2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる

月別アーカイブ :2016年06月

袋小路。別れ道。2ndも同じことを繰り返すのか 1st17節・FC東京戦

まん丸としたタンクのような秋元の体に、至近距離からぶち当てるシュート。 その次は、秋元の体を避けるように臆病なコースを狙って、ゴールの外側からサイドネットに突き刺す。 決定力がウリと言われた、1stステージ補強の目玉、カイケが見せたゴール前での限界。それが決められないのなら、「YOUは何しに日本へ?」と最後通牒です。 落ち着きがあれば決め切れば勝てたでしょう。遠藤渓太と富樫敬真のシュートチャ......続きを読む»

サッカーは年齢じゃない

中村俊輔が38歳を迎えました。実に高卒ルーキーの和田昌士、遠藤渓太の2倍!というのは衝撃です。 サッカーに年齢は関係ないという言葉が新聞に載っていました。先週はディビジョンが違うとはいえ、49歳のファインヘディングゴールが話題になりましたし、Euro2016ではハンガリーの守護神キラーイは40歳で16強進出に大貢献してます。 ただ、やはり俊輔の残り時間が気になるのは事実。余所の優勝争いを指をくわ......続きを読む»

さあ、YOKOHAMAと誇りを胸に

クラブが今年最も力を入れてきた一戦がこの川崎戦。 前代未聞のレプリカユニフォーム付きチケット、4万枚の販売の同県対決。 相手が首位に立っていることも手伝って、注目の試合となりました。 SKYシリーズと銘打たれていたはずの一戦を、誰が呼んだか神奈川ダービー。 マリノスにとってのダービーといえば、ヴェルディであり、フリューゲルスであり。 川崎にとってはFC東京との多摩川クラシコが、それにあたるはず。 ......続きを読む»

ユアスタ初参戦!まとめ

中村俊輔が頭一つ抜けてる存在だということはすぐ分かった。 ナビスコ杯グループステージ最終節、仙台対マリノス戦を、私と孫に付き合わされて現地観戦した実父の感想です。 ただ両チームともパスミスが多くてねえ…。 わざわざ高い交通費と時間をかけて見に行くほどのことか、とも言いたげだったですが、なんでも学生時代に西ドイツ代表が来日して、「全日本」との試合を観て以来40年ぶりというサッカー観戦だったそう......続きを読む»

杜の都で得たのは、チームとしての一体感とタイトルへの挑戦権 (ナビ7節・仙台戦)

容赦なく襲いかかってきたのは仙台のプレス。マリノスは辛抱強く弾き返すしかありません。 三田のブレ球ミドルを辛うじて、立役者・榎本哲也が弾きます。コーナーキックは与えても、それをなんとかするのは中澤佑二と栗原勇蔵を中心とした高い守備の得意なお仕事。 ポゼッションは断然に仙台。対するマリノスは、一度、二度と小林祐三から遠藤渓太が走るカウンターで対抗。最後は伊藤翔がフィニッシュも、精度を欠きます。 ......続きを読む»

伸るか、反るか (ナビ7節・仙台戦 展望)

結論はベストメンバー。 エリク・モンバエルツ監督は、ナビスコ杯を勝ち上がることを最優先にメンバーを選ぶことを示唆しました。 どうやら先発は柏と同じ11人。 GK榎本 DF小林、栗原、中澤、下平 MFパク、中町、遠藤、俊輔、齋藤 FW伊藤 新潟戦の前にも触れましたが、榎本哲也と伊藤翔がナビスコチームの「生え抜き」と言えるでしょう。柱として、ナビスコのグループリーグを勝ち抜くのに貢献してきました。......続きを読む»

大切な一戦の遠征メンバーはどうなる?

米子に向かってます。乗客は多くなく、ANAの機体は古い。久々に、安全案内のムービーが流れず、キャビンアテンダントさんが生で説明してます。ビデオ再生が当たり前となりまひまが、よく考えたら子供の頃は皆、生実演だったなぁ。 彼女達もほとんど実演することはないのでしょうか、少し気恥ずかしそうなので、凝視していたこちらも恥ずかしくなります。これが、ライブの魅力ですね。サッカーも中継技術は本当に進歩してます......続きを読む»

レプリカの着心地を4万名に

プラス600円で、レプリカユニフォーム付きチケットが買えます。 J1第15節 横浜F・マリノス対川崎フロンターレ。6月11日(土) 15時キックオフ。 YOKOHAMAを胸に で検索すると、この試合にかけるクラブとサポーターの意気込みが伝わるのではないでしょうか。 この試合のチケットにプラス600円で、レプリカユニフォームが入手できます。 たった4万枚(!)という限定生産。プレミアム、ヴィ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconvaphoon

2010年5月に生まれた息子にしゅんすけと名付けました。謁見の際にご本人から「光栄・・・なのかなぁ(苦笑)」とのお言葉をいただきました。
  • 昨日のページビュー:153
  • 累計のページビュー:7041908

(11月13日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 能力は代表級と言われ続けて。怪我を減らしてヤツが来る
  2. 恥ずかしそうに、恥ずかしい予想を発表した解説者を晒します
  3. 覚醒のときがついに来た? 期待されすぎた男
  4. 前略 中村俊輔様
  5. フォルランがセレッソ大阪へ。再びJリーグに最強助っ人が溢れる時代は来るのか?
  6. 受け入れがたい、アデミウソンの移籍話
  7. 中村俊輔を支持する理由
  8. 「赤字ならJ2強制降格」問題の本質的な問題
  9. 2014年の日程を判明分まとめました(2月11日更新)
  10. フォルランが予想以上な件

月別アーカイブ

2017
04
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss