Jリーグについて-素人の勉強部屋

ACL予選の入場者数

このエントリーをはてなブックマークに追加

ACLではラウンド16が6/24に行われますが、その前に、終了した予選の入場者数を見てみたいと思います。

1


表はクラブごとの1試合の平均観客数ですが、上位が4クラブ全て中国。次がインドネシア、次が日本と国の人口を反映した数値になっています。当たり前といえばそれまでですが、中国クラブの北京国安が08年で13,000人。これが今年25,848人という増加を見ると、中国でもある程度の盛り上がりを見せ、入場者数の増加があったと見てよいと思います。これはアジア全体を考えた時には喜ばしいことですね。試合の内容には問題のある国で難しいのですが、人口超大国・経済大国である中国をどう取り込んでいくかは重要なことですね。
Jリーグクラブも過去の参加年より増加し、名古屋の7,874人もナビスコ杯時よりは増加していますので、獲得賞金・得た順位も含めれば、クラブに利があったといえると思います。

次に、各試合ごとですが、07年からの上位20の表を見てください。
2


ただ、非常に申し訳ございませんが、07年についてはJリーグクラブのゲームしか入場者数の資料がありませんでしたので、ベスト20という感じではありません。

今年の鹿島-水原三星が盛り上がったことと、浦和のダントツの集客力、オーストラリアは本来集客力があったが、今年は出場クラブの関係か入場者数が伸びなかった事、辺りを読み取っていただければと思います。

次に国別比較の表です。
3


08,09年でACL予選の参加国は8カ国。クラブの所で人口と入場者数の話が出ましたが、08年ではオーストラリアが大健闘の1位です。

Jリーグも平均約1万人は平日開催を考えれば立派な数字だと思います。変な話ですが、予選リーグは苦戦したほうが良い集客が伸びますし、結果の方を喜びたいと思います。川崎の2位通過は残念ですが、Jリーグクラブが全て1位というのは余りにも出来すぎていますし、そうなってラウンド16でKリーグクラブのモチベーションが異常に上がってひっくり返されても事ですし。。
まあ、結果は良いに越したことは無いのですが、ここでは関係者皆さんの努力の結果を一ファンとして喜びたいと思います。

如何でしょうか。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ACL杯
タグ:
入場者数
Jリーグクラブ
クラブ
国別比較
Jリーグ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

deltaさま

コメントありがとうございます。
貴重な情報ありがとうございます。
エクストラはどのクラブでもきっとあるのでしょうね。
それはなかなかつかみ辛いとしても、天候の方はかなり影響が大きいですね。

もしかしたら、簡単に追記できるかもしれません。
そうしたら、表は訂正しますね。

ACL予選の入場者数

ちょっと書きますと、等々力は年に1-2回、平日、親会社の動員というかただ券配り
があります。

今年の等々力のACLでは大雨が降ったのですが、ちょうどこの日がそれに当たって
いました。
他のチームがどうなっているかは知りませんが、動員日は1000以上のエクストラがある
はずです。

全体的な傾向には影響ないと思いますが。

ルイ・コス太さま

そうですね。そこをスルーしてましたね。2つめのベスト(ではない)20の表を見ていただくと、08年の中国クラブは千人単位になっていますが、今年は数字は細かくなっている印象です。ただ、信用できる国ではないですね。
まあ、でも随分入ったということは間違っていないのではないでしょうかww

平日開催なので、スタジアムの位置が結構影響しそうです。川崎は東京から近く、平日開催でも集客力のあるクラブなんですね。大宮の08年リーグ平均をこえちゃいました。

ACL予選の入場者数

私もACLの入場者数は少し調べたのですが、中国とシンガポールの数字って適当な感じがしませんでしたか?w

それでも東ゾーンはマシだと思える位に西ゾーンの入場者数はキリの良い数字が多いです^^;

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconvalpon

  • 昨日のページビュー:4
  • 累計のページビュー:293760

(10月02日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. クラブの収入について-J1・J2比較編-
  2. Jリーグ配分金について調べてみる。
  3. Jリーグの配分金について
  4. 各クラブのホームタウン人口について(前編)
  5. ACL獲得賞金はおいくら?
  6. J1・J2(とJFL)のリーグ間格差
  7. サカダイ:ファジアーノ岡山社長木村氏についての記事を読んで
  8. Jリーグクラブのセカンドチームについて
  9. 招待券について
  10. J1とJ2、戦績比較のラフスケッチ

月別アーカイブ

2010
06
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss