Jリーグについて-素人の勉強部屋

Jリーグの配分金について

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のエントリーで浅く触れたJリーグの配分金について、ちょっと突っ込んでみようかなと思います。
Jリーグの配分金を降順に並べてみるとリーグ順位との親和性が感じられたので、賞金が含まれるのではないかと述べました。ですから、まずは賞金を除いた表を作成してみます。で、表。

haibun1


Jリーグ配分金から、J1,J2リーグの賞金、ナビスコ杯の賞金、天皇杯の賞金を除いた。実際には、リーグの賞金を除いても不自然さがのこり、ナビスコ杯の賞金を除くと07年の広島が突然上位に顔を出したので、天皇杯の賞金も除くといったように途中経過の目視はしている。制裁金もここから引かれそうな話だが、今回は諦める。
で、どうだろうか。入場者数に関係するなら、新潟の金額はもっと上がってよさそうだ。
試合数が関係するかと見当をつけていたのだが、J2はあまり天皇杯の成績に影響していないように見える。
実は、昨年のサッカー週刊誌にて協会で配分金を決めている方へのインタビュー記事を読んだ事があって、しかし、詳しい記憶がほとんどない。担当本人にしか分からない複雑な式で決まっているらしく、決定要素を上げられていた(割と多かった印象がある)が、覚えていない。

07年を見ると、賞金を除いた後の配分金は1位が浦和で6億3500万円。ACLとCWCの賞金を1ドル100円の概算でここから除くと3億2500万円。J1最下位が広島の2億3500万だからその差が9000万円。J2は1位の京都と最下位のC大阪の差が3500万円。
私は金額差は小さいと感じますが、いかがでしょうか。
ちなみに、賞金を含む総額は07年で67億4400万、06年で63億1100万、05年で65億4500万円。それと、総入場者数を今回概算(平均入場者数×ホーム試合数)で出していますが、仙台は大分を抜くのが驚き。

もう少し傾向を見たい。クラブごとの3年の推移を見てみる。

今回は、順位に注目(着色は6位ごと)。まず、例のクラブカテゴリーですが、割と反映しているように見えますね。ビッグスタジアム系は高集客クラブから、千葉を昇降格クラブからJ1クラブへ変更しているのが今回は効いているように感じる。
J2を見ると、昇降格組を除いて順位はかなり固定的な(標準偏差が小さい)傾向がある。その中で目立つのが札幌の順位の低さ、草津の高さ。
全体について、例外を思い切って除いてみると、協会がクラブを評価している結果のようにも見える。つまり、色々な指標で計算されたはずの数字ではあるのだが、賞金を除いてもなお配分金の順位がクラブの(伝統なども含めた)強さ・大きさを表しているように見える。
例外の中にはJ1の昇格組に多く配分されているように感じる。J2の例外については全く見当が付かない。

いかがでしょうか。

haibun2



追記
J1、J2に昇降格により参入したクラブの配分金データを追記します。

syoukou


昇格したが、クラブ規模の小さい甲府や横浜FCの高さを説明したかったのですが、やはり、全体として昇降格を理由にはできなそうです。
そういったクラブに起こりがちな要素(やぱり前借なんじゃないかな)があるのかもしれません。


訂正とお詫び
大変申し訳ございません。配分金に一部間違いがありました。赤字で訂正させて頂き、再アップしました。
お騒がせのJ2の不自然さは少し和らいだように感じます。
多くの方々にご迷惑をお掛けしたと存じます。
誠にお騒がせ致しました。

saiUP






追記
今まで頂いていたコメントを整理して見直してみたのですが、以前頂いたコメントに
「配分金の原資はJリーグのオフィシャルスポンサー料、テレビやラジオの放送権料、グッズなどの商品化権料。ここからJ1とJ2に分けて一律で配分される分と、露出の多さやグッズの売り上げによって傾斜配分されることから格差が生じます。また、タイトルの賞金も配分金に含まれます。」(サッカー批評)
とありました。
また、今回
「順位、観客動員数以外で考えられる要素だと代表関係かオールスター辺りも影響してるんでしょうかね?」
と頂きましたが、それはありそうだ、と思いました。


追記
配分金の大まかな割合の資料がJリーグHPにありました。
賞金を除くと、商品化権料(11%)、放送権料(46%)、公式試合出場料(44%)
1999年は放送権料が69%(出場料が25%)だったのが、03年に42%(48%)と出場料が上回り、06年から放送権料が僅かに上回るようになっているようです。
公式試合出場料はJリーグの主管試合をあらかじめ決められた割合で配分という事で、主に天皇杯、ゼロックススーパーカップやオールスターサッカーの他に、ナビスコ決勝(去年は大分がホーム扱いと聞きましたが、収入はJリーグと推測。いかがでしょうか。)あたりが対象でしょうか。

資料:左記リンク「クラブ経営状況資料」ページ左のJリーグ配分金の推移

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
クラブ/収入
タグ:
配分金
J
賞金
クラブ
順位

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Jリーグの配分金について

追記いたしました。
Jリーグのabout Jのページ左に資料がずらっと配置されているのですね。
配分金は確かに計算は大変だと思います。
ただ、クラブの主管試合以外の試合を観戦したり、そこでグッズを買っても、計算式による公平な割合でクラブにお金が入るという事だけは分かってよかったと思います。

ルイ・コス太さま

>この基金は内訳がいまいち判らない
>全クラブ数で頭割りにすると小数点以下の数字
>平成19年度では8億円以上

なるほど、そういうことですか。単に知らなかったのでどういうことなのかと思いました。

それで紹介していただいた公式HPを見たのですが、多分、これが内訳なのかと思いました。

正味財産増減計算書総括表を見たのですが、18年度の公式試合安定開催特別会計で雑収益が30万円。これが18年度のクラブの全供出額だと思います。
それから他会計繰入収入が5億8600万円。これがリーグからのプール資金。総計5億8630万円が18年年度の基金。

19年度は雑収益が130万円。繰入収入が2億3000万円。期首残高が前年度の5億8630万円。合計して19年度の基金が8億1760万円。これが貸借対照表に記載されていた額だと思います。

これを見るとJリーグがほとんどの額を基金化しているように見えます。
恐らく巷で言われているように草津の公金横領が発覚したのとクラブ経営破綻でのイメージダウンをさけるために急遽Jリーグが作ったものではないでしょうか。
ヴェルディが10億の借入を希望したようですが、そもそもそれほどの額はプールされていなかったのですね。

ルイ・コス太さま

ありがとうございます。
19年度の増加分を31クラブ数で割ると7.5百万ですね。仰るように小数点が出るので、J1と2や加入年数などで傾斜があるか、何かしらクラブごとに供出金は違うみたいですね。

数字が間違えていて済みません。お騒がせしました。
07年の札幌の低さが改善されました。いずれにしても草津や水戸は不自然に高いですね。。。

Jリーグの配分金について

とりあえずソースを貼っておきます。

18年度
  ↓
http://www.j-league.or.jp/aboutj/pdf/disclosure_01-h18.pdf

19年度
  ↓
http://www.j-league.or.jp/aboutj/pdf/disclosure_01-h19.pdf

こんな記事も読みたい

背番号19、大竹洋平!【青赤が好きだから 〜相変わらず素人目線〜】

2008ドキュメント フクアリの奇跡 その4【犬の意地】

【J1】_グランパスの2009新体制~ACL両立可能か【サッカー観戦記です。】

ブロガープロフィール

profile-iconvalpon

  • 昨日のページビュー:13
  • 累計のページビュー:293438

(08月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. クラブの収入について-J1・J2比較編-
  2. Jリーグ配分金について調べてみる。
  3. Jリーグの配分金について
  4. 各クラブのホームタウン人口について(前編)
  5. ACL獲得賞金はおいくら?
  6. J1・J2(とJFL)のリーグ間格差
  7. サカダイ:ファジアーノ岡山社長木村氏についての記事を読んで
  8. Jリーグクラブのセカンドチームについて
  9. 招待券について
  10. J1とJ2、戦績比較のラフスケッチ

月別アーカイブ

2010
06
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss