プロレスファンタジスタン

吉田万里子引退興行に寄せて

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロレス色の週末 吉田万里子引退興行に寄せて~2017年11月19日(日)新宿FACE 双月

土曜日。 朝早くに目が覚めてしまった。 明日は新宿に出かける予定がある。 だから今日は特に遊びにも買い物にも行かず、完全休養の日と決める。 だらだら食事をしながらなんとなくプロレスの映像が見たくて、HDを漁る。 小橋建太復帰スペシャルがあったので、観る。 どの復帰? 2007年、腎臓ガンからの復帰のやつ。 三沢、秋山vs小橋、高山。 もちろん泣く。 こんなもん泣かずに見られるかあほ。 色々考えながら、色々な感想を巡らせながら、好勝負を見守る。 それにしても、この四人のうち三人が今はリングにいない。 十年ってそれほどの年月なのか? ちょっと信じられない。 夢を見ているような気持ちになる。 「夢見るような」とは使い古されたレトリックだけれど、実際に、 現実の中で夢を見ているような気持ちになったことは一回もない。 今日、初めて、そんな気分になった。 全部夢だったんじゃないだろうか。

日曜日。 今日は、吉田万里子引退興行を観に行く。 今年二度目の会場観戦。女子プロレスは十年ぶりくらいかも。 ろくにカードも見ずに行って、一つ一つ観て、観ながら、納得できた。

第1試合、基礎を築いた全女時代の面々との試合。みんな元気……。 第2試合、トップレスラーとして牽引したアルシオン時代の面々との試合。 まだ現役の空気。 セミ、後進育成に注いだ“息吹”の若い子達同士の試合。若っ。 メイン、“息吹”はえぬきの愛弟子との一騎打ち。 短い中に、振り返るだけ振り返って、順を追って全部思い出させ、 遺したものに繋げていく、なるほど引退興行らしいカードだった。 ジャガー横田への尽きぬ感謝という姿が印象的だった。 あと、デビーが美人過ぎて輝いて見えた。 私が一番見ていたのはアルシオンの時だったから、 セコンドに府川がいてちょっとときめいた。玉田もいた。 GAMI社長はピンスポを操作してたらしい(笑)。 最後はアジャの裏拳かと思ってたら、関係ないとこで割とあっさり終わった。 でも、一番インパクトのある、安心して見られる試合だった。 エキシビジョンのレスリングの試合は、思ったよりずっと面白かった。 ポイントの入り方が独特なんだ。 次に見る機会があれば意識して見ようと思った。 試合前になんか芸人が突然ネタをやりだしたときはどうしようかと ハラハラしたけれど。 両コーナーに選手が待ってて、レフェリーもいる中、 その真ん中でネタやってる芸人の姿はだいぶ奇妙だった。 若い子達の試合は、なんだか自分がおじいちゃんになった気持ちで見た。 こんな感じかあー。お前ら怪我すんなよ。 メイン。 吉田の入場で、豊田がロープを下げる。 既に感極まっている松本。 しんみりした展開かと思いきや、吉田が積極的に盛り上げ、 それに応えるように、大きな松本が少しずつ技の強度を上げていく。 コミカルな展開も挟みつつ、順調に盛り上げていく。

終盤、腰をおさえてもう一歩も動けなさそうな吉田。 ありがちな痛いアピールじゃなくて、 多分、シャレになってないやつだという風に見える。 正直、もう辛そうで、いつ終わってくれも大丈夫だよという気分にさえなる。 それでもまだ。 松本はボム系やドロップ系の技を次々に繰り出す。 その度に、返したり、切り返したり、外して関節に持ち込んだりして、 観客を沸かせる吉田。 機を見てサッと身を翻し、まだやれるとばかりに必殺技を繰り出す吉田。 ここへ吉田を見に来た客に、 見せられるものは全部見せようと歯を食いしばりまだ動く吉田。 松本が、ショートレンジのラリアットを叩きつけ、 もう、紙のように叩き伏せられる吉田を、引き起こし、 また叩きつけて、引き起こしを、四回くらいかな。 それまでの、いわゆるなんていうか「もたせる」動きとは 明らかにインパクトが違って、バッツンバッツンいってるから、 ああ、これ終わらせる流れだ、と直感する。 さすがに万感こみ上げる思いがした。 見ると松本も泣いている。涙を拭ってとどめの大技。カウント3。 色々あったけど、 今日、ここで、見るべきものは全て見た、 と納得できる、心に染みる試合だった。 新宿に出てくるのもちょっとぶりだし、あの店この店寄って帰ろうかと、 家を出るときには思っていたけれど、おなかいっぱいだ。 あれもこれも、今日に詰め込んでは、もったいない。 今日はこのまま、最後のガッツポーズを胸に、静かに帰ろう。 また月曜日が来る。 今週は、いつもより「やれる」気がする。 ありがとう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
双月
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

白鵬のV40という偉業達成が大きく盛り上がることを強く願う【独断と偏見の相撲ランキング】

観戦記1366 UFC214 ロビー・ローラーvsドナルド・セラーニ【人生マイペンライ】

「人生、意気に感じる」白鵬の証言【スポーツ観戦やぶにらみ】

ブロガープロフィール

profile-iconupro

  • 昨日のページビュー:68
  • 累計のページビュー:2812768

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 武藤敬司は、なぜ、全日本プロレスの株を売ったのか
  2. 全日本プロレスに残って、オーナーの方針に従ってた方がいいと思うよ。
  3. 新日本プロレスは、ファンのことよりも、社内の年功序列を重視している。そう感じたのが、今年のG1だった。
  4. 世IV虎が一方的に悪かったわけじゃない。いや、世IV虎は全然悪くない。
  5. 武藤が折れないでいると、次は、側近レスラーが解雇されると思うよ。
  6. 武藤新団体のエースは、船木誠勝じゃない。
  7. 白石社長は、自分の理想とするプロレスに、ぴったりの諏訪魔を一番に獲得した。
  8. 名付けて、新・3大「小橋建太の引退セレモニー」まさかの来賓。
  9. 猪木ボンバイエ観戦記
  10. レッスルワンは、武藤がいなくても成り立つようにしなければならない。でも、今のところ、その道筋は見えてこない。

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
09
04
02
01
2010
12
10
09
08
07
05
03
02
01
2009
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss