2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる

俊輔がいたならば

このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンピオンシップ進出の可能性が次節の結果次第で消滅してしまいます。既に川崎戦の結果で絶望的ではありますが、あくまで可能性の話です。

リーグ戦が厳しいから、カップ戦に照準を切り替えるというのも分かりますが、サポートする側は可能性がなくなるまで、いや、なくなったとしても、応援し続けたいものです。

あの等々力のヒリヒリした緊迫感と、ホームのような雰囲気を作り出そうという応援と。勝てば勝つほど、この先のリーグ戦が毎試合あのような試合になったことを想像すると、やはり「絶望的」になってしまったことはあまりにも残念です。

諦めたらそこで、試合終了。

0-2から追いついたことは、諦めなかった証拠です。優勝争いという極言だったから、生まれた9分間だったと思います。三好のパスミスをカバーしようとする大島よりも、齋藤学の反応が速かったのはまったく諦めずに狙っていたから。これに尽きます。

そして川崎もまた諦めませんでした。同点にされて一度は膝をつき、肩を落とすも、それでも前を向いてきたから、誠に残念ながら決勝点を許してしまった。

屈辱の上塗りだなんて、まったく思いません。誇るべき同点劇であり、結果に少しミソがついてしまっただけです。

だから、リーグは終わったとか書きませんし、勝手には諦めません。

諦めたらそこで、試合終了。

これは、いつかのファン感謝デーに、金魚すくいで全然すくえなくて、泣きそうな我が家の息子を、励ましてくれた言葉でもあります。

うちの息子の横には、金魚すくいのお兄ちゃんではなくて、中村俊輔がいました。結局、俊輔の助けを借りながら、息子は金魚をすくったっけ。

ああ、意味がないけれども、熱狂の等々力のピッチに、中村俊輔が立っていたならば!

2ヶ月ぶりの復帰戦、高知で鮮烈なフリーキックを決め、自ら「キレッキレ」を証明してみせた俺らの俊輔は、試合終盤に左ひざを負傷。結局、大一番はメンバー外に逆戻りしてしまいました。

怪我の原因が、東京Vの19歳・井上に度々削られたからだと言われていますが、私は試合映像を見られませんでした。見たのは、俊輔にも遠慮せずにガンガンいったという試合後の談話に違和と悲しさを感じただけです。そんなことを誇ってどうする、と。

はたして、俊輔は離脱してしまいました。それだけ調子が良かったから、フル出場したのでしょうけれども。

頼もしきキャプテンがいたら、プレーそのものよりも、落ち着きとか、駆け引きの部分で大きくプラスがあったことでしょう。

大一番に間に合ったはずの俊輔がいなかったことそのものが悔しかったですね。

どのくらいで復帰できるか。 遠藤保仁との2ショットポスターが話題となった、ルヴァン杯の準決勝2連戦には間に合ってほしいですね。

そして、俊輔とともにタイトルに向かって再び驀進ですよ。

※追加更新 この記事と入れ違いで、靭帯損傷4〜6週間の離脱という報知新聞の記事にふれました。とにかく無念、脱力です。なんとか天皇杯の年末復帰が現実的でしょうか。


皆様の1クリックが更新の大きな励みになっています。ぜひよろしくお願いいたします。 マリノスバナー

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
横浜F・マリノス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

相模原vs琉球(9月25日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

【目指すべき場所へ辿り着くために】ファジアーノ岡山-V・ファーレン長崎(J2第33節 2016/9/25@Cスタ)【すべてはファジのため】

『グランパス』新規サポーター獲得のために地上波放送をするべき【赤の血潮と、青の魂】

この悔しさを力に変えよう(2nd13節・川崎戦)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

現実主義と革命主義? 齋藤学の復調がキー(2nd13節・川崎戦 展望)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

ラスト5戦。勝者と敗者を隔てるデスマッチの連続【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

「完全に枠外から突き刺さった」高知のファンに捧げた復活弾(天皇杯3回戦・東京V戦)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

俊輔が先発に戻る、エル・クラシコを制して復帰祝い(天皇杯3回戦・東京V戦 展望)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

ブロガープロフィール

profile-iconvaphoon

2010年5月に生まれた息子にしゅんすけと名付けました。謁見の際にご本人から「光栄・・・なのかなぁ(苦笑)」とのお言葉をいただきました。
  • 昨日のページビュー:115
  • 累計のページビュー:7042416

(11月17日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 能力は代表級と言われ続けて。怪我を減らしてヤツが来る
  2. 恥ずかしそうに、恥ずかしい予想を発表した解説者を晒します
  3. 覚醒のときがついに来た? 期待されすぎた男
  4. 前略 中村俊輔様
  5. フォルランがセレッソ大阪へ。再びJリーグに最強助っ人が溢れる時代は来るのか?
  6. 受け入れがたい、アデミウソンの移籍話
  7. 中村俊輔を支持する理由
  8. 「赤字ならJ2強制降格」問題の本質的な問題
  9. 2014年の日程を判明分まとめました(2月11日更新)
  10. フォルランが予想以上な件

月別アーカイブ

2017
04
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss