2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる

2014年の日程を判明分まとめました(2月11日更新)

このエントリーをはてなブックマークに追加

※2/11、キックオフ時間判明分をアップデートしました。気になるACL3節、4節の相手は2/15に決まります。

対戦カードはまだだが、W杯イヤーとなる来年、2014年の日程がJリーグから発表となった。J1の開幕は3月1日(土)、最終節は12月6日(土)だ。

だがACLに出場する4クラブは、2月25日(火)または26日(水)にグループリーグ初戦を迎える。だが、新シーズンの初戦は2月22日(土)のゼロックススーパーカップを想定して準備したい。天皇杯を制すると、この試合の出場権が得られ、広島にリーグ優勝をさらわれた借りを返す好機となる。

まだ試合日程が正式に定まらない試合もあるのだが、一応、各サイトの情報を元にマリノスの公式戦を下記にまとめておきます。

〈2014公式戦日程表〉
2月22日(土) 13:35  ゼロックスSC 広島対横浜FM 国立
2月26日(水)  19:00     ACL 第1節・全北現代(全州ワールドカップス)
3月2日(日)13:00         J1第1節・大宮(日産ス)
3月8日(土) 15:00        J1第2節・清水(アイスタ)
3月12日(水) 19:30      ACL 第2節・広州恒大(横浜国)
3月15日(土)13:00       J1第3節・徳島(ニッパ球)
3月18日(火)       ACL 第3節・未定
3月23日(日) 14:00      J1第4節・甲府(中銀ス)
3月29日(土) 14:00      J1第5節・鹿島(日産ス)
4月2日(水)19:30      ACL 第4節・未定 (横浜国)
4月6日(日) 14:00        J1第6節・新潟(デンカ)
4月12日(土)14:00       J1第7節・仙台(日産ス)
4月15日(火) 19:30      ACL 第5節・全北現代(横浜国)
4月19日(土)15:00       J1第8節・柏(柏)
4月22日(火) 20:00*      ACL 第6節・広州恒大(広州天河体育中心)

  • 他会場と同時キックオフのために変更となる場合あり

4月26日(土) 14:00      J1第9節・FC東京(日程ス)
4月29日(火・祝)16:00  J1第10節・浦和(埼スタ)       
5月3日(土・祝)14:00  J1第11節・G大阪
5月6日(火・休) 14:00  J1第12節・広島
          →ACL次第で7/15 or 16に振替
5月6日(火・休)              ACLラウンド16①
5月10日(土) 14:00      J1第13節・鳥栖(日産ス)
5月13日(火)                   ACLラウンド16②
5月18日(日) 15:00      J1第14節・川崎(等々力)

中断期間

7月12日or13日  天皇杯2回戦※
7月19日(土) 19:00      J1第15節・C大阪(長居)
7月23日(水) 19:30      J1第16節・神戸(ニッパ球)
7月27日(日) 19:00     J1第17節・名古屋(瑞穂)
8月2日(土)    18:00     J1第18節・G大阪(万博)
8月9日(土)    19:00    J1第19節・柏(日産ス)
8月16日(土) 19:00      J1第20節・徳島(鳴門大塚)
8月20日(水)       ACL 準々決勝①
8月20日(水)       天皇杯3回戦※
8月23日(土) 19:00     J1第21節・川崎(ニッパ球) ※
8月27日(水)       ACL 準々決勝②
8月30日(土) 19:00      J1第22節・仙台(ユアスタ) ※
9月3日(水)         ナ杯準々決勝①
9月7日(日)         ナ杯準々決勝②
9月10日(水)       天皇杯4回戦※
9月13日(土)       J1第23節・名古屋(日産ス)
9月17日(水)       ACL準決勝①
9月20日(土)       J1第24節・鹿島(カシマ)
9月23日(火・祝)  J1第25節・広島(日産ス)
9月27日(土)       J1第26節・甲府(日産ス)
10月1日(水)        ACL準決勝②
10月5日(日)        J1第27節・鳥栖(ベアスタ)
10月9日(木)       ナ杯準決勝①
10月12日(日)     ナ杯準決勝②
10月15日(水)     天皇杯準々決勝※
10月18日(土)      J1第28節・清水(日産ス)
10月22日(水)      J1第29節・大宮(NACK)
10月25日(土)      ACL決勝①
10月26日(日)      J1第30節・C大阪(長居)※
10月末?           ナ杯決勝
11月1日(土)        ACL決勝②
11月3日(月・祝) J1第31節・浦和(日産ス)※
11月22日(土)     J1第32節・神戸(ノエスタ)
11月26日(水)     天皇杯準決勝※
11月29日(土)     J1第33節・新潟(日産ス)
12月6日(土)       J1第34節・FC東京(味スタ)
12月13日(土)     天皇杯決勝(日産ス)
    但し、決勝進出クラブがクラブW杯に出場の場合は23日に代替

リーグ戦で※印のあるものは、ACLに勝ち上がった場合は変更となる。
※天皇杯の日程は公式発表なし。サッカー協会の理事会資料がソース。ACLの日程が事後に変更になったため3回戦は別日程となる可能性大
(更新したのはこの日程欄まで。下記の雑感は当時ままです)

か、か、過密…。さすがにこれを見て、全部勝つぜイェーイとか言えないですね。ナビスコ杯の準々決勝などは今年同様に6月に前倒しできると思うのだけど。というか、J2、J3と同様に普通に6月も開催してはどうか。代表不在でもナ杯や天皇杯もやるのだから、J1だって1〜2試合ならやってしまえばいいのに? 遠藤、柿谷、西川など数人のことだがそこまで問題だろうか。

ちなみに天皇杯の結果でACLの組み合わせが変わることは既に報告したが、仮に天皇杯でマリノスが優勝できない場合は、3/12と3/19に韓国、オーストラリアのアウェイが続いて、その間に1試合、日本でリーグ戦とかいう悪魔のような日程が待ち受ける。天皇杯勝った場合の組分けでは、ACLでアウェイ連荘という地獄はない。ただいずれにしても、3/29以降、中断期間までは凄まじい日程になるのは間違いない。

ACLでベスト8まで勝ち上がった場合の、9/3〜17もエグい。二週間で、ナ杯、天皇杯、J1、ACLと異なる4つの大会の5試合を戦う。まともな選手が戦い抜けるだろうか、ドゥトラのような人間離れした規格外の選手以外では不可能に思える。

そろそろ来年のカレンダーを設置し始めた方も多いと思う。まずは上記の日程を書き込んでおくことをお勧めしたい。

やはり、今やるべきことは天皇杯の優勝と、補強だ。そろそろ大物の獲得、来ませんか?!

ところで、ネンチケの購入完了しました。年内ならEdy2000円もつくからお得ですよ。しかもナ杯の予選ではなく、ACLのグループリーグ3試合付き! これは買うしかない。って買うと、週末の予定が半分以上、埋まってしまいます。

それってシアワセー。

vaphoon-00000
ランキングに参加しています。クリックしていただけると、大変励みになります。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
横浜F・マリノス
タグ:
ナビスコ杯
ACL
横浜F・マリノス
天皇杯
2014年試合日程

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

清水エスパルス  鹿児島キャンプ 2/11【サッカーよこしまな話】

雪かき・TM・出陣式【鳥取】【強小の力】

【ボツ記事企画】天皇杯決勝 横浜Fマリノス×サンフレッチェ広島〜【らもすいずむ~伊達と酔狂で~】

除雪のクラブ愛! 私はJ1の練習試合日程をまとめて愛を示す【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

真っ白い町を見ながら、真っ赤なクラブの財布を思う【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

イタリア代表のディアマンティが広州恒大に加入!【Ciao!Ciao!】

「トリコロールフェスタ」中止に(涙)! ACL用サードユニはWEBで発表【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

優勝予想よりはまだ当たるかも 最優秀選手賞の行方とは【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

ブロガープロフィール

profile-iconvaphoon

2010年5月に生まれた息子にしゅんすけと名付けました。謁見の際にご本人から「光栄・・・なのかなぁ(苦笑)」とのお言葉をいただきました。
  • 昨日のページビュー:86
  • 累計のページビュー:7040528

(11月09日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 能力は代表級と言われ続けて。怪我を減らしてヤツが来る
  2. 恥ずかしそうに、恥ずかしい予想を発表した解説者を晒します
  3. 覚醒のときがついに来た? 期待されすぎた男
  4. 前略 中村俊輔様
  5. フォルランがセレッソ大阪へ。再びJリーグに最強助っ人が溢れる時代は来るのか?
  6. 受け入れがたい、アデミウソンの移籍話
  7. 中村俊輔を支持する理由
  8. 「赤字ならJ2強制降格」問題の本質的な問題
  9. 2014年の日程を判明分まとめました(2月11日更新)
  10. フォルランが予想以上な件

月別アーカイブ

2017
04
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss