2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる

今のところ、見事に中位のチーム。今のところ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在6位なので、上に5チーム、下に12チームいることになる。

上位に2分3敗。 下位に7勝2分2敗。(神戸が未対戦)

くっきりと分かれた。要するに一定以上の強いところに、自分たちのペースでやらせてくれないところに勝てないのだ。

中盤の球際が取れればそこそこ攻撃も形になる。相手の運動量が落ちれば、握れる。パスミスが自分達より多い相手ならやり易い。

それは誰でもそうなのだが、特に今のマリノスは逆境に弱く、強いプレッシャーに弱いと言えそうだ。J2で無双したチームがJ1でてんでダメなのと似ている。要するに強度に弱い。相手が事前の想定より強いとお手上げ状態。

客観的に見ると、強きを助け弱きをくじくというのは非常にカッコ悪い。

ぬるい準備をしているのではないか、そう考えたくなるほど、上位に勝てない。このままではこれ以上の順位よりは上に行けない。つまり優勝争いに加わる資格なしということになってしまう。

今年のチャンピオンシップに参戦する条件は、2ndステージで優勝するか、または年間3位以内に入るために、FC東京との勝ち点7差をひっくり返すしかない。

上位に勝てない今のままでは、厳しいだろう。

俗に、直接対決に勝利することは、相手から勝ち点3を奪うため、勝ち点6の価値があるなどと言われる。1stで敗れた相手にお返しをすることで、ようやく献上した分をチャラにできるわけだ。

後ろ向きになりたかったのではない。それが現状だと定義したかったのだ。

中村俊輔、中町公祐、奈良輪雄太、仲川輝人といった怪我で離脱中の選手が復帰することによってチーム内の競争は激しくなることだろう。怪我再発のリスクもケアしながら、「強度を高めた紅白戦」などが、どの程度できるだろうか。

ここ一番!で勝ってるチームが結局は上位にいる。

比較的、試合の間隔が空く2ndステージは、1試合にかける準備の時間も長いはずだ。新体制になって最初の17試合と次の17試合で、分かりやすく進化を見せつけて欲しい。

そして球際の強さで負けないアグレッシブなサッカーを。まだまだ進化は、これからだ。


皆様の1クリックが更新の大きな励みになっています。ぜひよろしくお願いいたします。 マリノスバナー



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
横浜F・マリノス
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

負けなかったことへの評価か、勝てなかったことへの評価か~J1 1stステージ第16節 ガンバ大阪vsベガルタ仙台~【ヒグのサッカー観戦日記】

2ステージ制の意義【This is sports】

サンフレッチェ広島 5-1 モンテディオ山形【FOOTBALL&SORROUND】

仕切り直し、もう一回仕切り直すしかないだろ(鹿島戦)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

両チーム攻撃陣に変化あり、大事な折り返しの最終戦(鹿島戦 展望)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

10周年記念グッズ、選手から手渡し会での神対応【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

ちょっと想像を超えてた【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

超満員のマリノスタウンで、ため息とどよめきが(練習試合・FC東京戦)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

ブロガープロフィール

profile-iconvaphoon

2010年5月に生まれた息子にしゅんすけと名付けました。謁見の際にご本人から「光栄・・・なのかなぁ(苦笑)」とのお言葉をいただきました。
  • 昨日のページビュー:160
  • 累計のページビュー:7052679

(01月18日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 能力は代表級と言われ続けて。怪我を減らしてヤツが来る
  2. 恥ずかしそうに、恥ずかしい予想を発表した解説者を晒します
  3. 覚醒のときがついに来た? 期待されすぎた男
  4. 前略 中村俊輔様
  5. フォルランがセレッソ大阪へ。再びJリーグに最強助っ人が溢れる時代は来るのか?
  6. 受け入れがたい、アデミウソンの移籍話
  7. 中村俊輔を支持する理由
  8. 「赤字ならJ2強制降格」問題の本質的な問題
  9. 2014年の日程を判明分まとめました(2月11日更新)
  10. フォルランが予想以上な件

月別アーカイブ

2017
04
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss