2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる

話はうまくまとまらないので中継の話(ナビ3節 柏戦)

このエントリーをはてなブックマークに追加

多分、3失点が情けないとか、時差観戦で盛り上がらなかったからとかではありません。

不慣れなポジションがどうとか、普段連携を積んでない選手同士だからとか、もそれを言い出したらキリがありませんよ。

しかも対戦相手のルーズさに随分と助けられていました。

富樫敬真がこぼれ球を押し込んで、鳥栖戦と同じくらい早くに先制した段階で、いやそれに繋がるクロスを送った兵藤慎剛がいとも簡単にディフェンスラインの間を抜け出した時、「これは今宵は何点入るのだろうか、うひひ」と思ったものです。私が初めてその映像を見てる頃には、現実世界では3失点していたというのに。

1失点目のクリア不全と寄せの遅れは、分からないでもないのですが、残りのセットプレー2発は解せません。高さも揃っていた。榎本哲也と栗原勇蔵という経験豊富な選手がピッチを統率していた。にもかかわらず、なんだかやられるべくしてやられた。

結果以外の収穫がなかったわけではありません。

前述のケイマンはゴールという結果を残しました。その前に前田直輝、決めとけよという話ではありますが。

仲川輝人は、存在感を放っていましたね。一人で一生懸命、中央で受けていました。キープもできていたし、前を向くこともできた。後はゴールだけ。柏のもう一回り小さい中川よりトータルでは良かったのに、あちらは1ゴール。プロセスより結果ですかね。

それでも、なんとなくモヤっとしたままなのはなぜか。勇蔵が増嶋に上から叩き込まれたからというのもあります。なんだか一番見たくない姿です。天野純のパスがほんの少しズレるだけで、落胆が大きいのは比べる相手が中村俊輔だからというのもあるでしょう。この日は天野のズレは最後まで改善されませんでしたが、次のナビスコには出番は来るでしょう。そこで見せるしかありません。

で最後に気づきました。やはりなんかムカムカがおさまらないのは、清水秀彦氏の後ろ向き発言だらけの解説が原因です。あ、私の場合はね。

言っている内容自体、さほどおかしくないのですがなぜああも暗いのでしょう。言葉選び、抑揚、声の質もありますが、どうも彼自身は問題点を彼風に指摘することで悦に入っているように聴こえます。

あぁ〜。とか、これだと守備陣は全く怖くないんですヨとか、誰も中央で受けないんですよネとか。ここを良くすればもっと良くなるというソリューションを提示してはいますが、なんか上から目線で後ろ向き。と、私は感じます。

フジテレビはやたらと清水氏を重用しますが、なぜ中継が暗〜くなるなか考える人はいないのかしら。

フジが地上波で中継する際は、一見さん達が今度はスタジアムに行ってみようかと思わせるためにも、彼の登場は避けて欲しいと、私は思います。

ナビスコ、予選突破云々の前にまずはサブ主体メンバーで勝利を掴みたいところ。その次の試合は2週間後です。

さて、この後なる早で浦和戦の展望に移ろうっと。


皆様の1クリックが更新の大きな励みになっています。ぜひよろしくお願いいたします。 マリノスバナー



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
横浜F・マリノス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「話はうまくまとまらないので中継の話(ナビ3節 柏戦)」へのコメント

こんにちは、コメントありがとうございます。そうですか、柏サポの方でも…。消音再生には衝撃を受けました。確かに湯澤や秋野への言い方はイヤでしたね。実況者の知識や理解が乏しいと余計に彼が言いたい放題になりますね。

松木安太郎氏を見ていて、やはりエンターテイメントなんだから、明るさが一番。解説はその次。と感じている次第です。

話はうまくまとまらないので中継の話(ナビ3節 柏戦)

柏サポの立場からも清水氏の解説は不愉快でした。
とにかく声のトーンもさることながら、内容がネガティブなので聞いていて気分の良いものではありませんでした。
やたらに「よいしょ」する解説もいかがかと思いますが、初出場選手もいる若手主体のナビスコの解説には最も不適です。
素直に、良いプレーは誉めて、ミスはミスとして指摘すれば良いものを、こねくり回した解説をするから、聞いている者を不快にさせるのだと思います。
久々の勝ち試合をビデオ再生したときも、「消音」にしました。

こんな記事も読みたい

Jリーグ・マネージメント・カップについて 【J OKAYAMA】【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

日本サッカーに必要な文化の堆積【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

J1ベストゴール1st第5節【サッカーバカのブログ】

「代表候補」たちの最高のアピール機会に(ナビ3節 柏戦展望)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

目が離せない! カリブの怪足FW・マルティノスの魅力【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

中村俊輔、直接フリーキック 22ゴールまとめ(2016/4/5更新)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

大阪春の陣は最高の夜。 間近で観戦できた幸せ(1st5節・G大阪戦)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

吹田に舞うのは花吹雪とトリコロールの勇者たち(1st5節・G大阪戦展望)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

ブロガープロフィール

profile-iconvaphoon

2010年5月に生まれた息子にしゅんすけと名付けました。謁見の際にご本人から「光栄・・・なのかなぁ(苦笑)」とのお言葉をいただきました。
  • 昨日のページビュー:281
  • 累計のページビュー:7041549

(11月11日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 能力は代表級と言われ続けて。怪我を減らしてヤツが来る
  2. 恥ずかしそうに、恥ずかしい予想を発表した解説者を晒します
  3. 覚醒のときがついに来た? 期待されすぎた男
  4. 前略 中村俊輔様
  5. フォルランがセレッソ大阪へ。再びJリーグに最強助っ人が溢れる時代は来るのか?
  6. 受け入れがたい、アデミウソンの移籍話
  7. 中村俊輔を支持する理由
  8. 「赤字ならJ2強制降格」問題の本質的な問題
  9. 2014年の日程を判明分まとめました(2月11日更新)
  10. フォルランが予想以上な件

月別アーカイブ

2017
04
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss