2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる

互角以上の戦い。顔を上げて、もっと高みへ (G大阪戦)

このエントリーをはてなブックマークに追加

遠藤のFK、パトリックのボールに、小林祐三が触れ、あえなくマリノスのゴールを割る。 残念なことに、1シーズンに一度や二度、アディショナルタイムに追いつき、追いつかれることはあるのがサッカー。それがこの日だった。

絶好調とはいえない、ACLで疲弊した王者に対して、94分間ほぼマリノスのペースで試合をしてみせた。 プレゼントされたようなPKであげた1得点だったとしても、無意味に思えるチャージで赤紙が出て、わざわざ向こうが10人になったのだとしても、十分胸を張っていい内容だった。

同点のきっかけとなった遠藤のフリーキック。それを与えた2つのプレーが議論の対象になっている。

一つ目は、囲んだのにファウルをおかして、フリーキックを与えてしまった兵藤慎剛のプレー。要するに名手遠藤にあの位置でセットプレーを与える怖さを認識せよということ。確かに、囲んでいれば何もできなかったのに無理に奪おう、止めようとする必要はなかったかもしれない。最後の最後に出た焦りということだろうか。

あっちは10人なのにまるで11対11のようなプレーをしてしまったとは中澤佑二の弁。大一番だからこそ、最後の落ち着きが欲しかった。

もう一つのプレーは、今のファウルの場面から数十秒巻き戻す。左サイドの大外をドリブルで破った齋藤学はクロスを上げないべきだったというものだ。

アディショナルタイムも残り1分。「べき論」で言えば、学はコーナーアーク付近で時間稼ぎすべきだった。次の策は近くにいる味方へのマイナス方向のパス。

けれども、学は2点目を取ることに挑んだ。走りこむ伊藤翔は交代したばかりで元気いっぱい。だが惜しくも合わずにGK東口がキャッチして、すぐさまガンバの攻撃が始まり、やがて上述のファウルにつながるというわけだ。

マッチデーハイライトの放送内で水沼さんのインタビューを受けた学は、それは結果論としつつも、「間違いなく、キープを選んでいればあの失点はなかった。そこは重く責任を受け止める」と言った。

さらに、すぐに次があるので、次は結果を出したいと、前向きに語った。

ラストのほんの数プレーですべての因果関係を語ることなど到底出来ないのだが、本当の意味でのしたたかさがあれば難なく逃げ切ることができたのかもしれない。自然とそういうことができるかどうか、まだまだマリノスはウブだ。

大きな地震による10分弱の中断があった。その影響がどれほどあるかと心配したが、さすが日本のトッププロたちは水分補給の後は。ストレッチをしたり、細かな話し合いを行って集中を切らさなかった。

ではスタンドはどうだったか。ラスト10分、小椋祥平が登場した時のスタンドに強烈な違和感があった。

選手紹介時ならともかく、なんと試合中に「敵」の選手に温かな拍手。なんともユルい。そんなスタンドの雰囲気など選手のパフォーマンスには何ら影響がないという考える人でなければ、何かしら弛緩の空気がピッチに届いたかもしれない。それくらいの油断、のんき。

それにしても400試合出場の中澤佑二はこの日も素晴らしかった。ファビオの長い足も幾度となく危機の芽を摘んだ。 攻撃陣に目を向けると、アデミウソンのシュートが枠に行かなかったのが歯痒い。マリノスの決定機は、目を覆うような超逸機ではなかったが、アデなら仕留められるだろう!というものもあった。それだけの期待を彼は背負っている。

ほんの少しの巡り合わせで十分、2点目は取れたはず。1-0で十分だったという見方もあるが、いや、2点目を取って試合を決められたはずだと思う。真の強者なら、そうしている。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
横浜F・マリノス
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「互角以上の戦い。顔を上げて、もっと高みへ (G大阪戦)」へのコメント

コメントありがとうございます。いい試合でした。互角以上に渡り合ったガンバが来月はどうなっているか、鹿島戦も大事ですが、万博のリターンマッチは見逃せません。

参戦したいと思っております。今後ともよろしくお願いします。ぜひまたお気軽にコメントください^_^

「互角以上の戦い。顔を上げて、もっと高みへ (G大阪戦)」へのコメント

初コメントさせて頂きます。

ガンバ戦現地観戦していました!
試合が終わった時は訳がわからず呆然としてしまいました(-_-)

しかし、ガンバ相手に互角以上の戦いを見せたのも確か!
次の現地観戦は鹿島戦になると思いますが、その時に復帰してるであろう俊輔とアデ、学、淳吾といったあたりがどういう連携を見せてくれるのか今から楽しみです(^ ^)
ハマったら今の上位陣にも見劣りしないはず!
そう信じて鹿島戦に臨みたいですね。

こんな記事も読みたい

【Jリーグ第14節】いろいろ ~浦和以外のチームに奮起を促したい~【生意気くらいが丁度いい。】

新しい力で巻き返せ!【リーグ第16節 ザスパクサツ群馬戦】【犬の意地】

最強の翼に対抗したものは、スプリント41回 湘南vs広島【毎日フットボール】

絶対に勝たなくてはならない (G大阪戦 展望)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

えーい、俊輔はまだか、まだなのか。【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

ナビスコ杯、本当に最後まで戦い抜けたか(予選6節・川崎戦)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

ラフィの何度目かの試運転、今日こそゆりかごダンス!?(川崎戦)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

のどかな街なのに、いろんなところにサッカーがあった【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

ブロガープロフィール

profile-iconvaphoon

2010年5月に生まれた息子にしゅんすけと名付けました。謁見の際にご本人から「光栄・・・なのかなぁ(苦笑)」とのお言葉をいただきました。
  • 昨日のページビュー:114
  • 累計のページビュー:7053202

(01月22日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 能力は代表級と言われ続けて。怪我を減らしてヤツが来る
  2. 恥ずかしそうに、恥ずかしい予想を発表した解説者を晒します
  3. 覚醒のときがついに来た? 期待されすぎた男
  4. 前略 中村俊輔様
  5. フォルランがセレッソ大阪へ。再びJリーグに最強助っ人が溢れる時代は来るのか?
  6. 受け入れがたい、アデミウソンの移籍話
  7. 中村俊輔を支持する理由
  8. 「赤字ならJ2強制降格」問題の本質的な問題
  9. 2014年の日程を判明分まとめました(2月11日更新)
  10. フォルランが予想以上な件

月別アーカイブ

2017
04
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss