2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる

年末年始の我が家の話題

このエントリーをはてなブックマークに追加

新年明けましておめでとうございます。

穏やかな正月、弊ブログも5月で5年目となります。細々と続けてまいりましたが、存続の危機に陥っています。 いったいこのブログはどこへ向かうのか。はっきり言えばそれは私にも分かりません。 報道通りの移籍が発表されたら、もう自己矛盾の塊のようなタイトルは、おそらく甘い思い出とともに散るしかありますまい。

ですから元日の決勝の行方がどうであっても、我が家で繰り広げられた真剣かつ深刻な話し合いからすれば、我が家にとっては取るに足らない小事であったわけです。

前向きな一家離散のような、我が家の話し合いで決まった事を、ここに記しておきたいと思います。 未だに公式発表がない以上、中村俊輔をはじめとする複数の選手の移籍話が前提になるのは避けたいのですが、仮に本当に噂通りだとすると(まあ、1月4日にはいろいろ発表されると思いますが)我々はどうするかということです。

今回のような大騒動が、またサポーターとは何か、クラブとは何かを考えさせてくれるいいキッカケになるのだなあと感心します。 まず大前提として、反応にはいくつかのパターンがあります。

本当にマリノスが好きなサポーターからすれば、「俺は、誰であろうとトリコロールを身にまとう選手を応援するし、誰であろうと出て行く選手は知らん」という反応になります。そのうえで、可愛さ余って憎さ100倍になるのか、俊輔これまで夢をありがとうとなるのかは、その人の感じ方次第。

応援する選手をがらりと変えて、順応するというのもありかもしれません。背番号10のユニフォームを毎年買ってきた我が家からすると、ネンチケ問題とともに、ユニフォーム問題もあるわけです。

一方で極端に選手に偏った応援をしていれば、こうした場合の戸惑いは大きく、その選手とともに応援するクラブも移籍するということになるのでしょう。

どのパターンが正しくて、どれが悪いということはないかと思います。 ただ、どのパターンであっても、本ブログ閉鎖はもう避けられないという思いです。

我が家の見通しは以下の通りです。

・移籍発表が落ち着いた段階で年間チケットの更新を行う ・ネンチケの枚数は2枚のままだが、大人自由席2枚から大人1枚、小・中学生1枚に変更する  (子供の分が増えるはずだったので、事実上1枚減ということになります)

・私(父)と息子は、今年もホームは全出席を目指す

・妻は様子見。マリノスを応援する気持ちは変わらないが、アウェイ遠征には消極的。  俊輔の処遇については、関東圏でのジュビロの試合を見に行って、何を感じるかによって今後を検討。

・ヤマハにも一回は行きたいらしい。ただし本当に俊輔は稼働するのか?

・ユニフォームどうするかは、番号をいれずに買ってはどうかと主張する私と、新体制発表会を待てという妻。

俊輔を高校時代から見続けてきたために、俊輔のいないマリノスが考えられない妻。(欧州在籍時代は、Jリーグから離れていましたし。 マリノスを通じて、チームをサポートする喜びと悲しみを知った私。 んー、俊輔は再来年またマリノスに帰ってくるのかと聞く息子。

同じチームを応援するというのは何かのご縁だと思います。 当然、弊ブログをご覧いただいている中で一番多いのはマリノスサポーターのはずであり、多くの方と巡り合えたのもこのブログがきっかけでした。そうした仲間との繋がりはか弱いようであり、マリノスと私を繋ぎ止めてくれています。スタジアムでまたあの人たちと会いたい、一緒に応援したい、その思いが今の私には強くあります。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
横浜F・マリノス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

年末年始の我が家の話題

私は俊輔のファンで、俊輔が日本に帰ってきて始めてJリーグを観戦しました。
あれから7年、マリノスは自分の中で日常になっていました。
この1ヶ月くらい、落ち着かない日々を過ごしてきましたが、
一番好きな選手は俊輔で、一番好きなチームはマリノスということで良いのではないかと結論付けました。
息子さん同様、俊輔が再来年帰ってきて、マリノスで引退したら良いなと思っています。

こんな記事も読みたい

壮年が頑張る年【【中小企業診断士】「読裏クラブ」のワンツー通し】

サッカーやラグビーのビッグゲームは専用スタジアムで行うべし!【スポーツ えっせい】

2016年の鹿島総括 ~主役は石井監督~【情熱を真紅の鹿と共に】

2016年よ、サヨウナラ(天皇杯準決勝・鹿島戦)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

長居は行けぬが、きっと勝つ(天皇杯準決勝・鹿島戦 展望)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

対 鹿島、準決勝、不安要素は多いけど【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

4強進出!待っているのは最高の年末だ!(天皇杯準々決勝・G大阪戦)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

俊輔がピッチに帰ってくる(天皇杯準々決勝・G大阪戦 展望)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

ブロガープロフィール

profile-iconvaphoon

2010年5月に生まれた息子にしゅんすけと名付けました。謁見の際にご本人から「光栄・・・なのかなぁ(苦笑)」とのお言葉をいただきました。
  • 昨日のページビュー:262
  • 累計のページビュー:6977322

(02月19日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 能力は代表級と言われ続けて。怪我を減らしてヤツが来る
  2. 恥ずかしそうに、恥ずかしい予想を発表した解説者を晒します
  3. 覚醒のときがついに来た? 期待されすぎた男
  4. 前略 中村俊輔様
  5. フォルランがセレッソ大阪へ。再びJリーグに最強助っ人が溢れる時代は来るのか?
  6. 受け入れがたい、アデミウソンの移籍話
  7. 中村俊輔を支持する理由
  8. 「赤字ならJ2強制降格」問題の本質的な問題
  9. 2014年の日程を判明分まとめました(2月11日更新)
  10. フォルランが予想以上な件

月別アーカイブ

2017
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss