舞浜宣言

FC東京U-18 - 流通経済大柏高(U-18プレミアリーグEAST第11節)

このエントリーをはてなブックマークに追加


F東京U-18 3-1 流経柏(9/4 15:30 東京ガス武蔵野苑多目的グランド)

 3位の東京と最下位の流経柏の一戦。他会場では首位・市船と横浜F・マリノスユースの試合が30分早く開始されている。その他、11時に行われた試合で2位・青森山田高が大宮アルディージャユースと引き分け。東京が勝てば、市船の結果次第では首位に立つかもしれない。一方、最下位とはいえ8月のインターハイでは青森山田も破っている流経柏としても負けられない。

 開始10分。流経柏は左クロスからMF関大和がミドルを打つもゴール上。15分には右サイドのフリーキックからFW河西守生が飛び込むが、東京GK波多野豪が防ぐ。得点奪えずも、立ち上がりは流経柏のペース。しかし33分。東京のミドルが流経柏ゴールのポストを叩くと、こぼれ球をMF伊藤純也が押し込み先制。東京リードで前半を終える。

 後半も東京が攻めるが、流経柏もカウンターから怒濤の攻撃を見せるなど同点を狙いにいく。57分に東京はMF久保建英を投入。直後には好位置でのフリーキックを直接狙うも、流経柏GK西村紘一が追加点を防ぐ。だが68分にMF内田宅哉のゴールが決まり、東京が2点差。流経柏は苦しくなるも、1分後に河西が決め1点差に詰め寄る。残り時間も多く同点の期待も高まりそうな展開だが、東京もここは集中どころ。スコアは動かず時間が経過していく。そして82分、85分と久保の際どいシュートが流経柏ゴールを襲い、東京が追加点の雰囲気を漂わす。すると流経柏は87分にPKを与えてしまい、東京MF生地慶充がこれを決めて再び2点差。流経柏も残りわずかの時間でゴールを目指し、終了間際にはPKも獲得するが得点ならず。このまま3-1でタイムアップ。

 他会場の結果は市船が2-3で敗戦。ハーフタイムに0-3で負けている情報が流れた時は東京の会場もざわめいた。後半には2点を決めた市船が追い上げを見せたようだが、追撃実らずこれで東京が首位浮上。とはいえ上位陣の差はわずか。これからは首位攻防戦が盛り上がりを見せそう。試合後にはクールダウンをする選手らに、東京サポが日本代表戦でお馴染みの「バモニッポン」のチャント。この試合を最後に東京MF平川怜と久保がアジア選手権に向けたU-16日本代表の活動に参加する。しばらくチームを抜けることになるが、2大会ぶりU-17W杯を目指す戦いに挑む2人も快く旅立てることだろう。こちらの戦いも注目だ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
観戦記
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

グランパス視点の天皇杯 MIOびわこ滋賀VS関西学院大学【赤の血潮と、青の魂】

グランパス視点の天皇杯、札幌VS筑波大【赤の血潮と、青の魂】

横浜F・マリノスユース - 柏レイソルU-18(U-18プレミアリーグEAST第10節)【舞浜宣言】

ブロガープロフィール

profile-iconvolare2014x

  • 昨日のページビュー:30
  • 累計のページビュー:61079

(03月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 横浜F・マリノス - ジェフユナイテッド千葉(練習試合)
  2. 日本代表千葉合宿
  3. ジェフユナイテッド千葉 - 中央大学(練習試合)
  4. U-21日本代表 - 全日本大学選抜(練習試合)
  5. ジェフユナイテッド千葉 - 順天堂大学(練習試合)
  6. U-20日本代表候補 - FC東京(練習試合)
  7. 流通経済大柏高 - 作陽高(全国高校サッカー選手権1回戦)
  8. ジェフユナイテッド千葉 - ジョイフル本田つくばFC(練習試合)
  9. - 浦和レッズ(天皇杯2回戦)
  10. - 全日本大学選抜(練習試合)

月別アーカイブ

2017
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss