2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる

仕切り直し、もう一回仕切り直すしかないだろ(鹿島戦)

このエントリーをはてなブックマークに追加

中断期間、とはいえたった1週、試合がなかっただけなのに、身体も心も錆び付いてしまったのか。

最初のコーナーキック、最初のチャンスと言ってよかった。念入りにマークを確認するマリノス守備陣を横目に、柴崎岳は冷静に、嘲笑うように、素早いリスタートでショートパスを選択する。

カイオをフリーにしてしまう痛恨、手遅れだった。左サイドのいい角度から射抜かれてしまう。立ち上がり、呆気ない失点劇だった。

そして、伊藤翔をトップ下に起用した意図は不発。三門雄大や喜田拓也の対応はボールを自由に運ばれる分だけ後手に回り、思うように相手陣にボールを運ぶこともできない時間が続いた。

アデミウソンは完全に孤立し、齋藤学はタッチミスが多くて何をやっても空回り。頼みは藤本淳吾のプレースキックだが、あと一歩枠に行かない。

この試合で、250試合出場(J1リーグ戦)を達成した小林祐三は、いい攻撃参加を見せるが、最後の最後でなぜ打たない!は30分過ぎ。アデミウソンが相手を引きつけ、後ろから追いついてきた三門に出したパスは秀逸。距離はあったもののフリーだったので、ここは決めて欲しかったが三門のシュートは枠外。

マリノスに流れが傾きかけてきたかな、なんとか前半のうちに追いつきたいと思ったら、柴崎と土居聖真に中央をぶち抜かれてしまい、前半で2点目を失う厳しい展開となった。

2点を追う後半6分で、早々に藤本淳吾から兵藤慎剛にスイッチし、15分には持ち味を出せない伊藤翔からラフィーニャへ。

だがこれらの交代策は、どちらも有効ではなかった。兵藤はアデとの動きが合わないし、特にラフィーニャは、守備面の課題を意識したのか、チグハグなランばかりが目に付く。無理なチャレンジ、言い訳のような守備。

一時期、三門が前に上がった時間帯を除いて、ほぼ出足で負ける展開は、開幕戦以来、記憶にない。はっきり言えば、噂に聞くよりも遥かに鹿島はソリッドで戦闘的だった。思えば開幕戦もふわっとした入りで、早々に失点してペースと勝ち点を失ったのだった。開幕から3ヶ月、ほぼ全チームと一巡戦って、また脆さを見せられたの厳しい。

監督が代わって最初の試合で見せた欠点は、そのまま顕在化しなかっただけで、改善していなかったのだろうか。

甲府戦で確認できた、誰が運ぶのか、誰がゲームを作るのかの問題も放置されたままのような気がする。さらにセットプレーからやられるのも、またかよという思いがある。ただし中澤佑二の言うように、セットプレーを警戒するがあまりに執拗にヘディングに備えた、その警戒感のバランスを鹿島が強かにショートコーナーで突いてきたとも言えよう。

はっきり言って相当に悔しいが、調子のいい鹿島と悪いマリノスがぶつかった結果としては、妥当なようにも思う。それくらい、もうやられすぎてしまった。だから、相手が強かったと片付けてしまい、2週間トレーニングを積み重ねた結果の見えなかった「チームとしての機能」を問題視すべきではないか。

いろいろ試したが、まだこれだという形が見えたと思えない。前に運ぶ問題を改善するなら、喜田に代えて兵藤とか、ファビオに代えて富澤清太郎とか、そんな工夫も要るだろう。

はい、リセット。リセット。

残念ながら下位にはそれなりに勝つが、上位チームと力比べをするとだいぶ厳しい。順位も戦績もその通りになっている。エリク監督は、明確に策士というより正攻法の監督だ。「けたぐり」とか「ねこだまし」をかまさないと、勝つのが難しい相手との差をどう埋めていけるか。

「そこそこ、いいチーム」でおわってしまうわけにはいかない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
横浜F・マリノス
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

J1 第16節 FC東京vsサガン鳥栖 流れを変えた背番号39の存在【蹴球一筋】

2015:J2:18節:A:vsザスパクサツ群馬「28小林 秀征のデビューも勝利ならず」【蹴鞠談議2】

オフェンスはディフェンスから【m_maruのエスパルス観戦日記】

両チーム攻撃陣に変化あり、大事な折り返しの最終戦(鹿島戦 展望)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

10周年記念グッズ、選手から手渡し会での神対応【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

ちょっと想像を超えてた【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

超満員のマリノスタウンで、ため息とどよめきが(練習試合・FC東京戦)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

ついに写真もキタ! 完全復活への秒読み。どう融合する?【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

ブロガープロフィール

profile-iconvaphoon

2010年5月に生まれた息子にしゅんすけと名付けました。謁見の際にご本人から「光栄・・・なのかなぁ(苦笑)」とのお言葉をいただきました。
  • 昨日のページビュー:106
  • 累計のページビュー:7053089

(01月21日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 能力は代表級と言われ続けて。怪我を減らしてヤツが来る
  2. 恥ずかしそうに、恥ずかしい予想を発表した解説者を晒します
  3. 覚醒のときがついに来た? 期待されすぎた男
  4. 前略 中村俊輔様
  5. フォルランがセレッソ大阪へ。再びJリーグに最強助っ人が溢れる時代は来るのか?
  6. 受け入れがたい、アデミウソンの移籍話
  7. 中村俊輔を支持する理由
  8. 「赤字ならJ2強制降格」問題の本質的な問題
  9. 2014年の日程を判明分まとめました(2月11日更新)
  10. フォルランが予想以上な件

月別アーカイブ

2017
04
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss