2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる

フォルランが予想以上な件

このエントリーをはてなブックマークに追加

あの入団会見はJリーグの歴史に残るものでした。カンペなし、オール日本語。日本政府とJリーグへの感謝の言葉。チームは昨季4位だったが、もっと上を目指すという的確な知識、それも日本語で。

フォルランは本気や!

来日前から、家庭教師をつけて、家族で日本語を学んでいたと言います。
会見を見たほぼ全ての人が、彼の人柄に心を掴まれたのではないでしょうか。

来日の日程がなかなか決まらなかったのを受けて、来ると見せかけて入団しないのではと疑っていた、斜に構えた愚か者は私です。

ただし推定年俸6億円。それに見合う働きをしてくれるのか。日本語のスピーチではなくて、サッカーで。そんな声をかき消すように、合流して即、対外試合となった土曜日には、岡山を相手に35mはあるかという、ワンタッチでのループシュートを決めて見せます。

もう体が動いている。いきなり実戦に出る気がある。本気な上に本物だ! 
ワールドクラスってこういうことなんでしょうね。

試合終了後には、日本代表の山口螢が攻撃ではなく横パスを選択したある場面を取り出して、やはりあの場面は〜などとアドバイスする姿も。並の助っ人ならまずやらないことを、この人はやる。

この練習試合には3,000人が押し寄せて、練習場は満員。さらに長居スタジアムでの広島との開幕戦のチケットも売れ行きが好調のようです。

2節の対戦相手である徳島では、自身のJ1での初陣という記念すべき試合と、フォルラン効果が重なって、すでに完売と発表されていますから、効果は早くも様々な場面で出ています。

ただ心配事を上げるとすると、W杯までの過密日程でしょうか。ACLもありますが、フォルランが出るのか出ないのかで、別のチームになってしまうかもしれません。かと言って彼自身もウルグアイを背負ってブラジルに向かう身ですから、適度な休暇は必要となるでしょう。ちなみにマリノスとセレッソの最初の対戦はW杯明けの7月19日。ちゃんと対戦してくれますよねー?(意味深)

また、使う側があれだけの名選手を使いこなせるのか。誰とは言いませんが、FC東京時もタレントはいるのに結果を残せない「迷将」の呼び声高い新監督がフォルランと信頼関係を築けるのかなあ。

しばらくは目が離せないフォルランの動向。そして、他クラブが大物獲得をぜひ真似てほしいです。セレッソにできるのだから、多くのクラブでできないはずがない。

夢のある補強、チームのステータスをぐっと高めてくれる選手となると、世界中でもそんなに多いわけではありませんが、こういう時代だからこそビッグネームを取りに行って欲しいですね。とくにW杯前後に契約のきれる選手の中には、思わぬ宝が…。

とくにマリノスの泣き所とも言われるワントップの軸となる選手の獲得。マルキーニョスを遥かに上回る、世界的ストライカーが来た日にはね。

嘉悦社長、下條さん、夢を見させてくださいよ!


vaphoon-00000
ランキングに参加しています。クリックしていただけると、大変励みになります。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
横浜F・マリノス
タグ:
セレッソ大阪
横浜F・マリノス
フォルラン
長居スタジアム

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

今さらフォルランですが、、、【totoで本気のスポーツ振興を!】

第20回ちばぎんカップを終えて【FUN!~勝利のために~ WIN BY ALL!!!】

新戦力への期待【ドラゴンズ 時々 グランパス】

《セレッソ》やっぱフォルラン×2ゆーてしまうけど?【南大阪に吹くマリンの風】

親子でウルグアイ代表!【当てtoto】

ついに2014年、第1弾totoが発売開始!【当てtoto】

【セレッソ大阪】15日練習試合の速報、途中経過【セレッソ応援ブログ~桜満開~】

【セレッソ大阪】カチャルの加入決定か。【セレッソ応援ブログ~桜満開~】

ブロガープロフィール

profile-iconvaphoon

2010年5月に生まれた息子にしゅんすけと名付けました。謁見の際にご本人から「光栄・・・なのかなぁ(苦笑)」とのお言葉をいただきました。
  • 昨日のページビュー:116
  • 累計のページビュー:7052984

(01月20日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 能力は代表級と言われ続けて。怪我を減らしてヤツが来る
  2. 恥ずかしそうに、恥ずかしい予想を発表した解説者を晒します
  3. 覚醒のときがついに来た? 期待されすぎた男
  4. 前略 中村俊輔様
  5. フォルランがセレッソ大阪へ。再びJリーグに最強助っ人が溢れる時代は来るのか?
  6. 受け入れがたい、アデミウソンの移籍話
  7. 中村俊輔を支持する理由
  8. 「赤字ならJ2強制降格」問題の本質的な問題
  9. 2014年の日程を判明分まとめました(2月11日更新)
  10. フォルランが予想以上な件

月別アーカイブ

2017
04
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss