プロレスファンタジスタン

ベストバウト'2017

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベストバウト’2017 ホワイトキャッツ

 11月のベストバウトはなにがよいでしょうか。  11月は年末、そして年始のビッグマッチに向けてややおとなしい月だっ たかと思いますが、その中でもグローバルリーグ戦の激闘が行われました。 「NOAHを武道館まで連れて行く」という拳王のセリフは誰もが感じていると ころですね。NOAHを武道館で見たい。拳王にはMVPを差し上げます。  ベストバウトは「やっちまったな、オスプレイ」の名言が生まれたスカルvs オスプレイです。

 今月はいよいよ、2017年年間ベストバウトの発表です。今年はオカダvs オメガが3度行われ、そのいずれかという見方が大多数だと思います。7月 の60分時間切れの対戦を押す声も大きいですがやはり、私はテーブルクラ ッシュ式場外ショルダースルーの衝撃が忘れられず、1月4日東京ドームの 同対戦をベストバウトとしたいと思います。  MVPも選びやすいですね。G1クライマックス優勝、内藤哲也のV2でよい と思います。

 また、夕刊プロレスさんにはほんとに長い間お世話になりましたが、スポ ーツナビブログの閉鎖に伴うファンタジスタの終了で、このコラムに書き込 むことも今回が最後になりました。夕刊プロレスさんが記念大会を後楽園ホ ールで開催したとき以来桃太郎さんにはお会いしていませんが、形を変え、 プロレスのコラムを書くことは続けていこうと思っていますし、ベストバウ トは必ず書いてネットのどこかに書き込みたいと思っています。どこかでホ ワイトキャッツを見つけたら夕刊プロレスのあの人かと思い出していただけ ればと思います。ありがとうございました。

<ベストバウト2017>

12月 中島勝彦vs鈴木みのる (12月2日後楽園) MVP最強タッグ優勝 1月 オカダvsオメガ(1月4日東京ドーム)MVP 鈴木みのる   ☆ 上半期ベストバウト 年間ベストバウト 2月 オカダvs鈴木(2.5札幌)MVP 全日JR優勝者 3月 朱里vs里村明衣子(3.11新宿)MVP 柴田勝頼 4月 オカダvs柴田勝頼(4.9両国)MVP チャンカン優勝 5月 リコシェvsオスプレイ(5.18後楽園)MVP 宝城カイリ    ☆上半期MVP オカダ・カズチカ(新日本)

6月 オカダvsオメガ(11日大阪城)MVP KUSHIDA ☆ 下半期ベストバウト 7月 SANADAvs矢野通(27日長岡)MVP 火祭り優勝者 8月 オカダvsオメガ(12日両国)MVP G1優勝者 9月 花月vs木村花(10日新木場)MVP カイリ・セイン 10月 宮原健斗vs諏訪魔(9日後楽園)MVP オスプレイ 11月 スカルvsオスプレイ(5日大阪)MVP グローバルリーグ優勝 ☆下半期MVP 内藤哲也

☆年間MVP 内藤哲也(新日本)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ホワイトキャッツ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

悪目立ちする白鵬を、残念に思う。【幕下相撲の知られざる世界】

辰吉丈一郎、感動の王座返り咲きから20年【スポーツ えっせい】

9日目の宝富士戦の姿が、横綱稀勢の里の責任の取り方なのだろう【独断と偏見の相撲ランキング】

ブロガープロフィール

profile-iconupro

  • 昨日のページビュー:68
  • 累計のページビュー:2812768

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 武藤敬司は、なぜ、全日本プロレスの株を売ったのか
  2. 全日本プロレスに残って、オーナーの方針に従ってた方がいいと思うよ。
  3. 新日本プロレスは、ファンのことよりも、社内の年功序列を重視している。そう感じたのが、今年のG1だった。
  4. 世IV虎が一方的に悪かったわけじゃない。いや、世IV虎は全然悪くない。
  5. 武藤が折れないでいると、次は、側近レスラーが解雇されると思うよ。
  6. 武藤新団体のエースは、船木誠勝じゃない。
  7. 白石社長は、自分の理想とするプロレスに、ぴったりの諏訪魔を一番に獲得した。
  8. 名付けて、新・3大「小橋建太の引退セレモニー」まさかの来賓。
  9. 猪木ボンバイエ観戦記
  10. レッスルワンは、武藤がいなくても成り立つようにしなければならない。でも、今のところ、その道筋は見えてこない。

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
09
04
02
01
2010
12
10
09
08
07
05
03
02
01
2009
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss