プロレスファンタジスタン

彩的プロレス殿堂’2018

このエントリーをはてなブックマークに追加

彩的プロレス殿堂’2018 彩

 彩のファンタジスタン最終回はプロレス殿堂です。

 彩のプロレス殿堂は「長年にわたりプロレス界に貢献し、団体内外を問 わず輝かしいタイトル歴を有し、引退後もプロレスファンの記憶に残る、 あるいは残り続けるであろうプロレスラー」に送られます。    さて、昨年までに殿堂入りしているレスラーたちを見てみましょう。

 彩的プロレス殿堂

 力道山  ジャイアント馬場  アントニオ猪木  藤波辰巳  長州力  ジャンボ鶴田  天龍源一郎  小橋建太  前田日明  三沢光晴  武藤敬司  橋本真也  棚橋弘至  獣神サンダーライガー 2015   オカダ・カズチカ 2016  佐々木健介 2017 

 そうそうたるメンバーが入っています。   今回はノミネートを発表するのを忘れてしまいましたが、近年、殿堂入 りしそうな選手が多すぎて困りますね。

 さて、2018年、伝統入りする選手がいるでしょうか。  近年はレッスルワンにしてもNOAHにしても全日本にしても若い選手がチ ャンピオンになっており世代交代が進んでいると思われます。    プロレス界は完全に新日本一人勝ちであり、近年G1も新日本のほぼ純血 で実施されています。この状態で会場が埋まってしまうゆえに他団体選手 を呼べばその分がそのまま収益のマイナスになるので、てこ入れも必要な し、という状態です。

 ただ、G1に呼んでほしい選手、大日本の関本、NOAHは丸藤、全日本なら 宮原でしょうか。宮原はG1に出場したらどの程度の成績を収めるのでしょ うか。全日本は今後も宮原次第ですからどんなことがあっても宮原を他団 体に貸し出すことはないでしょうが。

 新日本はこれだけ所属選手が増えても解雇選手を出さないのは不思議で す。プロレスラーは定年がないので個人の引退にゆだねられているわけ ですが、第3世代あたりの身のひき方は注目を集めます。ただ、天コジに しても永田にしても他団体に行けば一線でまだ戦えるわけで、固定ファン もついています。

 高橋裕次郎はおねえちゃんキャラが定着しましたが、レスリングは新日 本でも屈指の実力者です。また内藤のライバルとしてビックマッチのメイ ンで見たいですね。

 だらだら述べましたが今年は殿堂入り選手はいません。    長く夕刊プロレスにはお世話になりましたが、夕刊プロレスに投稿枠が なくなる以上、今回が最後の投稿となります。彩はプロレス殿堂を担当し てきましたので来年もやります。ネットのどこかに書き込みます。いろい ろとありがとうございました。

20171217

  



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

井上尚弥のSフライ級卒業は賛成だが【スポーツ えっせい】

観戦記1375 UFC214 ライトヘビー級王座戦 ダニエル・コーミエvsジョン・ジョーンズ【人生マイペンライ】

貴乃花親方と協会幹部の考えの違いは【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconupro

  • 昨日のページビュー:54
  • 累計のページビュー:2812701

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 武藤敬司は、なぜ、全日本プロレスの株を売ったのか
  2. 全日本プロレスに残って、オーナーの方針に従ってた方がいいと思うよ。
  3. 新日本プロレスは、ファンのことよりも、社内の年功序列を重視している。そう感じたのが、今年のG1だった。
  4. 世IV虎が一方的に悪かったわけじゃない。いや、世IV虎は全然悪くない。
  5. 武藤が折れないでいると、次は、側近レスラーが解雇されると思うよ。
  6. 武藤新団体のエースは、船木誠勝じゃない。
  7. 白石社長は、自分の理想とするプロレスに、ぴったりの諏訪魔を一番に獲得した。
  8. 名付けて、新・3大「小橋建太の引退セレモニー」まさかの来賓。
  9. 猪木ボンバイエ観戦記
  10. レッスルワンは、武藤がいなくても成り立つようにしなければならない。でも、今のところ、その道筋は見えてこない。

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
09
04
02
01
2010
12
10
09
08
07
05
03
02
01
2009
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss