2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる

月別アーカイブ :2015年02月

日本代表監督が決まれば、マリノスの選出が増えるのではという日本一速い妄想

アルジェリア対ドイツの奮戦は確かに覚えている。 後に開催国・ブラジルから7点を奪い、今後100年は語り継がれるだろう大勝を果たした、現世界王者のドイツ。 それがもっとも手を焼いたのが、アルジェリアであったと言えるだろう。世界最高のGK・ノイアーが神業を連発していなければ、歴史は変わっていたかもしれない。 そんなインパクトを残したアルジェリア代表元監督、ハリルホジッチ氏が日本代表の次期監督に決まり......続きを読む»

噂通りなら待望の「規格外」がやってくる

どうやら来ちゃいそうである。 本当にこのクラスの選手がマリノスに加入するのか。 アデミウソンこと、アデミウソン・ブラガ・ビスポ・ジュニオールは21歳、FW。名門サンパウロFC、2016年のリオ五輪で母国のエースを期待される21歳以下のブラジル代表だ。年代別セレソンの10番(!)である。 現地の報道によれば、シティとの交渉が決着し、15年12月までの期限付き移籍で提携先のマリノスに加入すると、す......続きを読む»

新しい試みなのに、停滞。それでも「進化」できるか

「自信は正しき結果からのみ得られる。」とすると、先のPSM松本戦での、和田昌士のプレーは非常に惜しいものだった。クロスバーをかすめたダイレクトのボレーは、球の軌道を抑えた技術の高いシュートだったと思う。 自身が反省して振り返るように、二度の決定機をものにしていれば、鮮明に和田の試合として記憶されたことだろう。得点にならずに惜しかったというよりは、その副産物が得られなかったことが惜しかった。 マ......続きを読む»

新しいワクワクサッカーに期待する〜PSM・松本戦 展望

こないだ、初めてAEDに触った。と言っても、防災訓練の一環でテストモードで使い方を習っただけ。AEDが心停止状態の人間の生命を救う貴重な機械だとは知っていても、健康な人の体にビリビリと電気を流すわけにもいかず、なかなか触れる機会がないのが実態だろう。 テストモードで、マネキンの心臓の左と下にパッドを貼って、このスイッチを押して…意外に音声ガイダンスにしたがえば難しくないことが分かった。この体験のお......続きを読む»

和田昌士が小野裕二を超える可能性は

すべては自分と、環境で出来ている。 自分がやったことは、甲府との練習試合での2得点、その後も高いモチベーションで練習に参加したこと。 周囲の環境に起きたことは、怪我や体調不良で特に前線に離脱者が続出したこと。 噂されていた通り、和田昌士の2種登録(トップチームに所属しない選手がJの公式戦に出場できるようになるための手続き)が確実となった。今季というか開幕前の、国内第1号ではないか。 何しろ、......続きを読む»

俊輔の不在を、チャンスに変えられるのは誰か?

全治2〜3ヶ月と決まったものは仕方がない。誰だって体にメスを入れたくはない。しかも36歳、休むことは衰えにつながり得る。 キャンプインしてからの症状悪化、それを受けての手術決断は、止むを得なかったのだ。ネズミ(遊離軟骨)の機嫌が急に悪くなってしまったと開き直るしかない。 現実的には1stステージの終盤の復帰というのが妥当なところだろうか。5月末の松本戦もしくはG大阪戦、この辺りに間に合えば御の......続きを読む»

練習試合敗戦よりも格段にショックなこと

日刊スポーツに衝撃的な見出しが出た。 俊輔の長期離脱をモンバエルツ監督が示唆。「しばらくは彼なしでやっていくことになる」。 嗚呼。どこで歯車が狂ったのか。 練習試合でガンバに負けたことはどうでもよい。対外試合を2戦終えていまだに得点がないのは気持ちの良いものではないが、本職のFWが全滅状態のなかで、結果を嘆いても。 とにかく気になるのは、俊輔の状態だ。よもや手術ということになれば、数ヶ月を棒......続きを読む»

キャンプを観られるのがこんなに嬉しいとは

すみませんが、1日更新が遅れてしまった。情報が古いかもしれないけどお許しを。 宮崎に行けない私のような小市民には嬉しくて仕方がない、スカパー「Jリーグキャンプ祭り」。 9時から15時まで、6時間のぶっ続け生中継である。巨人や阪神なら一球団で中継となるのだろうが、Jリーグは次から次へと中継でチームが変わる。さすがに6時間かぶりつきはしんどいので、後からオンデマンドで飛ばし見するのが正解だったかもしれ......続きを読む»

怪我人続出の怪。開幕戦スタメンを占うには早すぎる?

仲川輝人はリハビリを続けている。それは仕方がない。矢島卓郎も昨年のけがを引きずっていた。 始動してから、ラフィーニャ、俊輔、齋藤学、伊藤翔、北谷史孝(復帰まで2ヶ月か)…。昨日は熊谷アンドリューも太ももの打撲で別メニュー調整だったと聞く。さらには富澤清太郎も…? 軽いもの、重いものは様々だが、少々人数が多いのが不安だ。特に前線の選手は壊滅状態だ。けが人が少ないのがマリノスの売りでもあったのに、......続きを読む»

監督の生真面目さと、学のシュッとした感

ようやく、重たい仕事を成功裡に終えられました。一週間ぶりの更新となります。しれっと再開できるのも、横浜F・マリノスと読者の皆様のおかげと、感謝申し上げます。 海外出張中でも息抜きにマリノスの情報チェックは欠かさないが、先週はその時間すらなかった。が、けが人が続出したのが一番のトピックというのはかなり悲しい。 特にフォワードは端戸以外全滅という有様なのが余計に「ほら、マイクを早くとらんかい」とい......続きを読む»

監督にぼんじゅーる! 意外にもフランス革命はおとなしい?

20度前後の沖縄で一週間のキャンプから横浜に戻ったチームは、年に一度のファン感謝デー、トリコロールフェスタに臨んだ。 前日の関東地方は未明から平野部でも積雪。雪の勢いから、そうは積もらなかったが天候が一日ずれていたら、最悪のトリコロールフェスタとなっていたろう。風が強く寒いことは寒いが、遠くに富士山が見渡せるほどの晴天。 選手と触れ合える、サインや写真だってたくさんお願いができる、そうはない機......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconvaphoon

2010年5月に生まれた息子にしゅんすけと名付けました。謁見の際にご本人から「光栄・・・なのかなぁ(苦笑)」とのお言葉をいただきました。
  • 昨日のページビュー:135
  • 累計のページビュー:7042550

(11月18日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 能力は代表級と言われ続けて。怪我を減らしてヤツが来る
  2. 恥ずかしそうに、恥ずかしい予想を発表した解説者を晒します
  3. 覚醒のときがついに来た? 期待されすぎた男
  4. 前略 中村俊輔様
  5. フォルランがセレッソ大阪へ。再びJリーグに最強助っ人が溢れる時代は来るのか?
  6. 受け入れがたい、アデミウソンの移籍話
  7. 中村俊輔を支持する理由
  8. 「赤字ならJ2強制降格」問題の本質的な問題
  9. 2014年の日程を判明分まとめました(2月11日更新)
  10. フォルランが予想以上な件

月別アーカイブ

2017
04
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss