プロレスファンタジスタン

G1の衝撃

このエントリーをはてなブックマークに追加

G1の衝撃 彩

 今年も新日本のG1の季節がやってきた。  チケット発売、出場メンバー発表などいよいよ本番が近づいてきたが、 今年のG1も衝撃が待っていた。それは日程でも出場メンバーでもなか った。

 チケットの料金である。

 今年のG1優勝決定戦の料金表を見て驚愕したファンは少なくないだ ろう。リングサイド「砂かぶり」30,500円、アリーナA20,500円、アリー ナB、15,500円・・。  文字通り一桁違う料金表に思わず「購入」ボタンを押せずにためらった ファンも多いと思う。

 昨年も高いとは思ったが、新日本がいきなりG1決勝の料金を倍にして くるとは思わなかった。しかし、そのチケットもおおむね初日完売状態で ある。

 私はと言うとこの料金は「娯楽の料金ではない」として観戦取りやめ。 とした。15,500円と言えば安いタブレットなら購入できる価格、新日本 ワールドで観戦していれば1年分の視聴料が支払える金額である。

 私は6月のコラムで財政的に余裕があるなら上を見るより地固めをす るべきと書き込み、それはいわゆる「チケット料金」で還元するべきとし た。しかし新日本はその逆を行ったのである。  売れるのであればとれるだけ取る。ビジネス的には正しいかもしれな いがこの姿勢はどうだろうか。一ますで8万円をもうけようという価格設 定は間違いなく両国史上最高額だろう。

 この価格設定は「高くてもいずれ埋まるだろう」という読みと「高いので わりと余裕のある前日、前々日の両国にしよう」というファンの流れを読 んだ物と思われる。はっきり言ってそれは正解である。  ただ、私は何万も払ってまで両国の狭います席に詰め込まれる気はない。

 正直言うと今回の価格設定には「残念」だと感じた。  私も決勝の観戦は10年ほど続いていたが今回で途切れてしまった。 ただ、これだけのお金を投資するなら他の娯楽や必要な物でも購入した 方がよいというのも事実である。

 始まる前から衝撃の連発であるG1だが、それだけソフトが充実している からこそである。 というわけで優勝戦は新日本ワールドで観戦することになりそうだ。

20170622



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1328 KNOCK OUT VOL.3 小笠原瑛作vsワンチャローン・PKセンチャイジム【人生マイペンライ】

メイウェザー対マクレガー〜 DARK COMEDY:スポーツとサーカスのハザマ〜③【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

メイウェザー対マクレガー〜 DARK COMEDY:スポーツとサーカスのハザマ〜②【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-iconupro

  • 昨日のページビュー:182
  • 累計のページビュー:2795958

(09月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 武藤敬司は、なぜ、全日本プロレスの株を売ったのか
  2. 全日本プロレスに残って、オーナーの方針に従ってた方がいいと思うよ。
  3. 新日本プロレスは、ファンのことよりも、社内の年功序列を重視している。そう感じたのが、今年のG1だった。
  4. 世IV虎が一方的に悪かったわけじゃない。いや、世IV虎は全然悪くない。
  5. 武藤が折れないでいると、次は、側近レスラーが解雇されると思うよ。
  6. 武藤新団体のエースは、船木誠勝じゃない。
  7. 白石社長は、自分の理想とするプロレスに、ぴったりの諏訪魔を一番に獲得した。
  8. 名付けて、新・3大「小橋建太の引退セレモニー」まさかの来賓。
  9. 猪木ボンバイエ観戦記
  10. レッスルワンは、武藤がいなくても成り立つようにしなければならない。でも、今のところ、その道筋は見えてこない。

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
09
04
02
01
2010
12
10
09
08
07
05
03
02
01
2009
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss