2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる

月別アーカイブ :2016年05月

コーナーキックから3発!なんか押されてても落ち着く (1st・14節 柏戦)

遠い逆サイドのゴール裏では、味方が触れてコースが変わったのも分からないほど。確かにサイドネットは僅かに揺れたが…、結果は中澤佑二のボンバーヘッド炸裂。 チャンス数という点では劣勢の前半アディショナルタイム、最高の時間です。 練習では俊輔が合わせてくれないのに急に来たと、中澤が試合後に語りました。 その俊輔は、このパターンで中澤がニアに流れ込むのを熟知した上で、合わせやすいボールを蹴り込みます......続きを読む»

スピード違反の取り締まりはどうしましょ (1st・14節 柏戦展望)

もうね、心配と言えば、左サイドです。 下平匠のトイメンは、伊東純也。代表入りすら取り沙汰される、スピード系ニュースター。さらには仲川、じゃないほうの中川寛斗もいますし、武富も速いですよね。それで控えに田中順、大津とかいるんだから嫌になっちゃいます。下平にスピード勝負は正直つらいですよ。 開幕から約2ヶ月、公式戦で勝てなかった柏レイソルに白星と、勇気を与えてしまい、いつの間にか順位でも上に行かれて......続きを読む»

仲川輝人初ゴール!ナビスコ杯は空前の大混戦 (ナビ6節・新潟戦)

私のお仕事も空前の忙しさで、あんなに楽しみにしていたトゥーロンも富樫敬真のゴールシーン以外はろくに見ていない状況です。 当然ナビスコ杯もほぼ寝落ちしながらの時差視聴ですよ。寝そうだったのは、私が寝不足だったからであり、決して試合内容をdisってるわけではありませんよ! ほんの少しかみ合わずにゴールを得られなかった大学時代は得点王にもなった男の初ゴールは、意外な形でした。相手DFの股下を緩く転が......続きを読む»

チームの未来を拓く隠れたビッグマッチ (ナビ6節・新潟戦 展望)

エリク・モンバエルツ監督の就任以降、去年と今年とナビスコ杯は、リーグ戦には出場していない控えメンバーを中心に戦ってきました。 直前の試合から11人全員のターンオーバーも当たり前というのも去年と同じなら、いつもは試合に出ていないが故の連携不足に苦しむのもお馴染み。 ですが、大きく違うのは結果。2勝4敗で終わった昨年に対して、今年は4試合で2勝1分1敗と、勝ち点7を積み上げてきました。通年、グルー......続きを読む»

長いトンネルの出口には会心でない勝ち点3 (1st13節・神戸戦)

勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。と、野村克也氏だかがよく言っていましたが、今季のマリノスは逆で、不思議な負けが多かったように感じます。 もちろんミスがきっかけになることは多いですが、それにしても不思議なミスが起きたり、不思議な連鎖が起きたり。 1-0(ウノゼロ)は、マリノスらしいといえばらしく、守備の奮戦がようやく実を結んだと言えるでしょう。 虎の子の1点は呆気なく手に入れた......続きを読む»

巡り合わせで、こんなチャンスはなかなかない (1st13節・神戸戦 展望)

ペドロとレアンドロはいないのでしょうか。はい、出来れば今日もお休みしていただきたいものですね。なんか騙されてるだけかもしれませんが、彼らが居なければ…という思いがあるのは事実。 ま、昨今の流れだと渡邉千真の恩返しとかめちゃくちゃ注意ですけど。 U-19代表に選ばれた和田昌士は、ブラジルを相手に1ゴールと1PKゲット。初戦のフランス戦には、遠藤渓太が先発したということで二人とも奮戦中です。国際試......続きを読む»

ちょっと最後のシュートがすごすぎたか (ナビ5節・福岡戦)

兵藤慎剛は涙を流していました。両足をつってしまい、予定外の交代を告げられた後、ピッチから出る際に目頭を押さえていたのは、明らかに悔し涙。 キャプテンとして控えメンバー主体のチームをまとめ、自らのPKで1-1と追いついた直後のことです。 涙を拭いながら、代わる背番号16に「ごめん…翔…」とつぶやいていました。 兵藤の勝ちたい想いと無念さも乗り移ったかのように、角度のないところからゴールマウスの......続きを読む»

リーグの流れをカップで変える(ナビ5節・福岡戦展望)

中島賢星が怪我から帰ってきます。股関節手術から5ヶ月、実戦復帰という意味では実に1年ぶりになります。 世代別の代表選出により、選手層が手薄なことから、トップ下での先発が濃厚となっています。しかも相手の福岡は、かつて下部組織に所属したことがある因縁のある対戦相手です。 「日程が発表になった時から、この試合での出場を目指していた。」意気込みを聞かれた中島の言葉です。 復活の狼煙を上げるには格好の......続きを読む»

守備を切り裂き、そしてネットに届かなかった(1st12節・鹿島戦)

メインスタンド側タッチラインを駆け抜ける。 一人、二人が行く手をふさぐ。いや、三人います。 360度のうち、半分はタッチライン。構うものか。逃げも、止まりもしない。 齋藤学はスピードで勝っていました。小笠原を置き去りにし、前にいるのは西と植田。簡単な相手ではありません。それに、いつ学が進行方向をゴールマウスに変えるのかを警戒していました。 それでもスピードを緩めない。 そしてボールを、二人のち......続きを読む»

ミスの連鎖を断ち切る薬は? メンバー入替を好機としよう(鹿島戦 展望)

トゥーロン国際大会になんと3名選ばれました。富樫敬真、前田直輝、喜田拓也。 U-19にも、和田昌士と遠藤渓太が選ばれており、年代別代表で異例の大量離脱はうれしい悲鳴というやつです。 鹿島戦に向けて、水曜にガーナ戦でフル出場した富樫のコンディションは流石に整いません。 1トップには伊藤翔が入る見込みです。名古屋戦でゴールという結果を残した伊藤ですが、カイケ、富樫より一歩上にいるとは言い難い状況......続きを読む»

未解K問題

軽自動車の燃費不正発覚が4月20日。そこからわずか2週間で三菱自動車が日産の傘下に入るという展開でした。 まだ何も決まっていないのに、日産がマリノスの筆頭株主であるのに、傘下の三菱自が浦和の筆頭株主のままでいるのは問題となる「可能性がある」、両クラブは現段階ではコメントできないそうです、と中身のない記事が出回ってます。面白おかしく、浦和の「赤」が消えるかもなどと憶測で書いているのは辟易とします。 ......続きを読む»

ケイマン祝砲と、我が家のゆりかごダンス

技ありループでした。ガーナの守備が緩かったということを多少差し引いても、あの落ち着き。 それに後半の立ち上がりに見せた金森へのラストパスや、同僚・前田直輝に落とした胸トラップがさらに印象的でした。 富樫敬真、ついに代表初出場を果たし、初ゴールです。最後の最後で、五輪代表のメンバー争いに堂々と名乗りをあげたと言えると思います。ただ、本番のメンバーは予選よりも5名も少ない18名。 繰り返している......続きを読む»

今こそリバウンドメンタリティを!

決して悪い出来ではなかった。私もそう思います。3失点するような内容では決してありませんでした。 しかもシモビッチがハーフタイムで下がるのが既定だったとすると、0-0で折り返していたならば勝機十分。それどころか楽な試合になっていた可能性すらあります。 しかし。しかし、スルリの次はポロリ。 飯倉大樹の調子がおかしいです。遠藤保仁のPKを止めた際に、何か大事なものを吹田に置いてきてしまったかのような......続きを読む»

新横浜公園から念力を送ります

ゴールデンウィーク特別企画。 新横浜公園、球技場でのサッカー教室に当選しました。 いつも選手が練習しているピッチで、マリノスのスクールのコーチが指導してくれる他、なんと選手たちも登場。 ということで、三門雄大が息子の隣でなにやら微笑んでくれてます。 怪我の影響で、開幕戦を除いてメンバー外が続く三門。その心中は穏やかではないでしょう。 マルティノスだけが別メニューで、このサッカー教室開始前に足......続きを読む»

気迫に屈してブーイング。でもチームに勇気を与えたい(1st9節・湘南戦)

湘南の気迫が凄かった。この試合の感想は、それに尽きます。圧倒的走力と辛抱強い守備は、最後までマリノスに仕事をさせませんでした。 GK村山にしても然りです。 カイケのブラジル時代のPK映像を見ていたら、多くが左に蹴っていたから、この日途中出場で結果が欲しい筈だからその通り飛んだと言いました。 このカイケのキックだけではなく湘南のペースに合わせてしまったマリノス。試合後には立ち上がれないほど走り回っ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconvaphoon

2010年5月に生まれた息子にしゅんすけと名付けました。謁見の際にご本人から「光栄・・・なのかなぁ(苦笑)」とのお言葉をいただきました。
  • 昨日のページビュー:281
  • 累計のページビュー:7041549

(11月11日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 能力は代表級と言われ続けて。怪我を減らしてヤツが来る
  2. 恥ずかしそうに、恥ずかしい予想を発表した解説者を晒します
  3. 覚醒のときがついに来た? 期待されすぎた男
  4. 前略 中村俊輔様
  5. フォルランがセレッソ大阪へ。再びJリーグに最強助っ人が溢れる時代は来るのか?
  6. 受け入れがたい、アデミウソンの移籍話
  7. 中村俊輔を支持する理由
  8. 「赤字ならJ2強制降格」問題の本質的な問題
  9. 2014年の日程を判明分まとめました(2月11日更新)
  10. フォルランが予想以上な件

月別アーカイブ

2017
04
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss