Jリーグについて-素人の勉強部屋

上中下位の3群分け分析、欧州+J編

このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでリーグの順位によって3群に分けて検証するというアソビをJ1、J2で展開してきました。
今回はイングランド、イタリア、スペイン、フランス、ドイツのトップカテゴリーとJ1を見てみます。(05年~08年)
この試行はリーグの構造みたいなものが透けて見えてくれば・・・。という想いと、好奇心に支えられてのものですが、この6カ国の過去4シーズンの順位表がエクセル化できたので、今後、得点、失点までやってみようかと思います。

因みに、このブログは私の素人度を前面に出していますが、基本的に数字を提示する事を主題としていて、解析はコメンテーターによるところが大きいです。ですから、表だけ見るというのも一つの手。テキストは長文になりがちですが、期待しないでナナメ読みして下さい。超乱文ぎみでもあります。ごめんなさい。

実は今回ちょっと問題になったのがクラブ数で、3で割り切れないリーグのクラブ数が20、7位と13位が境界線上です。ならばと、(良い方法かは分かりませんが)20クラブの場合は7位と13位を除いて残りの18クラブでグループ化してみました。データとしては勝ち点と引分けに注目してみます。
勝ち点は勝ち点3を取る確率として「平均勝ち点÷3x100」とし、上・中・下位グループごとに偏差値をとって色分けをしました。
引分けはこのカテゴリーを取っ払って全てのサンプルの群で偏差値をとって色分けをしました。では、表です。

1


慣れてくると、勝ち点率と引分けをみれば、勝率もイメージできます。勝ち点率が同じで引分けが多ければ勝率が低く、負けも少ないということです。
国ごとのデータは勝ち点の標準偏差の順として、これをリーグ内の格差の目安としようと思います。イングランドの大きな格差と、J1、フランスの低い格差が目に付きますので、この国をピックアップしています。
(ただし、イタリアは不正問題がありましたので、過去2年分のデータです。)
この3リーグは引分けが特徴的でイングランドとJ1はとても少なく、フランスはとても多い。
勝ち点の方はイングランドは上位と中・下位の格差が激しい状況が数字にも出ています。
J1は上位が低めで中・下位が高めです。
フランスは上位が低めですが、シーズンごとに異なる傾向を見せています。
どうでしょうか。皆さんのイメージに合う数字になっていますでしょうか?最初にアソビと書いたのは、多分、イメージに合わないという人が多ければ、あまり意味を成さない数字群(試行)なんだと思います。

次に、08年と09年のJ2を加えた全てのシーズンの一覧を見てみましょう。

2


順序が逆になってしまいましたが、先ほどピックアップしたリーグのセル色はこのデータのものです。
見て頂いて感想をコメントいただければ助かります。

欧州リーグをモノサシにJリーグのことを考えてみる
J1の今期の順位表を見ると08年の小格差の傾向を引き継ぎそうです。逆に、J2ではイングランド並の格差があり、参入クラブによりその格差は来年以降増大すると予測されます。

例えば、4大リーグに習うとします。そうすると、J2の格差が開きすぎになりそうだから、J2とJ3に分けようという考え方もありますが、J1の格差が小さいという事なら、J1を20クラブにしてJ2のレベルを少し下げるという見方もあるかもしれません。雨季のナビスコ杯の日程をJ1リーグ用に変更すればACL出場クラブは相当に過密になりますが、可能かもしれません。現在はまだ現実的ではないですが、近い将来的にはありそうな話です。Jはクラブ拡大路線ですから。

余談ですがJリーグのクラブ数拡大路線を、アジア枠の増加・契約の自由化による選手の流動化・JUMPの提言によるクラブ保有選手数の減少などが下支えして、上記のJ2の格差拡大予想が覆される可能性も大いにあると思います。それはそれで、非常に望ましいことであります。

いかがでしょうか?




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ/格差(上中下位群)
タグ:
格差
勝ち点
リーグ
クラブ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

夏神さま

コメントありがとうございます。
グラフは余りやったことが無いので上手に表現は出来ませんが、トライしてみましょうか。
縦軸、横軸に何をとれば面白いか、アイディアありますでしょうか?指令を出していただけると助かるんですが・・・。
縦軸に勝ち点(引分け)、横軸がシーズンでいいのかな?
グループ分けせずに縦軸に勝ち点、横軸に順位とかでもいいのかな。

ルイ・コス太さま

コメントありがとうございます。
実は、この3分割はあまり格差を表現したものではない気がしています。上位3クラブ、下位3クラブの数値で格差検討をしてみようかと考えています。

その時、オランダも加えてみますか。

上中下位の3群分け分析、欧州+J編

なんとかグラフ化した方が、ビジュアル的にはわかりやすいかも…。

上中下位の3群分け分析、欧州+J編

フランスはJ1と同様に格差が小さいんですね。
リヨンが7連覇をしただけに上下格差が大きいイメージがありました^^;

個人的には3強の構図が崩れたオランダがどの程度の格差なのかも少し気になる所です。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconvalpon

  • 昨日のページビュー:11
  • 累計のページビュー:293777

(10月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. クラブの収入について-J1・J2比較編-
  2. Jリーグ配分金について調べてみる。
  3. Jリーグの配分金について
  4. 各クラブのホームタウン人口について(前編)
  5. ACL獲得賞金はおいくら?
  6. J1・J2(とJFL)のリーグ間格差
  7. サカダイ:ファジアーノ岡山社長木村氏についての記事を読んで
  8. Jリーグクラブのセカンドチームについて
  9. 招待券について
  10. J1とJ2、戦績比較のラフスケッチ

月別アーカイブ

2010
06
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss