2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる

2016年よ、サヨウナラ(天皇杯準決勝・鹿島戦)

このエントリーをはてなブックマークに追加

立ちはだかった鹿島アントラーズ。その攻撃の効率の良さは、一見、マリノスが押し込んで多くチャンスを作っていたように見せて、実は掌で踊らされていたのではというゲームでした。

途中出場の俊輔が蹴ったフリーキックを、中澤佑二がわずかにさわったボールを曽ヶ端より速く金井貢史が押し込みます。これが惜しくもオフサイド。

その直後に中澤とパス交換していた新井一耀のパスミスが2失点目につながってしまいました。

同点のはずが、逆に2点差。このショックはあまりにも大きかったです。

ただ、誰もが感じているように、典型的な「決めるべき時に決めないとこうなる」展開だったわけです。

ビルドアップがとにかく上手くいく。喜田拓也の不在が心配されても、中町公祐のスルーパスが度々チャンスを作りました。マルティノスからの斉藤学がフカしたシュート。エリア内でマルティノスが後ろに落としたところでフリーの富樫敬真が豪快に枠を外したシーン。前田直輝のトラップが大きくなり、キーパーを交わしたのにコースがなくなってしまった決定機。

どれも決めるべき決定機でした。10回あれば7回は決められるようなシーン。そのどれもが、ネットを捉えなかったから。鹿島のような強豪に、土居聖真のゴールが生まれるのは必定でしょう。彼のヘディングの方が技術的な難易度が高かったはずですが、これが天国と地獄の差だったわけです。

前半をリードすることは決してできないことではなかった。そうすれば、中村俊輔の投入がより効果的で、2-0と逆の結果になることも大いにありえたと思います。

ほんの紙一重ですが、とても大きな差。それがトップで、タイトル争いに絡み続けるチームとたまに絡む我が軍の違いでしょう。

2016年、シーズン終了。 リーグ戦10位。ルヴァン杯、ベスト4。天皇杯、ベスト4。迷走した末の結果です。

そして、もう報道の通り、本ブログの前提条件を揺るがす事態が現実のものとなりつつあります。すべては公式リリースがあってから、はっきりとさせたいと思います。

ただ、今言えることは、今年もマリノスとJリーグのおかげで本当に楽しかったということで、そのことはこの後に何が起きても変わりません。

勝利の喜びだけではありません。サポーター同士の交流、選手との触れ合い、アウェイの家族旅行。手が届かない悔しさと落胆も含めて、すべてはマリノスとJリーグがあったから。

今年も大晦日、あっという間でした。元日の予定がすべて白紙になってしまったことが心残りですが、また来年もよろしくお願い致します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


今年も、お世話になりました。 皆様の1クリックが更新の大きな励みになっています。ぜひよろしくお願いいたします。 マリノスバナー



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
横浜F・マリノス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

SHIMIZU S-PULSE × 2016year【猫に小判】

『グランパス』とりあえず個人戦術【赤の血潮と、青の魂】

【天皇杯・準々決勝_vs大宮】『クリスマスだからじゃない』×2-4【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

長居は行けぬが、きっと勝つ(天皇杯準決勝・鹿島戦 展望)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

対 鹿島、準決勝、不安要素は多いけど【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

4強進出!待っているのは最高の年末だ!(天皇杯準々決勝・G大阪戦)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

俊輔がピッチに帰ってくる(天皇杯準々決勝・G大阪戦 展望)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

いろんな思いが交錯して【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

ブロガープロフィール

profile-iconvaphoon

2010年5月に生まれた息子にしゅんすけと名付けました。謁見の際にご本人から「光栄・・・なのかなぁ(苦笑)」とのお言葉をいただきました。
  • 昨日のページビュー:139
  • 累計のページビュー:7033918

(09月11日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 能力は代表級と言われ続けて。怪我を減らしてヤツが来る
  2. 恥ずかしそうに、恥ずかしい予想を発表した解説者を晒します
  3. 覚醒のときがついに来た? 期待されすぎた男
  4. 前略 中村俊輔様
  5. フォルランがセレッソ大阪へ。再びJリーグに最強助っ人が溢れる時代は来るのか?
  6. 受け入れがたい、アデミウソンの移籍話
  7. 中村俊輔を支持する理由
  8. 「赤字ならJ2強制降格」問題の本質的な問題
  9. 2014年の日程を判明分まとめました(2月11日更新)
  10. フォルランが予想以上な件

月別アーカイブ

2017
04
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss