2030年にサッカーワールドカップ優勝を

FIFA U-20ワールドカップ  日本代表第二戦 ウルグアイ代表 予想および結果

このエントリーをはてなブックマークに追加

第2戦 対ウルグアイ 1-1 △

日本がポゼッションを高めてウルグアイのカウンターサッカーに負けずに粘り強く戦う。

前半は両者とも得点無く0-0

後半に、日本代表がCKから岩崎が得点を決め先制する。

後半20分から久保登場する。

しかし、カウンターから南米王者の意地の1発を決められ同点にされる。

久保にあった惜しいチャンスを決めきれず、1-1でタイムアップ。

勝ち点4で得失点差で首位を守る。

投稿したのですが、中身がないとアップできませんでした。

5/27

予想は当たらず、0-2 と完敗でした。

ウルグアイにとっては完璧な勝利でした。

日本はエース小川が前半15分で負傷退場した。

ここが大きなポイントのひとつ。 内山監督は、スクランブルで久保を投入しました。 勝負の分かれ目のひとつでした。 2世代下の久保を前半の早い時期から使うのは采配ミスでしょう。

田川というワントップを張れる選手を入れなかった。前半だけでも彼を使っていれば、満を持して後半から久保という切り札を使えた。

もう一つは決定力の無さ。

後半 GKがはじいた後の久保のフリーのヘディングシュートが枠へもいかなかった。焦りから何千回と練習しているはずのジャンプヘッドが正面へ飛ばなかった。 これが、世界大会のプレッシャーなのでしょう。ゴール前7,8メートルから手を使えないディフェンダー1人で守るゴールマウスへいかなかった。

キャプテン堂安のヘディングシュートは、久保の強烈なシュートをはじいたGKのこぼれ球でした。これは、ゴールの右半分ががら空きの状態でそちらへ飛ばせば間違いなく得点というシーンでした。 なぜか堂安は体を捻ってわざわざGKがいる左側へヘディングシュートを打ち、この試合最高の得点機を逸しました。 これも、世界大会の見えないプレッシャーだったのでしょう。

どちらかがゴールになっていれば、引き分けという予想も当たったかもしれず残念でした。

3戦目で勝ち点を取って決勝トーナメントに勝ち上がりを期待します。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
FIFA U-20ワールドカップ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

U-20W杯 ウルグアイはしたたか?大人のサッカー?日本は組織力がある?【サックスブルーと共に】

ウルグアイ戦(Uー20) 【 この試合を経て次の試合で成長しているかどうか。 】【FCKSA66】

2017:U-20W杯:グループステージ:2節:中立:vsウルグアイ「エースの怪我というアクシデントで失った流れを盛り返すも勝利には届かず」【蹴鞠談議2】

ブロガープロフィール

profile-iconvissel777

誰かが思わなければその思いは成就することはない。
いつかは「ワールドカップ 優勝国 Nippon」というのを理想に掲げています。

2012年、選手達はブラジルワールドカップ優勝を目指しています。
現実のところ、ザッケロー二監督にはベスト8を果たして欲しいと思ってます。

次のステップは、公式大会で世界のトップ10から勝ち点を取ること

2016年、ロシアワールドカップの出場権をハリルホジッチ監督のもと、獲得すること
  • 昨日のページビュー:10
  • 累計のページビュー:301499

(06月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 因縁の地 ドーハでイラクに勝利 メンバーは飛車、金、銀抜きで
  2. フランスに1-0で勝利 ザックジャパン・1つの壁を突破
  3. 東アジアカップ代表 隠し玉は南野拓実
  4. 日本の作戦が100%嵌ったスペイン戦の歴史的勝利 1-0で充分です
  5. ロシアの大物監督が辞任 日本代表の'14以降の後任候補にどう?
  6. ロンドン五輪で世界のサッカー界における現在の日本の立ち位置が明確になった
  7. ガンバ新スタジアムの完成度 あと5億円足らんがそのままでよいのか? VIP席はいらない?
  8. ブラジル相手の真っ向から打ち合いにチャレンジして完全KO負け
  9. なでしこと関塚ジャパンは不平等?
  10. イタリア戦の布陣予想 ザックも現実を見据えたシステムを

月別アーカイブ

2017
06
05
2016
04
2015
06
03
01
2014
07
06
05
2013
11
08
07
06
05
04
03
2012
10
08
07
06
03
02
2011
12
11
09
04
2010
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
09
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss