Jリーグについて-素人の勉強部屋

月別アーカイブ :2009年07月

J1クラブの年俸-20人の偏差値-2

前回、上位20人以上の年俸傾向を偏差値に変換して概観した際に、4-8番目の選手の値にばらつきがあること、勾配に傾向がありそうなこと、20位以上という数字が正しいか検証は保留中であることを述べました。 そこで、生抜き選手の傾向を取り払って、勾配に注目してみると4-8番目の選手の高低で傾向が分かれそうです。前者は実際の金額が直線的に、後者は下弦の曲線になります。 今回は実際の金額でグラフ作成してみま......続きを読む»

J1クラブの年俸-20人の偏差値

各クラブの開幕時の選手年俸についての考察、第3回。今回は具体的なクラブのデータを概観したいと思います。 前回、クラブの年俸上位20人を抽出して検討しましたが、上位抽出という検討はありかなと思います。下位は将来を見据えての選手が主で、上位にチーム作りのメインプレイヤーが占めるとすると、もちろん年齢に起因する例外も多々あると思いますが、まあ、データは手軽になるし考察の導入部としては丁度良いかと思います......続きを読む»

J1クラブの年俸について2

前回の続きで選手の年俸について考察してみたいと思います。 サッカーマガジンのNo。1237にJ1全選手の年俸が出ていました。上の方だけをちょっと比べてみても私のデータ元である日刊の名鑑とは随分金額が違うようです。例えばサカマガで柏のフランサ選手が08年で2億5千万円、09年で1億5千万円ですが、日刊では09年で1億円です。マルキーニョスやジュニーニョなども日刊の評価が低く、金額の大小は年俸情報の不......続きを読む»

J1クラブの年俸について

Jリーグクラブの人件費のエントリーではクラブの格差が順位に現れるかどうかということに触れてみました。今回は「日刊スポーツグラフ2009年Jリーグプレーヤーズ名鑑」の推定年俸値を用いて、格差という曖昧な視点ではなく、もう少し具体的に数字を追いかけてみたいと思います。年鑑に基づく数字は開幕前のものになります。 年鑑のデータと前回取り上げたサッカーダイジェストのデータは大分が大幅に異なっていましたが、そ......続きを読む»

選手枠について(JUMPの提言)

ネタとしてはちょっと古いですが、いわゆるJUMPの提言について取り上げてみたいと思います。 2009年5月16日に朝日新聞では以下。(左のリンク集を参照してください。) ・プロ契約選手数を(段階的に減らし最終的に)25人に制限(2人以上は自前のアカデミーや地元で育成) ・J2の外国籍選手はアジア枠を含めて2人まで ・サテライトリーグとベストメンバー規定を廃止 ・ナビスコ杯を水曜開催......続きを読む»

Jリーグクラブの人件費

毎度素人の~と断るもの面倒なので、ブログタイトルを変更いたしました。今後ともよろしくお願いします。 グラフ化シリーズ。今回は人件費。Jリーグの情報公開項目の人件費はコーチングスタッフ(下部組織を含む)などを含めた金額です。 人件費は少しは順位と関係あるだろう。と期待したいのですが、これは割りと事業費に類似する曲線を描き、順位との相関関係は見え難い。 事業費と異なる曲線を描いている部......続きを読む»

Jクラブの収支をグラフ化

最近ちょっとハマっているグラフ化、今回はクラブの収支をグラフ化しました。 以前取り上げたエントリーでは収入状況によってタイプ分けをしてみましたが、今回は順位を横軸にみてみましょう。データ自体は既知なものですからクラブ規模と順位固定度の関係が透けて見えるものがあればいいのですが、あまり成果を期待せずにグラフによる空間的・直感的な発見が皆さんにあればうれしいです。 縦軸は07年の広告料収入・入場料収......続きを読む»

J1,17節を終えた勝ち点

J1が17節を終えたところで、勝ち点のグラフを見てみたいと思います。 Jリーグを中心に見るために今まで採用していた20クラブ38節換算で勝ち点率を見ていたグラフを18クラブ34節の勝ち点のグラフに変更しました。(欧州は7シーズンの数値に変更しました) J1の05年からの4シーズン平均をおさらいすると欧州4カ国のリーグと比べてなだらかな勾配で8~15位が少し高め、1,2位が低めのリーグ......続きを読む»

天皇杯について

今年の天皇杯で、J1・J2共にシードが2回戦となり、ベストメンバー規定の対象とする案を固め、17日の実施委員会で最終的に決まるそうですね。 以前天皇杯はもう限界!!というエントリーで、シード枠を前年の戦績によって上下する変動制を提案してみました。その際、具体的にトーナメントを組んでみてJクラブが36チームに増えた今年は今までの方式で無理だとしました。なので、恐らく、17日の実施委員会で「2回戦から......続きを読む»

リーグの順位固定度について-欧州の4カ国

前々回のエントリーでは欧州5大国のトップリーグ4つ(イタリアは不正問題の為除いています)とJ1・2リーグの順位と勝ち点の関係をグラフにしてみました。欧州ではおよそ6位~10位(20クラブ換算)が大体重なり、下位の1~4クラブのどこかで大きく落込む手前まではある程度の幅に収まっていますが、上位についてはクラブごとの特徴が出ていました。 今度はクラブを順位変動の度合いでタイプ分けをしてリーグに占め......続きを読む»

ACL獲得賞金はおいくら?

これまでのACL獲得賞金を表にしてみました。 クループリーグでは勝てば4万ドル、引分けで2万ドルが賞金として与えられ、アウェー費用として3試合×3万ドルが支給されます。ラウンド16では勝てば5万ドルでアウェー費用が4万ドル。 1ドル=96.6円として合計すると表のようになります。 Jリーグのクラブは名古屋・川崎が3100万円。G大阪が2800万円。鹿島が2600万円。 アウェ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconvalpon

  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:293756

(09月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. クラブの収入について-J1・J2比較編-
  2. Jリーグ配分金について調べてみる。
  3. Jリーグの配分金について
  4. 各クラブのホームタウン人口について(前編)
  5. ACL獲得賞金はおいくら?
  6. J1・J2(とJFL)のリーグ間格差
  7. サカダイ:ファジアーノ岡山社長木村氏についての記事を読んで
  8. Jリーグクラブのセカンドチームについて
  9. 招待券について
  10. J1とJ2、戦績比較のラフスケッチ

月別アーカイブ

2010
06
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss