Jリーグについて-素人の勉強部屋

クラブの収入について-J1・J2比較編-

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前のエントリー「Jリーグクラブの人件費と順位比較」ではクラブの支出に対して興味が集中したのは人件費を中心に扱ってみました。今回は収入について見てみたいと思います。今回は長くなります。その導入記事です。

実はクラブの経営について、Jリーグの情報開示データの細項目が旨く指標化しづらく、人件費以上突っ込んだ話はしないつもりだった。例えば親会社の損失補てんがどこに入るか。東京Vやホームタウンの自治体から受ける場合はその他に入っていそうである。単純に巨額の広告費を受けている場合もありそうだ。となると広告費を企業サポーター人気バロメーターとしても、親会社依存度としても指標化するには厳しい。配分金もどのように決定されているのか分かりづらい。
入場料収入についても大分のマルハンシートが有名だが、企業からのお金が入場料収入に大量に入っている場合(年間チケット購入などは容易に想像できる)。入場者数が多ければ入場料収入が上がる訳ではなくなる。
まあ、それ以上に私の知識不足によりそれらの推測や分析が難しいということがある。
しかしながら、そんなことは愚痴でしかない。今までだってたいしたことが言えてきた訳ではないし、当たり前の事をただ数字で見せるだけだ。何人かの人に共感してもらい、助けを借りられれば、借りながら何とか形にしていきたい。
つまり、今回は今まで以上に結論を持たないまま始めたいと思います。で、表。

J12


まず今回は、全体の傾向としてJ1、J2比較。
クラブ情報開示は収入の計と入場料・広告料・Jリーグ配分金・その他の収入。
まず、収入項目については入場料収入との比を取った。
それに平均入場者数と3回の1試合の観客に占める招待客の比%(アンケートによる)の項目を加えた。さらに、客単価と(意味があるか分からないが)広告料/入場者数の項目を「収入の計/(平均入場者数×試合数)で概算した。

J1とJ2の比較だが、広告料収入と入場料収入がともに3.3倍なのに比べて、客単価が1.9倍というのが目に留まる。入場料収入が総観客数と客単価との、広告費もスポンサー数と広告単価との、といったような増える数字どうしの掛け算でなので、一つ次元が上なのだろう。まあ、収入の計が3倍弱だからこれがJ1とJ2の平均像の差なのだろう。

入場料に対する比から、
J1は入場料を1とすると配分金は0.5、その他が1.1、広告料が2.2。合計が4.8倍。
J2は入場料を1とすると配分金は0.6、その他が1.6、広告料が2.2。合計が5.4倍。
構成について、その他(1.5倍)以外が似ています。まあ、偶然でしょうが、J1は覚え易い数字です。配分金の倍が入場料とその他、そのまた倍が広告料。
広告料が意外と低い印象があります。サカダイの記事で来年のJ2は親会社を持たないクラブが15だそうで(C大阪と東京Vと仙台以外でしょうか、間違っていたらご指摘ください)、J1の状況は良く分からないが、半分近くが親会社を持たないクラブ。クラブ規模が大きい方に親会社依存クラブが多そうだし、岡山の記事のように参入したてのクラブは広告料依存が高いクラブがありそうで、広告料収入:入場料収入がクラブカテゴリーごとにどうなっているか、面白そうな視点です(こうやって話し出すと最初に指摘した指標化問題が気になりますが)。

参考までに、配分金については、順位との親和性が明確に出ているように感じた。賞金対象順位について格差も出ている(CWCの賞金はJリーグ経由と聞いたことがあったような・・・。07年の浦和の突出はそれしか考えられない)。なので多分、賞金は配分金に含まれ、もしかしたら配分金自体も順位や順位に関係して増減しやすい入場者数に大きく左右されるのかもしれない。
配分金計算は結構複雑らしいので、他の要因もあって順位の逆転があるのだと思う。もしかしたら、前借みたいなこともあるかもしれない(妄想)。
賞金にはナビスコ杯など表外の要因もあると思うが。
参考までに表(順位は旧色づけ、他は偏差値やクラブカテゴリーから)。

haibunnkinn


今日はここまでにします。
カテゴリー訳の部、クラブごとの部と3段階でアップしようと思います。
いかがでしょうか。





クラブ開示など基礎データは左記のリンク集よりアクセスしてください。


追記
配分金の表からリーグの賞金を除いたものを次のエントリーでアップしますので、あわせて参考にして下さい。(1/25)

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
クラブ/収入
タグ:
入場料収入
入場料
広告料
配分金
J

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

arutoさま

お疲れ様でした。
お手間取らせました、本当にありがとうございます。感謝。感謝。
凄い資料です。確かに凄すぎてこのまま使いづらい・・・。
キチンと検証しなければならないと思いますが、先行して諸々の判断材料にはさせて頂きます。非常に助かります。
J1で親会社を持たないクラブはF東京、新潟、大分で、 J2で親会社を持つクラブが東京V、C大阪、横浜FCという見立てですね。丁度半々ですか。
となると、次のクラブ編のタイプ分けで迷っていた神戸はまあ、当たり前ですけど、広告型で、福岡は集客型になるのかな。福岡は地元企業の団体で結構支えているイメージもありますが。
親会社を持っていても、関与の度合いはクラブそれぞれだろうし(例外の浦和もありますね)、基本的に数字で機械的に振り分けるスタンスは保持しようと思います。

クラブの収入について-J1・J2比較編-

****
J2
****

■【東京ヴェルディ】(㈱日本テレビフットボールクラブ)
日本テレビ放送網㈱98.8%、清水建設㈱、㈱京王エージェンシー、稲城市、日野市、立川市
出資者数・全7名(日本テレビの連結子会社)

■【コンサドーレ札幌】(㈱北海道フットボールクラブ)
コンサドーレ札幌サポーターズ持ち株会27.49%、石水巌13.08%(石屋製菓㈱)、石屋製菓㈱10.47%、㈱丸井今井6.68%、㈱ニトリ6.67%、札幌市3.93%、北海道3.93%、サッポロビール㈱2.09%、大成建設㈱1.31%、岩田地崎建設㈱1.05%
全22名 

■【ベガルタ仙台】(㈱東北ハンドレッド)
宮城県24.9%、仙台市23.5%、東日本ハウス㈱8.8%、東北電力㈱2.6%、カメイ㈱2.6%、仙台CATV㈱1.7%、㈱藤崎1.7% ㈱七十七銀行1.7%、㈱河北新報社1.3%、㈱ユアテック1.3%、㈱東北造園1.3%
全120名

■【セレッソ大阪】(大阪サッカークラブ㈱)
日本ハム㈱30%、ヤンマー㈱30%、以下各5%、大阪市、大阪ガス㈱、㈱大林組、関西電力㈱、㈱りそな銀行、西日本旅客鉄道㈱、富士火災海上保険㈱
全17名(日本ハム・ヤンマーの持分法適用?)

■【湘南ベルマーレ】(㈱湘南ベルマーレ)
平塚市4.32%、(財)平塚市開発公社17.3%、学校法人産業能率大学、グッドウィル・グループ㈱
全324名

■【サガン鳥栖】(㈱サガンドリームス)
井川幸広(㈱クリーク・アンド・リバー社)、依田巽(㈱ティーワイリミテッド・UFJインベストメント㈱)、澤田秀雄(㈱エイチ・アイ・エス)、田中最代治(㈱田中経営研究所)、班目力曠(旧ネミックラムダ)、大西 洋(㈱バリュー・リンク)、藤村哲哉(㈱ギャガ・コミュニケーションズ)、林一郎(㈱モスインスティテュート)、張 玉雄(光元グループ)、内川 淳一郎(㈱レッグス)
全18名

■【ヴァンフォーレ甲府】(㈱ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブ)
山日YBSグループ?25%、山梨県22%、甲府市11%、韮崎市5%、その他99企業、263個人:37%
全366名

■【アビスパ福岡】(アビスパ福岡㈱)
コカ・コーラウエストホールディングス㈱14.95%、福岡市14.10%、セコム㈱7.05%、三洋信販㈱6.69%、㈱リコー5.64%、㈱大都技研4.94%
全89名

■【ザスパ草津】(㈱草津温泉フットボールクラブ)
上毛新聞社6%、草津町6%
全40?名

■【横浜FC】(㈱横浜フリエスポーツクラブ)
㈱フィートエンターテイメント50%、奥寺康彦(㈱横浜フリエスポーツクラブ)4.9%
全574名(LEOCの持分法適用関連会社)

■【水戸ホーリーホック】(㈱フットボールクラブ水戸ホーリーホック)
水戸ホーリーホック支援持株会53.65%
全?名

■【ロアッソ熊本】(㈱アスリートクラブ熊本)
ロアッソ熊本持株会10.07%、熊本県3%、熊本市3%、熊本県市長会7%、県町村会7%
全?名

■【FC岐阜】(㈱岐阜フットボールクラブ)
13自治体、35社、4団体
全52名

■【愛媛FC】(㈱愛媛FC)
愛媛県15%、松山市10%、愛媛県内全20市町村、県内企業
全?名

■【徳島ヴォルティス】(徳島ヴォルティス㈱)
大塚製薬㈱、徳島県
全66名(大塚製薬の連結決算対象外)

■【栃木SC】(㈱栃木サッカークラブ)
全13?名

■【カターレ富山】(㈱カターレ富山)
㈱インテックホールディングス、㈱北日本新聞社、田中精密興行㈱、北陸電力㈱、日本海ガス㈱、YKK㈱、北酸㈱、トナミ運輸㈱、㈱北陸銀行
全25名

■【ファジアーノ岡山】(㈱ファジアーノ岡山スポーツクラブ)
全?名

クラブの収入について-J1・J2比較編-

遅くなりました。

怪しいデータも含めて載せていますのでご確認を。

****
J1
****

■【鹿島アントラーズ】(㈱鹿島アントラーズ・エフ・シー)
住友金属工業㈱59.2%、地元5自治体7.6%、他36企業(38社)33.2%
出資者数・全42名(住金の連結子会社)

■【川崎フロンターレ】(㈱川崎フロンターレ)
富士通㈱87%、持株会9.6%
全36名(富士通の連結子会社)

■【名古屋グランパス】(㈱名古屋グランパスエイト)
トヨタ自動車㈱22.5%、㈱中日新聞社、中部電力㈱、
㈱三菱東京UFJ銀行、東海旅客鉄道㈱、東邦ガス㈱、
㈱名古屋銀行、名古屋鉄道㈱、㈱ノリタケカンパニーリミテド、㈱松坂屋、★アイシン精機㈱、★ 愛知製鋼㈱、★㈱東海理化、★トヨタ車体㈱、★㈱ジェイテクト、★豊田合成㈱、★㈱豊田自動織機、★豊田通商㈱、★トヨタ紡織㈱、★㈱デンソー〔★はトヨタ系列会社〕
全20名(トヨタの連結?持分法適用?)

■【大分トリニータ】(㈱大分フットボールクラブ)
㈱ティエムシー、大分県、㈱朋、九州乳業㈱、韓昌祐(マルハン㈱)、鈴木嘉和(マルハン㈱)、稲井田有司(㈱ナンバーファイブ)、(社)大分県サッカー協会、九工建設㈱、溝畑宏(㈱大分フットボールクラブ)
全56名

■【清水エスパルス】(㈱エスパルス)
鈴与ホールディングス㈱27.27% 静岡鉄道㈱9.09%、静岡瓦斯㈱9.09%、㈱静岡新聞社9.09%、㈱小糸製作所9.09%、中部電力㈱、★静岡ビルサービス㈱、㈱J-オイルミルズ、㈱静岡朝日テレビ、㈱ヤマシタコーポレーション、★鈴与建設㈱、㈱清水銀行、清水綜合リース㈱、清水信用保証㈱、㈱清水地域経済研究センター(★は鈴与系列会社)
全15名(鈴与の持分法適用?)

■【FC東京】(東京フットボールクラブ㈱)
東京瓦斯㈱3.7%、東京電力㈱3.7%、新日本石油㈱3.7%、清水建設㈱3.7%、三菱商事㈱3.7%、㈱テレビ東京3.7%、㈱エーエム・ピーエム・ジャパン3.7%、横河電機㈱3.7%
全336名

■【浦和レッズ】(㈱三菱自動車フットボールクラブ)
三菱自動車工業㈱50.625%
全30名(三菱自工の連結子会社)

■【ガンバ大阪】(㈱ガンバ大阪)
パナソニック㈱70%、関西電力㈱10%、大阪ガス㈱10% 西日本旅客鉄道㈱10%
全4名(パナソニックの連結子会社)

■【横浜F・マリノス】(横浜マリノス㈱)
日産自動車㈱93%、他7社7%
全8名(日産の連結子会社)

■【ヴィッセル神戸】(㈱クリムゾンフットボールクラブ)
㈱クリムゾングループ(三木谷氏の財産管理会社)
全?名

■【柏レイソル】(㈱日立柏レイソル)
日立グループ?91%、柏市9%
全607?名(日立の連結?持分法適用?)

■【大宮アルディージャ】(エヌ・ティ・ティ・スポーツコミュニティ㈱)
★東日本電信電話㈱40%、★㈱NTTドコモ、★㈱NTTデータ、★NTTコムウェア㈱、★NTT都市開発㈱、★㈱NTTファシリティーズ、★NTTファイナンス㈱、★NTTアドバンステクノロジ㈱、★NTT-ME㈱、日本コムシス㈱、㈱協和エクシオ、★NTTビジネスアソシエ㈱、★㈱NTTロジスコ、★NTTラーニングシステムズ㈱、★㈱NTTソルコ、★NTTクオリス㈱、★日本カーソリューションズ㈱、㈱東電通、大明㈱〔★はNTT系列会社〕
全19名(NTTの連結子会社)

■【アルビレックス新潟】(㈱アルビレックス新潟)
地元企業162社、県外企業3社
全171名

■【京都サンガF.C.】(㈱京都パープルサンガ)
京セラ㈱55.48%、任天堂㈱16.64%
全28名(京セラの持分法適用子会社)

■【ジェフユナイテッド千葉】(㈱東日本ジェイアール古河サッカークラブ)
東日本旅客鉄道㈱50% 古河電気工業㈱50%
全2名(JR東日本・古河の持分法適用?)

■【ジュビロ磐田】(㈱ヤマハフットボールクラブ)
ヤマハ発動機㈱31%、㈱静岡新聞社6.75%、静岡放送㈱6.75%、ヤマハ㈱5.50%、㈱静岡第一テレビ5%、㈱静岡朝日テレビ5%
全46名(ヤマハの持分法適用会社)

■【サンフレッチェ広島】(㈱サンフレッチェ広島)
㈱デオデオ39.85%、マツダ㈱21.37%、広島県4.27%、広島市4.27%、中国電力3.42%(デオデオ・マツダの持分法適用関連会社、デオデオはエディオンが親会社)
全58名

■【モンテディオ山形】((社)山形県スポーツ振興21世紀協会)
社団法人のため資本金0
全80名 ※出資会員数

arutoさま

arutoさんのお気持ちは皆さんや玉乃選手に伝わっていると思います。コメントは修正できないのが難点ですよね。
サテライトはクラブが有用だと思えば持ち出しで出来るはずなんですが、トップの前座試合のアイディアは私も芝だけがって思っていました。
年に数回やってみても面白いかもしれませんね。
なでしこを同時開催したら面白いと思うのですが。浦和と新潟と東京Vと千葉の対戦ならやり易いのでは。今度はスケジュールあわせが大変かな。

こんな記事も読みたい

早いもので…一次キャンプも残り3日【徒然なるままに…】

奈良からJリーグ「奈良クラブ 新シーズンへ」【奈良からJリーグ!奈良クラブ】

「(財)柏木陽介を代表に送り込む会」の発足及び宣言について【【中小企業診断士】「読裏クラブ」のワンツー通し】

ブロガープロフィール

profile-iconvalpon

  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:293365

(08月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. クラブの収入について-J1・J2比較編-
  2. Jリーグ配分金について調べてみる。
  3. Jリーグの配分金について
  4. 各クラブのホームタウン人口について(前編)
  5. ACL獲得賞金はおいくら?
  6. J1・J2(とJFL)のリーグ間格差
  7. サカダイ:ファジアーノ岡山社長木村氏についての記事を読んで
  8. Jリーグクラブのセカンドチームについて
  9. 招待券について
  10. J1とJ2、戦績比較のラフスケッチ

月別アーカイブ

2010
06
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss