2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる

月別アーカイブ :2016年08月

大宮戦にいつも以上に闘志を燃やす男(ル杯準々決勝1・大宮戦 展望)

マリノスは数的不利にあっても、息がたえだえになっても攻め続け、そしてフォビオのなんとかかするようなヘディングで追い付きました。 数的不利だったのは、喜田拓也が退場処分を受けていたから。 喜田も不注意でしたが、喜田だけが悪いのでもありませんでした。ただなんとかドローに持ち込むのがやっとだったこのゲームの責任を彼は一人で背負いこみました。 出場停止から復帰した喜田は、鹿島を相手にしてもボール奪取......続きを読む»

結構大事な予感がするスタメン選び

私が、あなたが、エリク・モンバエルツ監督だったならば。 誰を水曜のスタメンに選ぶでしょうか。 ルヴァン杯の予選リーグ突破に貢献した選手中心でしょうか、それとも普段リーグ戦を戦っているレギュラークラスでしょうか。 事は簡単ではなく、まず日程面の兼ね合いがあります。水曜にアウェイで大宮と戦うと、中3日で日曜に三ツ沢で第2戦を戦います。 さらに中2日で天皇杯の緒戦、福島戦があり、また中2日でリー......続きを読む»

見たか単騎突破!切り裂くエースの復調(2nd10節・鹿島戦)

速い。常に一歩速い。 バックパスをさらって、一人切り込む。 ボールを持って進む齋藤学と、持たずに追う昌子。ハンデがあるのに差は全く縮まりません。 迎え撃つファンソッコが考えたのは、少しでも学の進撃を遅らせることで、追ってくる昌子との挟撃ではなかったでしょうか。 それでも外と見せかけて中、中と見せかけて外に切り返した学は、GK曽ヶ端の動きもよく見ながら、ファンの股に当てながらもゴールネット右......続きを読む»

真夏の味スタといえば(2nd9節・FC東京戦 展望)

恍惚という表現がぴったりな瞬間が思い出されます。 後半44分、マリノスが1点リード。直前にクローザーの小椋も投入した。安心感がある。このまま逃げ切れるか。 中町が奪ったボールを素早く小椋がらマルキーニョス、そして俊輔。CBと対峙した俊輔はペナルティアークまでドリブルを進める。右足でシュート? いや、違う。切り返して左足に持ちかえる。2人のDFがコースを消しにくるところを、二度三度と切り返して、......続きを読む»

ごぶさたしてます、真夏の夜のニッパツ(2nd8節・大宮戦 展望)

仕事の忙しさを言い訳にすると、あっという間にブログは止まり、やがて書かないことが当たり前になります。 家には夜泣きの激しい乳飲み子がいて、五輪に、高校野球。 それに加えて長引く俊輔の離脱と、まあサボる理由は山ほどあったわけです。 昨朝7時過ぎに、入場待機列の順番取りのためシートを貼りに行ったらすでに350番。誠に暇人さんが多い、否、マリノス愛の深いサポーターの多いこと、多いこと。 その思いに......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconvaphoon

2010年5月に生まれた息子にしゅんすけと名付けました。謁見の際にご本人から「光栄・・・なのかなぁ(苦笑)」とのお言葉をいただきました。
  • 昨日のページビュー:165
  • 累計のページビュー:7042210

(11月15日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 能力は代表級と言われ続けて。怪我を減らしてヤツが来る
  2. 恥ずかしそうに、恥ずかしい予想を発表した解説者を晒します
  3. 覚醒のときがついに来た? 期待されすぎた男
  4. 前略 中村俊輔様
  5. フォルランがセレッソ大阪へ。再びJリーグに最強助っ人が溢れる時代は来るのか?
  6. 受け入れがたい、アデミウソンの移籍話
  7. 中村俊輔を支持する理由
  8. 「赤字ならJ2強制降格」問題の本質的な問題
  9. 2014年の日程を判明分まとめました(2月11日更新)
  10. フォルランが予想以上な件

月別アーカイブ

2017
04
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss