舞浜宣言

東福岡高 - 市立船橋高(全国高校サッカー選手権大会3回戦)

このエントリーをはてなブックマークに追加

東福岡 0-0(PK4-3) 市船(1/3 12:05 フクダ電子アリーナ)

 夏の高校総体決勝と同一カードとなったフクアリでの3回戦第1試合。この注目の一戦を見ようと現地には両校応援団を始め、早くから多くの観客で賑わう。試合まで30分を切った頃、市船側の応援席では吹奏楽やチアリーダーによるパフォーマンスで盛り上がった。しかし華やかなこの地元の応援の一方、東福岡側も野太い声援で応戦。迫力満点の声量が、場内に緊迫感を醸し出す。九州男児の集う男子校生徒からなる活気溢れる応援に、市船の声援も瞬時に掻き消される。ホームの利を得るはずの市船だが、グラウンド外の勝負ではやや劣勢。ほどなくして選手らがグラウンドに登場し、観客席がより一層盛り上がる。互いに大会序盤の大一番との意識も強かろう一戦は、会場の熱気も高まる中で幕を開けた。

 最初の好機は5分。市船に来た。前日の2回戦で正確なキックから快勝劇の立役者となったMF工藤友暉が、強豪とのこの試合でも落ち着いたプレーを披露。前線に浮き玉パスを通すとMF押尾大貴が左足で狙い、ゴールならずも勢いをもたらす。押尾は2分後にも遠目からロングシュートを放つが、東福岡GK脇野敦至も難なくこれを抑える。市船はワントップの矢村健が後方から味方のパスを引き出し、次々とチャンスを作り出す。しかし東福岡もGK脇野を中心とした守備陣の対応で市船に決定機を与えない。24分には右サイドからの押尾のクロスに矢村が飛び込むが、相手DFにぴたりと付かれてシュートを打てず。そしてこのクロスがファーに流れ、逆サイドから走り込んだ市船の左MF古屋誠志郎がダイレクトで狙うが、東福岡の右MF三宅海斗がすかさずコースに飛び込んでこれをブロック。激しいぶつかり合いに、スタンドからも拍手が送られる。市船が押し込む場面が多いが、東福岡に点を割らせる雰囲気はない。東福岡も36分にチャンスが到来。前日の2回戦でハットトリックを達成したFW餅山大輝が市船DFの隙を狙い、ゴール前で左足シュート。だが市船GK寺尾凌も鋭い反応でこれを阻止。その後も息をつかせぬ展開のまま前半が終了する。

 後半になると51分。市船が先に選手交代に動く。主将のMF椎橋慧也を下げ、FW永藤歩を投入。快速が武器のストライカーに前線を託す。56分にはハーフウエーライン付近からのFKを、距離がありながらも工藤がハイボールを供給。長い長いロングパスが正確にゴール前へ届き、センターバック杉岡大暉がヘディングで狙うがクロスバーを直撃。あと一歩までいくものの、惜しくも得点ならず。PK戦もちらつき始める70分。永藤がドリブルで持ち込んでシュートを放つが枠の外。しかしながら、このFWのスピードが驚異となりそうな時間帯だ。そして終了間際の79分。市船は右サイドから攻撃を仕掛け、ゴール前へ送られた決定的クロスに永藤が反応。だが僅かに届かず、ボールはゴール前を通過していく。そしてこれを最後に決定機は訪れず、80分の試合時間が終了した。

 試合の終わりを告げる主審の笛が鳴った直後、場内は大きな拍手で包まれた。得点なしの0-0でPK戦突入。サッカーの見所は得点場面とはよく言われるが、得点以外にも多くの見せ場のあった激しい攻防に観客らが応えた形だろう。間もなく始まったPK戦は、後攻市船2人目の工藤が失敗。正確なプレースキックで好機を量産した名手だが、U-18日本代表にも名を連ねる東福岡GK脇野に防がれた。その後は互いに成功を続け、迎えた市船4人目は永藤。仲間らの列を離れ、ひとりボールへ向かう背番号10。外せば負けるという状況に市船の青いユニフォームも重なれば、1994年のワールドカップ決勝のPK戦でボールを置くイタリア代表FWロベルト・バッジョの後ろ姿にも似る。「PKを外すことができるのは、蹴る勇気を持った者だけ」というファンタジスタの名言はその時の失敗から生まれたものだが、もっともそれは今の高校生の生まれる前の出来事。永藤は冷静にネットを揺らし、勝負の行方は運命の5人目へ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
観戦記
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

大津高 - 前橋育英高(全国高校サッカー選手権大会2回戦)【舞浜宣言】

米子北高 - 市立船橋高(全国高校サッカー選手権大会2回戦)【舞浜宣言】

高校選手権の地域別の初戦成績と対戦成績(07年度以降)【Soccer D.B. 管理人のブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconvolare2014x

  • 昨日のページビュー:297
  • 累計のページビュー:60417

(03月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 横浜F・マリノス - ジェフユナイテッド千葉(練習試合)
  2. 日本代表千葉合宿
  3. ジェフユナイテッド千葉 - 中央大学(練習試合)
  4. U-21日本代表 - 全日本大学選抜(練習試合)
  5. ジェフユナイテッド千葉 - 順天堂大学(練習試合)
  6. 流通経済大柏高 - 作陽高(全国高校サッカー選手権1回戦)
  7. U-20日本代表候補 - FC東京(練習試合)
  8. ジェフユナイテッド千葉 - ジョイフル本田つくばFC(練習試合)
  9. - 浦和レッズ(天皇杯2回戦)
  10. - 全日本大学選抜(練習試合)

月別アーカイブ

2017
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
09
08
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss