プロレスファンタジスタン

両国雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加

両国雑感 彩

 新日本秋の両国大会を観戦してきました。

 このところのチケット高騰と枡席のせまさから今回は2階席に移動し観 戦してきました。  新日本は質として最高級、楽しいときは早く過ぎるもので、あっという間 の大会でした。

 ・・・内藤の気にある一言 「強すぎる王者に対するブーイング・・はたしてほんとにそうなのか」    私も同感です。この日、私はオカダの入場を待って両国を後にしました。 それまでのジュニア戦、タッグ戦に満足していたからでもありますが一番は 結果が見えていたからです。EVILが勝って内藤とドームのメインを飾る 絵が思い描けなかったのが原因です。

 プロレスファンは刺激を求める生き物です。内藤のマイクには刺激がある し、非日常もある。オカダのファイトスタイルには強すぎるが故の刺激がな くなっているのでは・・。

 おそらく今年のベストバウトは3回行われたオカダvsオメガのいずれかの 対戦だと思われるし、この対戦がまた行われるなら見に行きたい。ただ、強 すぎるが故に対戦相手やIWGPに挑戦してくる相手自体が限られ、結果的 に毎回同じような対戦になっている・・ということも考えていくべきである。つ まり長期政権が故にファンに「飽き」が生まれているということである。

 オカダがチャンピオンになってからは棚橋・オメガ・内藤が繰り返し挑戦し てそれ自体が興業の軸になってきた。そこにEVILやジュース・ロビンソンら が割って入れるかが2018年の軸になってくるだろう。

「違う風景が見たい」 と全日本や大日本に足を運ぶファンも多くなっているのではないか。オカダ 政権を1年間崩せなかったのはオカダのせいではなく、チャレンジする他の レスラーの責任ではあるが今は猪木さんの時代ではなく複数スター性の時 代であるから、闘魂三銃士や四天王時代のように何人か王者が変わってい る方が団体は健康的である。オカダだって長期負傷欠場する可能性がない わけではない。

 今回も超満員、大成功の両国大会ではあった。しかし、会場に足を運んだ ファンは確実に「変化」を求めている。それは内藤がオカダに勝つことであり、 IWGPの構造や格の交代である。

 ただ、これだけ書いておいてなんだがやはりオカダはレベルの違う王者で あり、これからも彼を軸にプロレス界は回っていくことだとは思う。

20171028



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【メディア情報】ビジネスジャーナル掲載の大相撲記事、紹介します。【幕下相撲の知られざる世界】

若手の優勝は実現するのか?約60年の6場所の優勝者の番付を調べて見た【独断と偏見の相撲ランキング】

観戦記1386 WBAミドル級王座戦 アッサン・エンダムvs村田諒太【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconupro

  • 昨日のページビュー:127
  • 累計のページビュー:2806529

(11月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 武藤敬司は、なぜ、全日本プロレスの株を売ったのか
  2. 全日本プロレスに残って、オーナーの方針に従ってた方がいいと思うよ。
  3. 新日本プロレスは、ファンのことよりも、社内の年功序列を重視している。そう感じたのが、今年のG1だった。
  4. 世IV虎が一方的に悪かったわけじゃない。いや、世IV虎は全然悪くない。
  5. 武藤が折れないでいると、次は、側近レスラーが解雇されると思うよ。
  6. 武藤新団体のエースは、船木誠勝じゃない。
  7. 白石社長は、自分の理想とするプロレスに、ぴったりの諏訪魔を一番に獲得した。
  8. 名付けて、新・3大「小橋建太の引退セレモニー」まさかの来賓。
  9. 猪木ボンバイエ観戦記
  10. レッスルワンは、武藤がいなくても成り立つようにしなければならない。でも、今のところ、その道筋は見えてこない。

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
09
04
02
01
2010
12
10
09
08
07
05
03
02
01
2009
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss