2015年、中村俊輔がシャーレを掲げる

中澤佑二が中村俊輔と同じチームにいる奇跡

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日発売のサッカーダイジェストに三浦淳寛の対談連載が載っている。センターバック論と題したテーマのお相手は、ヴェルディ時代に同僚だった中澤佑二。二人の写真がとても親しげでリラックスした対談だったことが伺える。

注目したのは二つ。一つ目は俊輔を中心としたチームで、ボンバーが一歩下がっているという図式をごく、自然に語っていたこと。確かに俊輔が主将であり、俊輔本人も認めるように今年は控え選手にも積極的に声を掛けるなどチームを一つにまとめようと動いている。中澤本人の言葉を額面通りに受け止めれば、そういった部分は俊輔に任せて、自分は聞かれたら答えるという姿勢を崩さないのだという。中澤ほどの実績と熱意を持った選手が、一歩引いて、チーム、選手のバランスに目を配れるのは立派だ。もちろんチームにとってのプラスの影響はとても大きい。俺は何もしていない、なんてみえみえのウソつくなと、ツッコむだけ。

チームの攻守の柱として、中村俊輔と中澤佑二が同じチームにいて、フル稼働している事実に慣れてしまってきたが、こんな組み合わせは奇跡である。経験と能力と意欲を兼ね備えたスーパーレジェンドの競演。そして互いがぶつかりあうことなく、高いレベルでバランスを取っている事実。この環境ならもっと後に続く選手たちが急成長してもいいはずか、それともその分だけレジェンドが出場機会を阻害してしまうのか。

凄すぎて、存在がデカすぎて、やがて何年か後に彼らがいなくなったあとのことが本気で心配である。


もう一つアツが尋ねたのは守備の仕方だった。ボンバーによれば、ポイントは対峙する相手からボールが離れたときなんだという。相手とボールの距離が離れたその瞬間にどう奪うためのアクションをするのか? また常に足に吸い付くようなボールコントロールをされた場合はコースを切るなど別の対応を考えるらしい。当然それを無意識の中でやっているわけだ。ボンバーの頭の中がほんの少し覗き込めたようで興味深い。

最後にアツから向けられた代表復帰論については「一度も呼ばれないから」と意欲を隠そうとしない。この辺り、もう終わったことだからと代表引退を撤回しようとしない俊輔とは対照的な立ち位置だ。ACLで活躍することで代表復帰の可能性も…などと言っている。

高校で単身留学をしたブラジルのW杯には彼も思い入れがあるはずだ。最終ラインにカツを入れる、中澤佑二、いいよなぁ。そして横には栗原勇蔵がいたら、楽しいだろうなぁ。

でも、まずは今年のマリノスのタイトルだ。公式戦で一度も決まってない、俊輔の挙げたボールからの、ボンバーヘッド! 広島戦でも惜しいのが一本あったけれども。

次の名古屋戦は空中戦がJトップクラスだ。そこでの得点なら倍の価値がある。連続完封とともに、頼みますぞ!

ちなみに11/4は三ツ沢で三浦淳寛の引退試合で、中澤佑二、中村俊輔も出場予定。二人は別のチームになるようで、ボンバーからは俊輔にも、同じく対戦相手のカズにも本気で行くという宣言でインタビューが結ばれていた。

これからもがんばってくれ、ボンバー!

vaphoon-00000
ランキングに参加しています。クリックしていただけると、大変励みになります。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
横浜F・マリノス
タグ:
中村俊輔
横浜F・マリノス
中澤佑二
三浦淳寛

こんな記事も読みたい

【JFL】2013年度第30節入場者数【JapanFootballNews】

【祝】J1新記録!直接フリーキック17得点の試合を今度は全てまとめた〜中村俊輔・直接FKまとめ最新版〜 【2015年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

失意の4失点。リーグ戦第30節vs鹿島戦【主婦の目線でフロンターレ♪】

【祝】J1新記録! 17得点をまとめるためにあなたも力を貸してください〜中村俊輔・直接FKまとめ暫定版〜【2015年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

抜け出してほしい。【2015年、どうなるマリノス?】

1-0は心臓に良くないね…【素人のマリノス好き観戦記】

俊輔劇弾! 記録づくめの一勝で、ここからは「未知の領域」の戦いへ。〜第30節・大分戦(大銀ド)1-0【2015年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

【J1第30節】横浜FM対大分【横浜F・シマリノス ~ Never give up ~】

この記事へのコメントコメント一覧

中澤佑二が中村俊輔と同じチームにいる奇跡

タンタカタンさん、いつもありがとうございます。しれっとすごいことを書いていらっしゃいますが、楢崎と友達なんですか。驚きました。

名古屋戦、それではお待ちしてますよ!!

中澤佑二が中村俊輔と同じチームにいる奇跡

こんばんは

まず、気がついたことですが、淳と佑二君はマリノスでは、かぶっていないんですね。10年以上前の話ですからすっかり忘れてましたf^_^;)

今回の対談で感じたことは、今のマリノスはチームとして実にバランスが取れているんでしょうね。ベテランは、それぞれ個性を出しつつ若手も動きやすいように振る舞い、若手もそんなレジェンド達と一緒にプレイ出来ることに喜びを感じながらのびのびとらしさを出す。
こういったチームの雰囲気が、結果につながっていくのだと、しみじみ思いました。

あま〜いお誘い(笑)がありました次節の名古屋戦ですが、ボンバーヘッド久しぶりに見たいデスね。それと、名古屋の楢崎君は俊くんからFKでのゴールを結構献上しています。楢崎君とは昔よく遊んだ旧知の仲なのですが、今年も期待しちゃってます!

このブログの最近の記事記事一覧

ブロガープロフィール

profile-iconvaphoon

2010年5月に生まれた息子にしゅんすけと名付けました。謁見の際にご本人から「光栄・・・なのかなぁ(苦笑)」とのお言葉をいただきました。
  • 昨日のページビュー:4609
  • 累計のページビュー:5137650

(09月04日現在)

関連サイト:

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 能力は代表級と言われ続けて。怪我を減らしてヤツが来る
  2. 恥ずかしそうに、恥ずかしい予想を発表した解説者を晒します
  3. 覚醒のときがついに来た? 期待されすぎた男
  4. フォルランがセレッソ大阪へ。再びJリーグに最強助っ人が溢れる時代は来るのか?
  5. 「赤字ならJ2強制降格」問題の本質的な問題
  6. 中村俊輔を支持する理由
  7. 2014年の日程を判明分まとめました(2月11日更新)
  8. フォルランが予想以上な件
  9. ついに太陽は昇らず。心に空いた大きな穴
  10. 東アジア杯 日本代表 23名を選ぶ、15日の発表前にもちろん勝手に。

月別アーカイブ

2015
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2015年09月04日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss