2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる

月別アーカイブ :2015年10月

プロへの切符にまつわる、不思議な巡り合わせ

挫折から7年の時を経て、再びトリコロールを身にまとう。周りの人々は、シンデレラボーイなどと呼び、囃し立てるでしょう。 マリノスで一度は見出されずに埋もれかけた才能を見初めたのは、今季からトップの指揮を執るフランス人監督。潰えたはずの夢が再び動き始めたのは、この偶然の監督就任があったからでしょう。 所属する関東学院大がしばしば練習でマリノスタウンを使っていたことが縁となり、夏、練習参加を呼びかけら......続きを読む»

チャンピオンシップに進める条件

これだけは最初に言わせてください。 今、我々は優勝争いをしていると。 アデミウソンのフィットと、俊輔の復調がもう少し早ければ、などと嘆きつつ。でも我々はまだ大いなる可能性を残しています。 自力でのチャンピオンシップ進出はありません。吹けば飛ぶような可能性かもしれません。が、確かにある。 さて可能性という意味では、2ndステージ優勝と、年間勝ち点3位の方法があります。どちらも険しいが、狙えるな......続きを読む»

一撃と粘り強さ、強かなの完封勝利。最終章へ可能性をつないだ (川崎戦 総括)

決勝点の場面です。 川崎で最もゴールの匂いを感じさせていたエウシーニョがマリノスのクロスボールを腕で抱え込むようにハンドの反則。 これを俊輔が、見た目にはいとも簡単に放り込む。ボールは初めからファビオの頭に当たるこたがプログラムされていたような軌道です。 そのファビオの身体能力を生かしたヘディングと、呆然とそのボールを見送るしかできない川崎のGK西部の姿。一瞬間があって、やがてマリノスの歓喜......続きを読む»

夢は勝利によってしか、つなげない (川崎戦 展望)

エディオンで、山岸智が川崎のネットを揺らす。川崎の優勝の目がなくなるとともに、広島の勝ち点3が確定し、僕らは思った。川崎、何してくれてんねん。 川崎のことを認めないわけじゃない。だけれども、マリノスの通算1200ゴールが小宮山や森谷のオウンゴールで良いのかと問われたならば、それはそれで嫌ですよね。 でもゴールはゴール。勝てばなんでも良いというのも、真実です。 たとえマリノスが勝っても、広島も......続きを読む»

ACL再挑戦のための、大事な天皇杯4回戦ドローは、神戸。会場未定。

広州恒大の前に、国内三冠王者のG大阪が敗れました。勝利が必要だったホームでの第2戦、スコアレスに終わり、敗退が決定。 近年最強の広州恒大にまたも、Jリーグ勢は敗れてしまった。疲労で宇佐美を先発から外すなど、ここ一番で全力を発揮できなかった感はあります。過密日程なのか、層の厚さなのか。何しろ広州は国内リーグでも無双を続けながら、アジアでも勝ち続けています。人呼んで、アジアのギャラクティカ(銀河軍団......続きを読む»

マリノスとともに育ったシュンスケ(息子)のこと

2歳の終わりから、スタジアムに通うようになったウチの息子も5歳になりました。家族の話が中心になりますので、興味のない方はご容赦を。 来年には、スタジアムで観戦した試合が100に届くくらいでしょう。なかなか筋金が入ってきました。 2年前の記事を掘り返したら、まだ「優勝」という概念を理解しない頃の様子が書かれていました。 息子ともこの優勝の記憶を共有したい 【メリー・クリスマリノス】実録、サンタ......続きを読む»

2ヶ月前の敗戦を思い出しているうちに考えた分水嶺

劇的な勝利があれば、痛恨の試合もあります。特に2ndステージ序盤は全体的にひどかったわけですが、なかでも清水戦の逆転負けは、内容と結果ともに最悪のものでした。 ただ結果的には、7月29日のあのナイトゲームがマリノスにとって最近の敗戦となっており、あの後から反攻が始まりました。 一方の清水にとっては、ここまで2ndステージ唯一の勝利であり、監督交代したものの事態はさらに悪化し、ついに降格が決まって......続きを読む»

残り3試合の皮算用

厳しくなっています。 齋藤学の逆転ゴールに狂喜し、その後の試合終了ホイッスルにまた喜び、ふと、他会場の結果に目をやった時は少なからずガッカリしました。 ビハインドだったはずの鹿島が逆転し、広島とともに勝ち点3をあげています。浦和やFC東京が躓いて、マリノスは3位にジャンプアップしましたが肝心なトップの2位チームは勝利。 「残り4試合で勝ち点差6」だったものが、劇的勝利後をあげても「残り3試合で......続きを読む»

偉業達成を祝う、劇的大逆転 (神戸戦 総括)

この日の18本目のシュート、中村俊輔の左足から放たれたミドルシュートはGK徳重に弾かれます。 その先には、右サイドバックにポジションを移していた三門雄大の姿。瞬時に身を投げ出した三門は、自身で強引にシュートすることが頭をよぎりながらも、懸命にボールを折り返します。 オフサイド・・・は、ない! 途中出場の齋藤学は、フリー。丁寧に右足のインステップで、ゴールに流し込みます。 これが19本目で、こ......続きを読む»

中2日は相手も同じこと。総合力で上回ろう (神戸戦 展望)

中澤佑二500試合出場の節目のことはすでに書きました。大記録をどうあっても勝利で祝いたいものです。 残り4試合で勝ち点6差をひっくり返すという至難の技が成るかどうかは、上位チーム総崩れというメシウマな展開が2回くらい起こるという非常にムシのいい話。 ただその妄想も、まずは自身の4連勝あつてこそです。 比嘉祐介がつって、つって走れなくなるほどの、大分との激戦から中2日。しかも翌日に移動、さらに......続きを読む»

走れないと言ったのは誰? 想像以上の数値が叩き出されていた

2ndステージ大逆転優勝の可能性がある限り。 残り4試合は4戦全勝が必須で、その上で上位陣の取りこぼしを期待するという状況です。「自力優勝」の可能性はありませんが、結局それがあるとすれば、4連勝したときのみというのは確かでしょう。 で、その鍵を握るのは、もう当然全選手ということになるのですが、ここである選手の走行距離を紹介したいと思います。 13節 仙台・87分 11.07km 28位 12......続きを読む»

勝利をもぎ取った事実と、120分の代償 (天皇杯3回戦・大分戦 総括)

今どき、J1はもちろん、ナビスコ予選も全試合が放送されます。そんなことは当たり前です。 ただ天皇杯だけは別。1〜3回戦については、運良く放送カードに選ばれなければ、ハイライト番組を待つしかありません。 ところが近年の仕組みでは、J1クラブは2回戦、3回戦辺りはホームスタジアムでの試合が組まれることが殆どです。だから、観たいなら平日夜だろうとスタジアムに行けばよかったわけです。 昨夜に行われた......続きを読む»

意味が重いターンオーバー、勝ち続けなきゃならない(天皇杯3回戦・大分戦 展望)

大分合同新聞によれば、今季にトップ昇格した選手、二種登録した選手を含めて、大幅にスタメンを入れ替えるのだそうです。 とは言え、U-19の代表として出場した選手が3人含まれており、将来を嘱望される選手たちなのは間違いなさそうです。 マリノスよりも、新戦力の台頭を待ちわびていると言っていいでしょう。現在、J2リーグで21位。これはJ3の2位チーム(町田が有力)との入れ替え戦に臨まなければならない順位......続きを読む»

紙一重! トーナメントって本当に難しい (天皇杯2回戦・滋賀戦 総括)

滋賀が、マリノスに一泡吹かせるための方法は、遮二無二守りを固めてPK戦を狙うわけでもなく、ハイテンションとカミカゼプレスで勝ち越し17分で逃げ切るというものでもありませんでした。 奇をてらうのではなく、自分たちの全力でぶつかることが、今後の滋賀にとって重要という考えがあったかどうかは分かりませんが。 同点だったからよかったものの、0-1でこの展開だったら、そのまま逃げ切られていたかもしれない「1......続きを読む»

藤本淳吾を魅せつけるしかない (天皇杯2回戦・滋賀戦、再開試合)

試合はリスタートです。滋賀サイドのゴールキックから始まるという変則な試合。AT合わせ、20分で終わるのか、はたまた長引くのか。 予想不可能な試合展開であえて、キーマンを選ぶなら、リスタートではなくスタートとなる男。 怪我の齋藤学に代わって「先発」が確実視される藤本淳吾、その人を選びます。 リーグの起用に繋がるように。キッカーは俺もいるぞと言えるようにFKも決めたいという、この試合への意気込みは......続きを読む»

天皇杯再開試合の大事なことおさらい

73分16秒からの試合再開。水をさされた天皇杯2回戦、滋賀県代表のMIOびわこ滋賀との一戦が10月11日に再び迫ってきました。 日程調整にだいぶ手こずり、あの豪雨の中断から36日後にして、ようやく白黒をはっきりつける時です。しかもニッパツ三ツ沢から日産スタジアムへの会場変更。 あの日、大雨の予報があったため、試合を観に行かなかったひ弱な私にも、当日券の販売が決まったために、現地観戦することが可能......続きを読む»

次節、500試合出場達成の凄みとは

名古屋の楢崎正剛がJ1 600試合出場という金字塔を打ち立てました。95年8月に19歳で初出場を果たして以来、21季目のとてつもない記録です。ぶっちぎりの前人未到。 そのJ1通算出場ランキングベスト10を見ると、 楢崎正剛 600 伊東輝悦 517 山田暢久 501 中澤佑二 499 遠藤保仁 499 明神智和 482 阿部勇樹 465 小笠原満男 460 曽ヶ端準 460 山口智 44......続きを読む»

素朴なヒーローインタビューがかくも眩しい理由 (仙台戦 総括)

俊輔が持った。それなのに、寄せが来ない。フリーなことを確認する余裕があった上で、左足で押し出すようにボールを蹴り出しました。 ボールの模様までもが見えます。はっきりと分かる無回転。慌てた六反勇治は、どうにか弾くのが精一杯でした。 しかし弾いた先に誰よりも早く駆けつけていたのは、小林祐三です。右サイドバックは、中村俊輔からのリターンパスを受けようと、全力で走っていたのです。 六反が苦し紛れに弾......続きを読む»

中村俊輔、J1直接フリーキック、全20ゴールまとめ (2015/10/3更新)

20号到達ということで、2年ぶりに更新しました。 保存する価値のある記録です。手入力のため、誤字などはご容赦を。 1, 1997/5/3 1st第6節 2-4 平塚 86分 小島伸幸 三ツ沢 2, 1998/9/19 2nd 6節 2-3 C大阪 36分 下川誠吾 三ツ沢 3, 1998/9/26 2nd 8節 3-0 福岡  37分 塚本秀樹 三ツ沢 4, 1998/11/14 ......続きを読む»

次の標的は杜の都の新守護神。我らが日本代表GKキラーの左足は?(仙台戦 展望)

7月の万博。東口順昭。 8月の日産。西川周作。 反則のような、いやPKのような左足の前に、成す術もありませんでした。 いずれも当代きっての、自分のクラブだけでなく、我が国のゴールマウスを託されし名門番です。 ベルギーで大量失点した正守護神が失職してからというもの、上記の2人の次に名前を連ねているのが、私たちにはお馴染みの六反勇次。代表メンバーに定着しつつあるというのは素晴らしいこと。権田に3番手......続きを読む»

新卒入団の多い年。「そこじゃない感」というけれど

新卒選手の入団は2〜3名が相場なんですね。最近の例をまとめてみました。大は大学生、ユはユースおよび高校生です。 09 大:渡邊 ユ:齋藤、端戸 10 大:松本怜 11 大:森谷、武田 ユ:小野、松本翔 12 大:比嘉 ユ:鈴木、熊谷 13 大:佐藤 ユ:喜田 14 大:天野純 ユ:北谷 15 大:仲川 ユ:田口、中島 16 大:新井、パク ユ:和田、遠......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconvaphoon

2010年5月に生まれた息子にしゅんすけと名付けました。謁見の際にご本人から「光栄・・・なのかなぁ(苦笑)」とのお言葉をいただきました。
  • 昨日のページビュー:115
  • 累計のページビュー:7042416

(11月17日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 能力は代表級と言われ続けて。怪我を減らしてヤツが来る
  2. 恥ずかしそうに、恥ずかしい予想を発表した解説者を晒します
  3. 覚醒のときがついに来た? 期待されすぎた男
  4. 前略 中村俊輔様
  5. フォルランがセレッソ大阪へ。再びJリーグに最強助っ人が溢れる時代は来るのか?
  6. 受け入れがたい、アデミウソンの移籍話
  7. 中村俊輔を支持する理由
  8. 「赤字ならJ2強制降格」問題の本質的な問題
  9. 2014年の日程を判明分まとめました(2月11日更新)
  10. フォルランが予想以上な件

月別アーカイブ

2017
04
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss