Jリーグについて-素人の勉強部屋

Jリーグ/格差(順位・勝ち点)

クラブの成長トレンド

今日は素人の作文です。偶然立ち寄った書店で川口諭氏の「ゲーム理論の思考法」という本が目に留まり読んでみて、(超入門編ですが初ゲーム理論の私には丁度良かった)、今興味を持っている「リーグ格差とクラブの成長」に関係するところがありました。 企業が合法的にバブルを起こす方法。 ある企業の利益が1年目に1000万円で株価100円で取引されています。翌年の利益は5000万円で株価が500円となり、その......続きを読む»

以前から存在するJ2の格差

J2の拡大路線による格差拡大の指摘がありますが、順位表をみると09年は例年より格差が少し少ない程度でシーズンを終えています。優勝した仙台の勝ち点が106ですが、51節でこの数字、おおよそ2点/節は決して多い数字ではありません。 J2はクラブ数が変化するので、比較が難しいのですが、1999年から2009年までの順位表を18クラブ34節に換算して表を重ねてみましょう。 比較対象として......続きを読む»

J1,17節を終えた勝ち点

J1が17節を終えたところで、勝ち点のグラフを見てみたいと思います。 Jリーグを中心に見るために今まで採用していた20クラブ38節換算で勝ち点率を見ていたグラフを18クラブ34節の勝ち点のグラフに変更しました。(欧州は7シーズンの数値に変更しました) J1の05年からの4シーズン平均をおさらいすると欧州4カ国のリーグと比べてなだらかな勾配で8~15位が少し高め、1,2位が低めのリーグ......続きを読む»

リーグの順位固定度について-欧州の4カ国

前々回のエントリーでは欧州5大国のトップリーグ4つ(イタリアは不正問題の為除いています)とJ1・2リーグの順位と勝ち点の関係をグラフにしてみました。欧州ではおよそ6位~10位(20クラブ換算)が大体重なり、下位の1~4クラブのどこかで大きく落込む手前まではある程度の幅に収まっていますが、上位についてはクラブごとの特徴が出ていました。 今度はクラブを順位変動の度合いでタイプ分けをしてリーグに占め......続きを読む»

β版順位表のグラフ化2

イタリアを除く欧州4カ国のトップリーグとJ1、J2の順位表ですが、前回扱った4シーズンの数値を平均した方が見やすいのではというご指摘を受けて表にしました。 表に対するコメントは前回の記事に夏神さんと南田神田さんが適切なコメントをしていただいていて、平均したグラフにも当てはまると思いますので、そちらをご参照ください。 リーグのクラブ数が異なる為、横軸の順位は「最下位を20位に換算した順......続きを読む»

β版順位表をグラフ化してみる

前回頂いたコメントのご指摘から、イタリアを除く欧州4カ国のトップリーグとJ1、J2の順位表を勝ち点を縦軸にグラフ化してみようと思います。残念ながら、グラフに対しての考察を行うほどの知識がないので、見ていただく。という程度のものになります。 (イタリアを除いているのは不正問題があったからです。) 4シーズン分を扱いますが、まずは全てを重ねてみてみます。 縦軸は試合数の差異を考慮して勝......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconvalpon

  • 昨日のページビュー:6
  • 累計のページビュー:298593

(03月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. クラブの収入について-J1・J2比較編-
  2. Jリーグ配分金について調べてみる。
  3. Jリーグの配分金について
  4. 各クラブのホームタウン人口について(前編)
  5. ACL獲得賞金はおいくら?
  6. J1・J2(とJFL)のリーグ間格差
  7. サカダイ:ファジアーノ岡山社長木村氏についての記事を読んで
  8. Jリーグクラブのセカンドチームについて
  9. 招待券について
  10. J1とJ2、戦績比較のラフスケッチ

月別アーカイブ

2010
06
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss