2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる

長居は行けぬが、きっと勝つ(天皇杯準決勝・鹿島戦 展望)

このエントリーをはてなブックマークに追加

あと2勝です。

2013年シーズン。今は無くなった国立競技場の夕焼けと、中村俊輔が天皇杯を空にかかげる姿は美しかった。 あの時、過去2年連続で準決勝の壁に泣かされていました。準決勝の相手は鳥栖で、下馬評ではシーズン終盤に強さを誇った鳥栖が有利。ただ最後まで運動量が落ちなかったのはマリノスの方で、兵藤慎剛と俊輔のゴールで振り切ったのでした。

それでもルヴァンも合わせると、やはりファイナリストになれない我が軍の傾向は明らかです。 あの大会以来の決勝進出、そして優勝を狙います。

朝から続々と、知人を含めマリノスサポーターが大阪に集結しています。羨ましい限り。私も昨日が仕事納めでしたので、不可能ではないのですが結局元日の決勝に照準を絞らせてもらいました。なおさら、今日は絶対に勝ってほしい。

ゲームプランは消耗戦か。エリク・モンバエルツ監督が言うには、鹿島の連戦の疲れで終盤勝負。中村俊輔の使いどころが一つのカギになるということです。

死んだふり作戦は鹿島にもはまるでしょうか。不自然なほどに低調なデキの前半と、エンジンを本格的にかける後半。まるで別のチームのような変貌を遂げるのが昨今のマリノスの流行り?です。

ガンバ戦は、相手チームがより低調だっただけに、むしろ後半に押し込まれましたが、鹿島とならばなんとか後半勝負に持ち込みたいもの。鈴木優磨は厄介ですが、それでも大迫や野沢がいた頃に比べればナンボかマシかもしれません。

齋藤学の足が気がかりですが、どうやら先発濃厚です。鼻骨骨折の喜田拓也も、フェースガードを付けての強行出場が濃厚です。

個人的には天野純はもう一列前で使い、喜田と中町公祐のボランチで固く行きたいところですが、トップ下の前田直輝もなかなか魅力でした。前半から彼が前を向くシーンが増えることで、富樫敬真が孤立することもなくなり、何より齋藤学という武器が威力を増します。

鹿島の昌子が最も警戒するのも、やはり齋藤学の突破です。クラブW杯で名を上げた昌子ですが、夏の対戦では学ぶに翻弄されたことを忘れていないよう。

今年3回目の対戦で、鹿島戦3年半ぶりの勝利を狙います。 鹿島の勝負強さにはリスペクトを払わねばなりません。川崎、浦和を撃破したチャンピオンシップと、アジア勢初の決勝にまで上り詰めたクラブW杯の眩しさ。

でも、そろそろお腹いっぱいでいい頃です。(そうはならない貪欲さが鹿島の強さの源泉なんですがね)

決勝、元日、吹田。あの決勝の舞台に立つことで、今のクラブの何かが変わるかもしれません。そんな刺激を必要としているのは、鹿島ではなくマリノスです。

トップチームの戦績は、クラブのギクシャクとした迷走を止める何かのきっかけになるのではないでしょうか。再び同じ方向を向くための道標になるのではないでしょうか。

かといって、バラバラなままで勝てるほど甘いはずもありません。 勝利への渇望で鹿島を上回ってほしい。 90分(もしくはそれ以上)、耐えて凌いで、学や俊輔の一発に賭けたい。それに90分を過ぎて同点でも、マリノスにはATの男、天野純が確変中。

たどり着こう、最高の場所へ。

待っているのは最高の年末だ。


皆様の1クリックが更新の大きな励みになっています。ぜひよろしくお願いいたします。 マリノスバナー

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
横浜F・マリノス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【閑話休題・20】完全制覇まで、あとどれくらい?(Jリーグ編)【55キロのぶらり旅 ~スポーツ観戦編~】

『グランパス』目的は勝利【赤の血潮と、青の魂】

9位:それぞれの天皇杯  -超私的!2016年:Jリーグ&日本サッカー10大ニュース-【マニアではなくオタクです】

対 鹿島、準決勝、不安要素は多いけど【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

4強進出!待っているのは最高の年末だ!(天皇杯準々決勝・G大阪戦)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

俊輔がピッチに帰ってくる(天皇杯準々決勝・G大阪戦 展望)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

いろんな思いが交錯して【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

横浜Fマリノスの意思決定プロセスを整理します【多趣味過ぎるブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconvaphoon

2010年5月に生まれた息子にしゅんすけと名付けました。謁見の際にご本人から「光栄・・・なのかなぁ(苦笑)」とのお言葉をいただきました。
  • 昨日のページビュー:139
  • 累計のページビュー:7033918

(09月11日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 能力は代表級と言われ続けて。怪我を減らしてヤツが来る
  2. 恥ずかしそうに、恥ずかしい予想を発表した解説者を晒します
  3. 覚醒のときがついに来た? 期待されすぎた男
  4. 前略 中村俊輔様
  5. フォルランがセレッソ大阪へ。再びJリーグに最強助っ人が溢れる時代は来るのか?
  6. 受け入れがたい、アデミウソンの移籍話
  7. 中村俊輔を支持する理由
  8. 「赤字ならJ2強制降格」問題の本質的な問題
  9. 2014年の日程を判明分まとめました(2月11日更新)
  10. フォルランが予想以上な件

月別アーカイブ

2017
04
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss