Jリーグについて-素人の勉強部屋

サカダイ:ファジアーノ岡山社長木村氏についての記事を読んで

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週のサッカーダイジェストNo.985にファジアーノ岡山の代表取締役社長、木村正明氏の記事がのっています。個人的に週刊誌は捨てていますので備忘録の意味も含めて興味のある記事の要約は拾っていこうと思います。記事のニュアンスはかなり切って行きますので、興味のある方は是非雑誌を買って原文をあたってください。
木村氏は68年岡山生まれ(東大法学部卒)。ゴールドマン・サックス証券でのマネージングディレクター(執行役員)の職を捨て、幼少期に受けた故郷への恩を返すべく06年Jリーグ準加盟に向けて設立された運営会社「株式会社ファジアーノ岡山スポーツクラブ」の社長となる。
岡山は年間予算が08年に2億2000万となり(06年1200万、07年900万)収支がトントンとなったという(本人談)。
(以前も触れた将来構想委員会第一回報告では「配分金を含まない収入について、これまでJ2リーグの最小クラブは年間3億円程度。同規模での経営は不可能でないが、多くが一度は深刻な経営危機に陥ってきた。J2では、入会前年度に年間1.5億、入会年度に3億、その後は速やかに年間5億円程度の収入を目標とすべきである。」とある。実際に07年の最小水戸は収入1億7000万(配分金ふくめ3億)だから岡山はこの水戸を越えている。)

目標が、今期は5億(配分金が1億超だからあと1億8000万程度)、2011年に収入10億とし、「J2平均の1試合6~7000人で入場料収入は年2億前後。それを基にした年間収入は10億が限界。平均1万人以上になると4~5億の入場者収入となり、そこまで行けば世界はかわると思う。」という。

例えば07年の福岡が9529人で営業費の計が16億8200万。岡山のホームタウンの中心が岡山市・倉敷市・津山市で130万人、福岡市が144万人で、街の規模も大体同じなので、参考になる(08年のクラブ情報開示がされれば、広島がJ2で平均10840人ですから、こっちの方がいい本当は良いが)。ただし、J2から参入のクラブでJ1昇格前に平均1万人を実現したのは大分と新潟のみで例外中の例外であるから、平均入場者を実現しそうな辺りから実質的な目標はJ1昇格となる。

岡山は責任企業を持たない地方クラブとしては手堅い経営が特徴で07年は30万以下のスポンサーを出来るだけ集めスポンサーは計260社、選手年棒総額を5000万(福岡だと人件費は育成部門やスタッフ含め6億1000万)とし、債務超過なし、借金なし。今期が予算倍の目標だからなのか、開幕時は40人程度となる見込みのようだ(別の特集、別の記者による)

新参クラブが経営苦に中心選手を放出する恐れは岡山には当てはまらない。ただ、07年に東京Vよりレンタル選手を多く補強したようで選手が定着しない心配はあるかもしれない。
サカダイさんの記事は岡山を通して参入クラブの規模が伝わり易い気がする。山形、甲府や福岡辺りを繋ぎ合わせるとクラブの成長曲線が見えてくるかもしれない。

ホームスタジアムは、「のぞみ」も止まる駅から徒歩15分で公園もあるのは日本でここだけという桃太郎スタジアム。収容人数15000人(本人談。ウィキベディアでは20000人)。
岡山には、なでしこリーグの岡山湯郷Belle(05年からL1)もある。
監督はJリーグで実績のある(とはいっても監督は05年ザスパ草津、J2最下位)手塚聡氏、昨年はJFL上位5チーム中ワースト失点と守りに苦しんだ岡山は今年どのような戦いを見せるでしょうか。




将来構想委員会第一回報告は左記リンク集からアプローチしてください。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
クラブ/社長
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

arutoさま

済みません。
>広島皆実・サンフレッチェのような関係
はジュニアやジュニアユースの選手が高校に多いという話でしたね。
ジュニアやジュニアユースはクラブの地域活動で表を作りましたが、静岡県、大阪県、名古屋県、鹿島+千葉エリアが多いようですが、広島は人口がそれ程多くないですから、強豪高に選手が集中するのだとも思います。
岡山も人口は似たようなものだし、arutoさんの仰るように参考になるでしょうね。
青年期クラブと幼児期クラブで既に育成組織の充実に差が見られ、各クラブは早い段階から優先して充実させる意図が感じられます。

arutoさま

悪気は無かったのかもしれませんね。フロントはどこかの段階まではサッカーを知らなくてもマネージメントの能力に長けた方がいた方が心強いですよね。
高校生の吸い上げを積極的にするのも手ですよね。
2008年は大卒選手が多かったようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%8E%E5%B2%A1%E5%B1%B1

ルイ・コス太さま

木村さんが叩かれたネタはあえてスルーしましたが、最も有名な話かもしれませんね。
具体的な数字が面白く、記事にしました。
注目していきましょう!

サカダイ:ファジアーノ岡山社長木村氏についての記事を読んで

今はかなりサポーター目線で発言しているように思います。

作陽もファジアーノと広島皆実・サンフレッチェのような関係ができてくるといいですね。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconvalpon

  • 昨日のページビュー:15
  • 累計のページビュー:293379

(08月02日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. クラブの収入について-J1・J2比較編-
  2. Jリーグ配分金について調べてみる。
  3. Jリーグの配分金について
  4. 各クラブのホームタウン人口について(前編)
  5. ACL獲得賞金はおいくら?
  6. J1・J2(とJFL)のリーグ間格差
  7. サカダイ:ファジアーノ岡山社長木村氏についての記事を読んで
  8. Jリーグクラブのセカンドチームについて
  9. 招待券について
  10. J1とJ2、戦績比較のラフスケッチ

月別アーカイブ

2010
06
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2008
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss