. ライブスコアの分析始めました
  8. グラチャンの折り返しと“新”戦術論
  9. あなたはいつバレーボールをはじめましたか?
  10. 「いろいろな考え方がある」その先に

このブログを検索

月別アーカイブ

2016
03
2015
09
02
2014
11
08
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
09
08
07
06
05
04
03
02
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss