2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる

よくある一見さんのマリノス初体験が、意外にも楽しく

このエントリーをはてなブックマークに追加

5歳の息子、シュンスケの幼稚園の同級生であり、同じサッカークラブに通う親友一家4人。初めてのマリノス戦に誘うことに成功した。5月30日、19時キックオフの横浜F・マリノス対ガンバ大阪。

折角、来てくれた人が楽しんでほしい。一家で数千円と、休日の数時間を費やした価値があったと思ってほしい。

日産スタジアムは臨場感が足りなくて子供たちが退屈する、だからニッパツ三ツ沢の試合に誘った方がいいのではないか。 塩試合を見せるわけにはいかないから、ある程度ボコスカ攻められる試合がいいのではないか。 いや、そんなことはない。代表クラスがいるガンバ戦なら楽しめるのではないか。 そもそも、ナイトゲームで良いのか、子供たちが眠くなったらかわいそうだ。

そこには私たちなりの気遣いと、恐れがあった。もう行きたくない、と思われたくない。できれば、リピーターになってもらい、息子の親友家族と一緒にマリノスを応援できたらどんなに楽しいかというささやかな願望があった。

果たして、様々な心配は杞憂であり、私には予想も出来なかった反応が待っていたのである。

お父さん、お母さんと、7歳の女の子と、5歳の男の子。父は、それなりにサッカーに詳しく、久しぶりにJリーグを見るのだからと、順位や選手を予習してくるような真面目な人。

「今、伊藤翔がワントップで頑張っているんですね。」 私「宇佐美目当てかと思いきや、なかなか渋いところ知ってますね!」 「静岡出身なので、清水や磐田のことはちょっと気になるんです。伊藤もジュビロでしたよね」 私「…清水です」

ま、このパパさんなら、よほどのヒドイ試合でなければ、つまらんとは言わないだろう。 男の子は、ウチの息子と遊んでれば楽しいはず。一家みんなが楽しむのに、やはりポイントとなるのはお母さんと娘だった。

もちろん、もてなしの心で、試合前にトリコロールランドでアトラクションを体験させたり、キックターゲットにも率先して引率した。

スタジアムに入れば、ウォーミングアップ前の選手挨拶が見やすい場所へ連れて行き、かき氷のシロップかけ放題をさせ、ガチャガチャもやり…。

席の場所も考えた。N15ゲート付近で、うるさすぎず、静かすぎずの環境。後方すぎると見えないし、前すぎるとピッチとほぼ同じ高さになってしまい、よく分からない。

いや、厳密にはサッカーをゴール裏で見慣れないと、脳内で横からの視点に変換するのは難しいのだが、応援も楽しめる、サッカーもピッチが遠いとは言え、比較的見やすい、そんな場所を取らせてもらった。(ぴょんさん、いつも本当にお世話になります)

そしてウォームアップとともに、スタメンの一人一人のチャントが始まる。古巣ガンバ戦のため、最初は下平匠の唄。しかも何度も繰り返される。男の子は無反応だが、上の女の子は一生懸命歌い始める。直前にもらったフリーペーパー「hamatra」の、フリガナ付き歌詞カードがものすごい効力を発揮したのだ。

今、どの曲を歌っているのか、お父さんに都度確認する女の子。お父さんやお母さんも、たまに息子くんも手拍子したり、オイ!オイ!と声を出すようになる。

アデミウソンのPK先制でハイタッチを交わし、決定機を逃すと頭を抱え、応援のリズムは、こちらを見て、見よう見まね。自身に驚くオマケまでつき、さあ勝利のトリパラの舞いを見よ!と思ったら、まさかの同点劇。だ、ダメだよ…、マリノス。

あーあ、試合結果に落ち込んでいると、一家の反応は予想とはだいぶ違った。

「お祭りみたいで楽しい」とは、ビール片手のお母さん。「齋藤学のドリブルはすごいですね。パトリックの迫力もすごかったです」と試合の感想を言うのはお父さん。 男の子の方は、広い日産スタジアム周辺を走り回ったり、大声を出してOKという環境が楽しかったらしい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
横浜F・マリノス
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

清水戦スポーツバーで揺られながらみてました(^o^)丿【no title】

「J3秋田、異例の募金口座公開 藤枝遠征費のため目標70万円」に一言【でぷスポ13号館】

20150527 東京-広島【Studio calcio!!】

互角以上の戦い。顔を上げて、もっと高みへ (G大阪戦)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

絶対に勝たなくてはならない (G大阪戦 展望)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

えーい、俊輔はまだか、まだなのか。【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

ナビスコ杯、本当に最後まで戦い抜けたか(予選6節・川崎戦)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

ラフィの何度目かの試運転、今日こそゆりかごダンス!?(川崎戦)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

ブロガープロフィール

profile-iconvaphoon

2010年5月に生まれた息子にしゅんすけと名付けました。謁見の際にご本人から「光栄・・・なのかなぁ(苦笑)」とのお言葉をいただきました。
  • 昨日のページビュー:106
  • 累計のページビュー:7053089

(01月21日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 能力は代表級と言われ続けて。怪我を減らしてヤツが来る
  2. 恥ずかしそうに、恥ずかしい予想を発表した解説者を晒します
  3. 覚醒のときがついに来た? 期待されすぎた男
  4. 前略 中村俊輔様
  5. フォルランがセレッソ大阪へ。再びJリーグに最強助っ人が溢れる時代は来るのか?
  6. 受け入れがたい、アデミウソンの移籍話
  7. 中村俊輔を支持する理由
  8. 「赤字ならJ2強制降格」問題の本質的な問題
  9. 2014年の日程を判明分まとめました(2月11日更新)
  10. フォルランが予想以上な件

月別アーカイブ

2017
04
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss